« 映画と音楽の奇妙な共振 | トップページ | 創世記 »

2015年1月28日 (水)

諸事多難

 イスラム国の人質問題はソフト・ランディングする事を心から願うが楽観はゆるされない。日本はともかく世界は何時の時代も騒乱は耐えない。この惑星の状況を高い知性をもったエイリアンが宇宙から観察しているとすると地球人という人間どもは、どうしようもない生物だということになるだろう。

 ことほどさように、安楽に生きているように見えるアカショウビンもこの惑星での生存時間は限られている。先日は3月いっぱいで定年退職ということにあいなった。昨年もゴタゴタしたが今年は覚悟を決めて2月中に就職できるように就職活動に専念しなければならない。

 最近は好きな映画を観る時間もない。本も集中する時間が実に短い。岩波版の「存在と時間」(1960~1963年 桑木 務 訳)を冒頭から少し読み直したが評判よりは良い訳だと思う。1941年というから戦時中のハイデガーの写真も主著を書いてから10数年を経て新たに見ると何やら感慨深いものがある。

 本日は有楽町近くの会社へお仕事。いろいろ面白い話も聞けた。やはり人と会い肉声から様々な情報を得ることが人間という生き物、少なくとも近代になってから現代の文明国ではスピード化と共に不可欠となっている。

 明日は甲府へ日帰り仕事。昨日は静岡。富士山が実に美しく見とれた。静岡は今年、家康没後400年ということで様々なイベントが企画されている。静岡といえば、わさび漬。帰りの新幹線で缶ビールのツマミで頂いた。風邪気味で扁桃腺が腫れているのか山葵の辛味に閉口したがこれはやめられない。

 本日はNHKのFMでベルリン・フィルのマーラーの4番を聴きながらエネルギーを充填。書斎ではブーレーズがシカゴ響を指揮した1996年のバルトークの録音も流す。アカショウビンの日常に音楽は不可欠の媒体なのだ。ここから更に気力を集中して未読の本や再読する力を奮いおこさなければならない。

|

« 映画と音楽の奇妙な共振 | トップページ | 創世記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/61050011

この記事へのトラックバック一覧です: 諸事多難:

« 映画と音楽の奇妙な共振 | トップページ | 創世記 »