« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月28日 (日)

神々の黄昏

 

 昨夜、たまたま今年のバイロイト音楽祭の「神々の黄昏」を途中から聴いた。アカショウビンは、いわゆるワグネリアンではない。しかし、この通俗的とも言える神話という虚構を介してワーグナーが拵えた音楽の面白さは格別だ。昨今評判のティーレマンかと思ったら別な指揮者と演出に替わっていた。ネットを見ると殆どが酷評である。それはソリストと演出に対するもので指揮者とオーケストラにはそれほどのものではなかった。確かに〝ジークフリートの葬送行進曲〟は実に壮麗で見事なものだった。アカショウビンにとっては、ここが作品の急所といってよい場面と音楽だ。演出でなく音楽に集中すればいいというわけにもいかないのが会場の観客であろう。それは昨年や今年のものだけではない。1980年のブーレーズとシェローの時もそうだった。

 それはともかく、久しぶりに対訳と照らし合わせて聴く「神々の黄昏」第3幕はワーグナー作品が到達した境地を堪能した。

 それは通俗と脱俗、あるいは超俗という用語で何か一筋の光明とでもいうものが現れるかもしれない。戦後にハイデガーは、神々の輝きが失われた、と語った。その神々とは古代ギリシアの思想家、哲学者が思索した神々だ。ハイデガーの思索はキリスト教に支配された西洋哲学を転覆させる意図に貫かれていると言ってもよい。それはナチズムに関わった哲学教師という履歴を超えて後の人々が思索、考察しなければならぬ領域と確信する。生身の人間はハイデガーの言い方を借りれば「世界内存在」として規定される。しかし、そこから脱しようという意図を人間という生き物は持つ存在だ、というのがハイデガーの思索の根本にある。それはドイツ語圏のなかでも〝神秘思想〟として閑却されているという記事も読んだ。しかしハイデガーの思索と考察の根本は、そのような通俗を脱しようとする苦闘とも言える。

 それはともかく、久しぶりにカール・ベームの1967年の録音を聴き直した。今年のバイロイトとの比較はさておく。しかしワーグナーの音楽の媚薬というのか魔力とでもいうものには抗し難い。そこからハイデガーが講義したシェリング哲学の悪の形而上学への再考、再々考もしなければならないが、それは改めて試みよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

吉田松陰

  昨年か一昨年、新宿の古書市で買った河上徹太郎の「吉田松陰 武と儒による人間像」(2009年1月10日 講談社文芸文庫)を読み継ぐ。先日その本を知人に紹介したら来年のNHKの大河ドラマは 松陰の妹の物語らしい。知人は新潟県人で、あれは安倍首相の出身地である山口県の物語で私は見たくもない、とにべもなかった。

  しかし松陰の一生は国の歴史に深く掉さしている。その人生を辿り、著書を読まずして右も左もなく先人の功績、業績に学ぶ機会を無駄にしてはいけないと心得る。河上は長崎生まれで本籍地は山口県岩国市。小林秀雄の友人で、二人の対談や座談も実に面白い。小林が後半生に宣長に傾倒していったように晩年は多くの文学者が西洋への関心から日本に回帰していくという現象は考察するに値するがさておく。

  周知の通り松陰の主著は「講孟余話」である。松陰だけでなく江戸期から幕末の思想家のベースは論語、孟子、老子、荘子である。そこへ西洋の文学、哲学、思想が幕末に一挙に流入し、知識人たちを強烈に刺激した。その様子が河上の著作にも露伴の史伝にも読み取られる。私たちは現在を歴史を振り返ることで新たな現実に直面する。書物を読む面白さはそこにある。河上の著作は、松陰の国際認識から橋本左内との交際、師と仰いだ佐久間象山、と考証していく。昭和43年の著作で昧読すべき作品と心得る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠山一行氏、追悼

 訃報を新聞で知った。90歳を越えるご長寿で何よりだ。ご高齢になられてからの批評は殆ど眼にしなくなった。それに比べれば、吉田秀和は精力的に批評家の生涯を全うした。新聞記事では夫人の慶子さんの介護の様子も伝えられていた。介護はそれぞれで大変なのだ。情愛が深ければ深いほど。アカショウビンも母の介護と看取りでそれを実感した。名著「ショパン」は、引越しのどさくさで再読することができないのが残念。音楽への造詣の深さは吉田秀和たちと共通する批評家だったと思う。心から冥福を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

