« 体験版 医療の現在Ⅱ-⑦ | トップページ | 病床無聊 »

2015年9月30日 (水)

夕べのコンサート

 楽しみにしていたミニ・コンサートを病院隣のホールで聴いてきた。開始は午後4時だが気付いたら20分前。実は昨夜、消灯あとに吐き気をもようし夜中一睡もできず吐き続けた。朝の回診で食事の食べ過ぎだろうという診察。術後の食事は出されたものの半分ぐらいでいいらしい。残すのももったいないから全部食べたのがよくなかった。おかげで25日に外した点滴に後戻り。昼過ぎまで昨夜の睡眠不足でうとうとしていたというわけだ。

 東京都交響楽団のソリストで構成された弦楽四重奏団によるオムニバス形式のコンサートはなかなか楽しませてくれた。車椅子に乗った高齢者の患者やアカショウビンのように点滴を携えながらの視聴者も幾人か。

 冒頭はシモネッティのマドリガル。続いてモーツァルトのディヴェルティメントK136。通常は小編成のオーケストラで演奏されることが多い作品だが確か弦楽四重奏版もあったはずだ。齋藤秀雄の晩年の病床で教え子たちが演奏したというエピソードでアカショウビンも特別な作品として記憶している。続いてクライスラーの「愛の喜び」、「愛の悲しみ」、中山晋平・童謡メドレー。最後は「スウィング ジャズ メドレー」で締め括った。驚いたことにシング・シング・シングから~A列車で行こう~に移った時に期せずして手拍子が湧いた。これには演奏者たちも驚いただろう。デューク・エリントンの大ヒット曲は日本の高齢者たちのハートにも響いたということだ。これは何とも嬉しかった。本日最大の収穫である。最後はイン・ザ・ムードで粋に閉めた。西洋古典音楽の専門家たちがジャズ・ナンバーでコンサートを締め括ったところが憎い。

 第一ヴァイオリンは遠藤香奈子さん、第二ヴァイオリン横山和加子さん、チェロ長谷部一郎氏、ヴィオラ林 康夫氏。ななかな粋なコンサート、ありがとうございました。次はオーケストラか室内楽を、お金を払って聴きに行きます。

|

« 体験版 医療の現在Ⅱ-⑦ | トップページ | 病床無聊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/62384147

この記事へのトラックバック一覧です: 夕べのコンサート:

« 体験版 医療の現在Ⅱ-⑦ | トップページ | 病床無聊 »