« 解釈学とは | トップページ | バッハの無伴奏パルティータ »

2014年10月 6日 (月)

恩師と同窓生の帰朝報告を聞く

 昨日は銀座の画廊で知人の個展を訪れ作品を何年ぶりかで鑑賞。そのあと六本木に移動し夏にチベット旅行をしてきた高校時代の恩師と同窓生の帰朝報告を聞く席に出席。同窓生のK君が撮った動画映像を拝見し談笑した。10日間の殆どはバスでの移動だったらしいがチベットの人々の映像は民族衣装のファッションショーなど実に興味深いものだった。ツアーの同行者の中には絵心のある大学の名誉教授もいてスケッチで旅行の一端を書かれた作品も見られた事は幸い。

 来年は楼蘭へ行くという。アカショウビンも参加したいが金と時間があるかどうか。チベット旅行よりは高額だという。今から金を貯めようかとも思案するが現在の薄給ではそれもままならぬ。宝籤にでも挑戦してみようかと思うが消費税が更に上がるまでにコツコツ爪に灯りを灯すように地道に貯めるしかないか。そう思いながらアルコールの勢いで同窓生のH君と六本木から上野までタクシーを飛ばし朝までベトナム人が経営するスナックで久しぶりのカラオケ三昧で浪費をしては金が貯まる筈もないのだが。

|

« 解釈学とは | トップページ | バッハの無伴奏パルティータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60429646

この記事へのトラックバック一覧です: 恩師と同窓生の帰朝報告を聞く:

« 解釈学とは | トップページ | バッハの無伴奏パルティータ »