« 木田元氏の業績と功績 | トップページ | オントロギー(事実性の解釈学) »

2014年9月27日 (土)

土着性と故郷

   昨年、21年ぶりに帰郷してから一年が過ぎようとしている。そこで表題の主題をハイデガーの論説、言説と共に再考していこう。土着性という概念は有用な導きの糸となる。それはまた1927年に出版された「存在と時間」(創文社版では「有と時」)という特異な書物を更に新たに読み解く作業でもある。またそれは木田元氏の業績を継承する事となるのは言うまでもない。

   戦後、ナチ疑惑から盟友のヤスパースらの支援もあり復帰して言説が発表された時に「有と時」以来の思索と共に指摘した次の警告は今やあらたな光芒を放ち我々に熟考を迫る。すなわち西欧の歴史の中でギリシア以来の〝技術〟がデカルト以来の西洋哲学で歪な発展を遂げた、という「有と時」の主題を導くことにもなる主張と警告だ。保田與重郎の戦前から戦中、戦後の発言と作品にもそれは色濃く反映しているようにも思われる。また近代という時代区分の災厄は洋の東西で正しくそこに起因するのではないか?

 表題の主題を考察する前にハイデガーが「有と時」を出版する頃の思索を確認しておくことは無駄ではあるまい。1923年夏学期のフライブルグ大学での講義録を参照しよう。「オントロギー(事実性の解釈学)」(1992年 創文社)にまとめられている。その中でハイデガーは「伝統的ならびに今日的な有論の原理的な不十分さは、次のような二重の点に存している」(同書 p5)として同書の主旨を説明し問いを投げかける。

 ①そうした有論にとっての主題は最初から一定の諸対象の対象(強調の読点が付されている)で有ること<Gegenstandsein>、対象性であり、中立的な理論的思念にとっての対象、ないしは対象にかかわるある一定の自然の科学や文化の科学にとっての実質的な対象で有ることであり、またせいぜいのところ、対象領域を通して観られた世界であるが、しかし、現有<Dasein>と現有の諸可能性から見られた世界ではない。あるいはまた、他の理論的でない諸性格がつけ加えられる。(世界としての自然と対象領域としての自然という「自然」の両義に注意せよ。世界としての「自然」はただ現有、歴史性から形式化されるのであり、したがって、それの時間性の「基盤」ではない。[同様のことが]「身体」についても言える。)

 ②そこから次のことが生じてくる。すなわち、そうした有論は、哲学的問題系の内部において決定的に重要な有るものへの、つまりそこから、またそれによって哲学が「有る」ところの現有(これも読点が付されている)への通路をふさぐことになる。

|

« 木田元氏の業績と功績 | トップページ | オントロギー(事実性の解釈学) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60383571

この記事へのトラックバック一覧です: 土着性と故郷:

« 木田元氏の業績と功績 | トップページ | オントロギー(事実性の解釈学) »