クナッパーツブッシュのブラームス第3交響曲

  昨日、 クナッパーツブッシュが1950年にベルリン・フィルを指揮したブラームスの第3交響曲を帰途、録音しておいた携帯器で聴いて改めて驚愕した。それは私たちが通常の録音で聴く音楽とは隔絶した異形の演奏と言ってよい。こういう演奏を聴くと本来の音楽の力に刮目する。吉田秀和がカラヤンのモーツァルトのディベルティメントを高く評価したという。吉田(敬称は略させて頂く)はカラヤンの演奏がセンチメンタルでない事を評価している。しかしカラヤン嫌いのアカショウビンはそんな批評では納得できない。なぜ、センチメンタルである事がいけないのか?無味乾燥な楽譜に忠実な演奏が良いとでもいうのか?稀代の音楽批評家、吉田秀和には一目も二目も置くが、すべての批評を受け入れるわけにはいかない。カラヤンなど私からすればフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュに比べればどうでもよい存在だ。イタリア・オペラには多少の評価もできるがベートーヴェンやブラームス、モーツァルトに関してはまったく聴かなくてよい指揮者だ。その理由としては、吉田も評しているカラヤンの典雅(ゴージャス)な演奏という点に強い違和観を持つからだ。音楽の力というのはそういうものではない。クナッパーツブッシュやフルトヴェングラーの演奏に聴ける音楽の力が本来のものと私は思う。そこから、それでは「力」とは何か、という議論も出てこようが、それは改めて再考したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

仁義なき戦い

  代表作の「仁義なき戦い」を改めて全編観直したのは7~8年前だろうか。深作欣二という監督の面白さはその時に良くわかった。先輩のマキノ雅弘の様式美という美学を、ぶっ潰す勢いで菅原文太をスターに押し上げた経緯が。仕事の事もあり、一夜を凌いだネットカフェで、その頃の他の俳優たちの回想記を週刊誌で読んだ。しかし、その知性は生涯に渡って通底したものと思える。奥様との二人三脚も見事。しかし愛息を亡くされたショックは他人には計り知れない悲しみだ。そこから生き方が変わった事を週刊誌の記事は伝えている。高倉健という東映任侠映画の美学に生きた俳優と菅原文太が如何に違う生き方を選んだか、ということが良く分かった。先輩の10日後に逝った。しかしベールに包まれた健さんの生き方よりアカショウビンは菅原文太の生き方に激しく共感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補説

  ネットを観ていたら下記の情報があった。失礼して転載させて頂く。

  高倉健と菅原文太。相次いでこの世を去った二人の映画スターが自分の死を伝えるテレビニュ―スを見ていたら、いったいどんな感想を抱いただろう。もしかすると健さんは自分のイメージが守られたことに安堵したかもしれない。だが、文太兄ぃのほうは対照的に、相当な不満を感じたのではないか。

 なぜなら、多くのテレビ局が故人のプロフィールについて自主規制をかけ、彼のもっとも伝えたいことを伝えなかったからだ。

 菅原文太といえば、後年は俳優というより、むしろ市民運動に精力的に取り組んでいた。メインテーマは反戦、憲法改正阻止、反原発。集団的自衛権や特定秘密保護法、原発再稼働にもきっぱりと反対の姿勢を見せ、安倍政権を徹底批判していた。その情熱は、死の1ヶ月前に病身をおして沖縄県知事選の翁長候補(新知事)の総決起集会にかけつけ、演説で戦争反対を語ったことからもうかがいしれる。

 ところが訃報当日、こうした姿勢をきちんと伝えたのは『報道ステーション』(テレビ朝日系)と『NEWS23』(TBS系)のみだった。フジ系の『ニュースJAPAN』は夫人のコメントを紹介して、反戦への思いは伝えたものの、脱原発や集団的自衛権反対など、具体的な問題にはふみこまなかった。

