« クナッパーツブッシュのブラームス第3交響曲 | トップページ | 吉田松陰 »

2014年12月21日 (日)

遠山一行氏、追悼

 訃報を新聞で知った。90歳を越えるご長寿で何よりだ。ご高齢になられてからの批評は殆ど眼にしなくなった。それに比べれば、吉田秀和は精力的に批評家の生涯を全うした。新聞記事では夫人の慶子さんの介護の様子も伝えられていた。介護はそれぞれで大変なのだ。情愛が深ければ深いほど。アカショウビンも母の介護と看取りでそれを実感した。名著「ショパン」は、引越しのどさくさで再読することができないのが残念。音楽への造詣の深さは吉田秀和たちと共通する批評家だったと思う。心から冥福を祈る。

|

« クナッパーツブッシュのブラームス第3交響曲 | トップページ | 吉田松陰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60843861

この記事へのトラックバック一覧です: 遠山一行氏、追悼:

« クナッパーツブッシュのブラームス第3交響曲 | トップページ | 吉田松陰 »