« 新しい年に | トップページ | 如是我聞から如是我問へ »

2015年1月 9日 (金)

秀作の公開

  昨夜、都内での試写会へ高校の同窓生N君の招待で行ってきた。「ジミー、野を駆ける伝説」。英国のケン・ローチ監督の最新作だ。期待して新宿の会場に行ったが睡眠不足で睡魔と戦いながら。時に居眠ってしまい 残念。しかし佳作か駄作、愚作かはわかる。佳作である。舞台はアイルランド。美しい景色が呼吸しているかのように美しい。それに出演者たちの台詞のみごなこと。英語とアイルランド語の響きの見事さがアカショウビンにもよくわかる。舞台で役者達が発声するように明晰で明確だ。最後の音楽はアイルランドの古謡。シュー、シュー、 シュラルという歌詞は聞き覚えがある。ピーター・ポール・アンド・マリーの「虹とともに消えた恋」のイントロと同じだ。あの曲が英語でなかった理由がわかった。

 歴史に名が残されていなくても人々に慕われ畏敬された人はどの国にもいるのだ。それをこの作品は監督が見事に伝えている。多くの皆さんに観ていただきたい。佳作というより秀作だ。全国公開は17日(土)から。

|

« 新しい年に | トップページ | 如是我聞から如是我問へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60947376

この記事へのトラックバック一覧です: 秀作の公開:

« 新しい年に | トップページ | 如是我聞から如是我問へ »