 さらに、日本テレビの『NEWS ZERO』にいたっては、映画俳優としての功績を紹介しただけで、政治的な発言について一切紹介なし。最後にキャスターの村尾信尚が「晩年、社会に対して発言し続けた」と語っただけだった。

 また、NHKは沖縄県知事選での演説を一部流して、社会活動に関心をもっていたことはふれたものの、なぜか夫人のコメントを一部割愛・編集していた。

 実際の夫人のコメントは以下のようなものだった。

〈七年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち「朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり」の心境で日々を過ごしてきたと察しております。

 「落花は枝に還らず」と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。一つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう一粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の一人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。

 恩義ある方々に、何の別れも告げずに旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます。〉

 ところが、NHKはこのコメントから「無農薬有機農業を広める」というくだりと「日本が再び戦争しないよう声を上げる」というくだりを丸々カットし、以下のように縮めて放映したのだ。

〈「落花は枝に還らず」と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。〉

 これでは、どんな種を蒔き、何を願ったのか、まったくわからない。いやそれどころか、「これら」が「落花は枝に還らず」という言葉をさしているように解釈されてしまう。少し前、川内原発再稼働の報道をめぐって、原子力規制委員会の田中正一委員長の発言を編集した『報道ステーション』がBPOの審議対象になったが、もし、あれがBPO入りするなら、このNHKの菅原夫人コメント編集も明らかにBPOの対象だろう。

 いったいなぜこういうことが起きてしまったのか。

「例の自民党からの通達の影響です。公示期間中なので、選挙の争点に関わるような政治的な主張を取り上げると、後で何を言われるかわからないと、各局、びびってしまったんでしょう。ただ、日テレの場合はそれを利用した感じもしますね。読売はグループをあげて、安倍首相を応援していますから、通達を大義名分にして、自民党に不利になるような報道をやめさせたということでしょう」(民放関係者)

 しかも、この自主規制は翌日のワイドショーをみると、さらにひどいことになっていた。日本テレビ系の『スッキリ!!』や『情報ライブ ミヤネ屋!』が一切触れないのは予想していたが、TBS系の『ひるおび!』でも映画俳優としての足跡のみを特集し、政治活動については全く報道しなかったのだ。

「前日の夜に『NEWS23』と『報ステ』が『菅原文太の死を政治利用している』『反戦プロパガンダだ』と大炎上したんです。抗議も殺到したらしい。それでTBSはビビったのかもしれません」(前出・民放関係者)

 驚いたことに、テレビの世界では「護憲」「反戦」がタブーになっているらしい。いっておくが現時点では日本国憲法が日本の最高法規であり、戦争に反対するというのは大多数の国民の願いでもある。ところが、それを軽視することがタブーになるならまだしも、逆に尊重することがタブーになってしまっているのである。

 おそらく、こうした状況に一番、無念な思いをしているのは当の菅原だろう。強いものにすり寄ることしかしないこの国のヘタレマスコミによって、命をすり減らしながら叫んだ言葉が葬り去られてしまったのだから。

 だったら、その無念の何百分の一でも晴らすために、最後に菅原が雑誌の対談やインタビューで語った発言を紹介しておこう。

「憲法は変えたらダメだと思っている。戦後68年間、日本がどこの国とも戦争をしないで経済を発展してこれたのは。憲法九条のおかげだよ。九条は世界に誇れる日本だけが持っている宝ですよ。」(カタログハウス「通販生活」)

「戦争を知らないバカどもが『軍備をぴっちり整えなくちゃダメだ』とか言いはじめている。そういう国情って、まったく危ういですよね。それを防ぐためにはやっぱり、筋金入りの反戦家が増えてこないといけないし、それが大きな力になると思うんです。」(小学館「本の窓」2012年9・10月号)

「安倍さんの本当の狙いも集団的自衛権というより、その上の憲法を変えることにあるのかと思うのだけど(中略)拳を振り上げ、憲法改正を煽りたてる人たちは、いざとなったとき戦場には行かない人たちじゃないですか。

