« 久しぶりの山形 | トップページ | 日々雑感 »

2014年10月26日 (日)

齋藤茂吉記念館を訪れる

 7~8年前に20年近く勤務した会社を退職した。人生の仕切り直しのつもりで、かつて棲んでいた場所を幾つか再訪した。学生時代に下宿していた場所も。その途中で、狭い一角で古本を販売していて齋藤茂吉の「柿本人麿」があった。格安だったので購入した。茂吉の同作品については保田與重郎の全集を文庫で読んでいるときに必ず読んでおかねばならない著作のひとつとして記憶に留められていた。それが偶然とは思えないような場所で手に入れることができた。

 その後、再就職や大阪への引っ越し、さらに現在の寓居への再引っ越しで諸事重なり、少し眼を通しただけでそのままになっていた。それが先週の金曜日に久しぶりの山形市での仕事で昨日いくらか時間がとれたのでやっと訪ずれることが叶った。朝の電車は発車したあと。次の電車は2時間後と言う。親切な駅員の案内でバスで行くことにした。それほど待つことなくバスに乗られた。この20年で駅前の景色も市内の道路も変貌している。その変化を懐かしみながら「茂吉記念館」前のバス停で降りた。

  天気好し。徒歩で約5分の記念館へ。入館料500円。殆ど来訪者はいない。若い男女の一組だけだ。地下へ降りていくと茂吉の生涯をまとめた約18分の映像が観られた。それを観て館内を散策。茂吉の遺品などを見ることができた。一階の休憩所からは茂吉の愛した蔵王が眺められる。茂吉が死去した新宿大京町にあった住居の居間兼寝室・書斎も再現され見ることができたのは幸い。写真では浴衣を着て横たわる晩年の茂吉の寝姿も。しかし、心打たれたのは晩年に浅草寺を訪れ大勢の参詣客のなかで老翁が何事か声を上げ叫んでいる姿だ。それは神仏に何事かを祷るようでもある。既にアカショウビンの生もその過程にある。その中で出来得ることは為し彼岸へ至りたいのは長寿社会のなかで平均寿命とは別に余生という時のなかで覚悟することである。その心残りのひとつを先日の訪問で済ませたのは幸いだった。

 しばしソファーに腰掛け遥か蔵王の山並みを眺めた。しかし客のいない空間で受付の男の雑音が煩わしかった。それでも蔵王の山並みと来場者の忙しなさを気にすることなく過ごせたのは幸い。昼前に記念館を出た。幸い直ぐにバスに乗られた。上山温泉駅まで行き帰途に着いた。駅前には久しぶりに「朝ゆふは やうやく寒し 上山の 旅のやどりに 山の夢みつ」の歌碑にも出会えた。昭和6年の「石泉」所収の作品だ。これで娑婆の心残りの一つは半ば解消できた。残りの時間は「柿本人麿」を読み終えて茂吉の到達したところへ這い上がり、それを聊かでも超えて新たな景色を眺めることだ。

|

« 久しぶりの山形 | トップページ | 日々雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60544541

この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤茂吉記念館を訪れる:

« 久しぶりの山形 | トップページ | 日々雑感 »