 出て行くのは無辜の民衆だけで、その結果、沖縄戦で二〇万人。広島と長崎で三〇万人、戦地では何百万人とも言われる有為の青年たちが命を落とした。それを繰り返すのではあまりに情けない。」(「本の窓」2013年6月号)

「安倍首相が『日本人は中国で何も悪いことをしていない』というようなことを言ってるんだから。(中略)日本はドイツと違ってすぐに過去を忘れて、ニワカ民主主義者が反省もなく生まれて、戦後ずっと来てしまったじゃないですか。上がそうだから、若い連中まで『虐殺はなかった』なんて言ってる。なぜ謝罪をしないのだろうか?」(「本の窓」2013年7月号)

「まさに戦争を知らない安倍、麻生、石破の内閣トリオは異様な顔ぶれだね。この異様さに、国民も、マスコミも、もっと敏感になってほしいよ」(「本の窓」2013年12月号)

「平和憲法によって国民の生命を守ってきた日本はいま、道を誤るかどうかの瀬戸際にあるのです。真珠湾攻撃に猛進したころと大差ありません。」.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅原文太と高倉健の生き方の違い

  健さんは最期まで現役だったが、文太さん(以下、敬称は略させて頂く)の晩年は実に見事なものだった。「晩年のスタイル」(E・サイード)というものがある。それは、それまでの生き様が問われる時だ。還暦を過ぎれば余生というのは昔の人々だが、それは現在でも人の生き様の中にそれぞれ引き継がれている。アカショウビンなどあと数年生きられればそれで宜しい。昨年は故郷にも21年ぶりに帰り、友人たちと再会し、ご先祖さんの墓にも詣でた。人生の起承転結は済ませた。あとは余生だ。平均寿命などいうのは医療技術が進展すれば伸びるに決まっている。東北でも宮沢賢治の時代のような過酷さは今は少ない。人々の生活の知恵と文明の恩恵というのは斯くの如しである。今年は夏に秋田の横手市を仕事で訪れた。花火やお祭りで東北の人々は束の間の夏を楽しむ。そこに人々の可能性を実感した。技術や医療の発達で文明の恩恵はヨーロッ パでもアジアでも同じだ。生活の知恵はそれぞれで生かす。東北でそれを垣間見た。

  しかし、地方と首都圏の格差がどれほど違っているのか。本日は仕事で銀座から新宿まで来たが銀座では中国語が飛び交っている。海外でも富裕層たちは為替で移動するのだ。しかし我々のような中間層より下層階級は生きるのに汲々しているのが現実だ。現政権の暴走は目に余る。首相が「靖国に行かなかったのは痛恨事」というコメントに米国はすかさず「失望した」というコメントを発した。これに首相はどう応えるのか。また鳩山氏みたいに尻尾を巻いて帰ってくるのじゃないだろうな。?

  世界的に見れば日本が先の大戦に至った経緯は軍部の暴走ということになっているが国を挙げて戦争に飛び込んだということだ。しかしドイツはあまりに恐ろしい世界に突っ走ってしまった。それをドイツは反省し戦後を生き延びている。フランス、ギリシア、他の国でもそうだろうが、経済的貧困が増えると国民は明らかに右傾化する。戦前のドイツの歴史を辿れば明確だ。ナチスの台頭は一部の責任ではない。国民が讃同するのだ。それは日本も然かり。あれを軍事政権のせいにして国民の責任を曖昧にしてきたツケが現在の中韓に影響しているのはわかりやすい構図だ。それが現政権にはわからない。いや、むしろそれは確信犯とも言える。民間なら法的に罰すれば済む話だが。国際社会でそれは通用しない。現政権の副総理がナチスの真似をすればいいじゃないか、というアホ発言が世界を回った時に現政権の無知蒙昧は世界に恥を晒した。ヨーロッパならテロがあってもおかしくない。国際感覚の欠如が現政権の実態なのだ。

  そのような現状で文太が「弾は残っているぜ」と発言して亡くなった事は戦後を生きた俳優が残したもっとも痛烈な批判だ。31歳で息子さんを亡くされた事も痛恨事だろうが、その後の日本の現状にもっとも危機感を感じた人にしか言えない事を文太は言い残したと思う。スクリーンの虚像と現実の姿が如何に異なるのか、という事をアカショウビンは文太から学んだ。謹んで、ご冥福をお祈りする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

東映任侠映画

 夕刊紙には高倉 健(以下、敬称は略させて頂く)と菅原文太の記事が。「昭和残侠伝唐獅子牡丹」(1965年 東映)で、助監督を務めた降旗康男監督に取材している。その時の健さんの背中の唐獅子牡丹が見事だったと降旗監督が伝えている。

 先日はレンタルDVDでマキノ雅弘監督の「次郎長三国志」が出ていたので早速借りた。数年前に池袋の新文芸座で1950年代のシリーズの何本かを見たが、こちらは「続次郎長三国志」(1963年)。鶴田浩二の次郎長だ。数年前に観たかどうか記憶にない。しかしマキノ節全開でこれは未見だ。長門裕之が森の石松で登場している。それにしてもセットもロケーションも日本映画の最盛期の姿に改めて驚く。当時の観客はこのような作品を観て楽しみ日々の労働に活力を得ていたということだろう。他社との張り合いもあったのだろう、何と次郎長一家の鶴田も長門も歌を歌うのだ。早撮りでならしたマキノ監督も会社の方針なのだろうリメイクで新たな境地に踏み込んでいると思われる。もっとも、それをよしとしたかどうか不明だが。それはともかく監督の新たな意気込みは伝わる作品だ。鶴田浩二や若い俳優たちも高倉健と同じくマキノ監督はじめ当時の映画産業の隆盛にのり、マキノのような職人気質の監督たちに鍛えあげられた事がよくわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

われらの時代

   いつまでも人生は続くわけではない。アカショウビンも既に還暦を過ぎた。われらの時代は、いつのまにか舞台が回り退場を督促されている。往生ぎわよく去る覚悟は出来ているがままなるものでもない。

   先日は俳優の高倉 健(以下、敬称は略させて頂く)が逝き、菅原文太も逝ってしまった。一時代を風靡したスターも金はあってもいつまでも生きていられるわけではない。百歳を過ぎあと10年生きているかもしれないと思った呉清源も亡くなった。それは或る時代の終焉を実感させる。その変化を俯瞰できるのは天の眼のみである。人間どもは、あくせく足掻き、世を去るのだ。

   昨夜は、10月に訪れた長野県の飯山での稲の収穫でお世話になった面子の飲み会に参加。写真も配り旧交を温めた。来年は田植えに来て頂きたいということだが、来年まで生きていられるか定かではない。しかし小布施の北斎館は何度でも訪れたい。もう改装で休館しているかもしれないが来年の田植えの頃は新装なって新たな作品に巡り合えるかもしれない楽しみはある。

   娑婆の生は一寸先は闇である。 それにしても健さんも文太も呉 清源も長寿で何よりだ。大往生と言ってもよかろう。文太は引退したが健さんは最期まで現役。呉師も囲碁への情熱は最期まで継続した。なかなか出来ることではない。アカショウビンなどは早く娑婆にオサラバし憂き世から次の浮世に生まれ変わりたいのだが、観たい映画や読んでおきたい書物、聴いておきたい音楽は多少なりとも残っている。それだけが余生の楽しみだ。

   先日はフルトヴェングラーのベートーヴェンに改めて挑発された。先日訪れた上野の西洋美術館ではティツアーノのサロメなどを再見し改めて感服した。健さんの映画もあらかた観たが観残している作品もある。本日は仕事先で講演会を拝聴。和歌山カレーヒ素事件の新聞記事なども紹介している。陰惨な事件はなくなる事はない。ことほどさように、紛争、戦争も絶えることはない。それからすると、経済的には日本は実に豊かな国なのだ。しかしローマも滅びた。大英帝国も凋落する。日本文明もいつまで存続するのか。

   それはともかく、読み残した本は多い。かつて開高 健は中東の諺を引き「すべての書物は書かれた」と書いていた。しかしアカショウビンが読んだものは、そのうち極くわずかだ。そのように娑婆を生きる楽しみは未だ残っている。その幾らかでも済ませておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »