« ヒロシマの光 | トップページ | 現在の行き着く先 »

2014年8月 8日 (金)

ヒロシマの日に

 6日、毎日新聞の夕刊に〝広島平和宣言〟の全文、安倍晋三首相あいさつ全文、潘基文(バン キ ムン)国連事務総長メッセージ全文が掲載されていた。松井一美広島市長の宣言に見出しを付けるなら、「核兵器は絶対悪」とでもなるだろうか。「日本国憲法の崇高な平和主義のもとで69年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要があります」という一文は、そのまま集団的自衛権に関する安倍首相の一連の行動に痛烈な問いを突きつける。市長の文章は考え抜いた市長自らの文章のように読める。しかし首相のあいさつは恐らく官僚の作文を読んだだけのものだろう。血の通わぬ文章と読んだ。「その非道を、後の世に、また世界に、伝え続ける務めがあります」の言や好し。しかし、無辜の日本人の言葉を失うしかない大殺戮を行った極悪非道の米国という国と為政者達には、お追従の媚び諂いしかできない。儀礼的なあいさつと国家の〝最高責任者〟としての行為の矛盾を恥じよ。

 2面には俳人の金子兜太氏へのインタビューがある。94歳になられた氏は戦争経験者として首相がゴリ押しした集団的自衛権行使容認の閣議決定を「ありゃ、何だい。安倍さんみたいに『死の現場』を知らねぇ連中に限って、『自衛だ』とか言って戦争に首を突っ込みたがるんだよなぁ・・・」と呆れている。かつては安倍首相の事を「どうしようもないおっちょこちょい」と一蹴した記事が想い起こされる。

 自他ともに代表作とされる句を引用させて頂き襟を正したい。

 水脈(みお)の果て 炎天の墓碑を 置きて去る

 氏が生き延びて戦場を去る時の万感の悔しさを詠んだものだ。死の現場とは、戦地に海軍主計士官として赴任した「西太平洋トラック諸島(現ミクロネシア連邦チューク諸島での経験)」と記者は記している。金子氏は、志願して手製の手投げ弾の爆発実験をかってでたタナベさんという人間扱いされなかった軍属の死ぬ光景を思い出す。「持っていたはずの手投げ弾が突然爆発した。体が宙を舞い、どさりと落ちた。右腕は吹き飛び、背中が割れていた。近くで実験を指導していた少尉も心臓に破片が突き刺さり、もがきながら死んだ」と記者に答えている。

 アカショウビンは金子氏の句と、この経験を読めば集団的自衛権容認問題の行き着くところが推察されるし事足りる。明日はナガサキだ。蒸し暑さと食欲激減の夏にヨロヨロになりながら更に熟考していきたい。

|

« ヒロシマの光 | トップページ | 現在の行き着く先 »

コメント

韓国人には金を出すという意識は低い。日本の百分の一も出していない国連分担金もだから目一杯滞納してきた。
韓国は日本のおかげで先進工業国の一員になれた。OECDにも入れたが、 ここは国民純生産の0.7%をODAとして供出する約束がある。韓国はそれも無視して雀の涙の額で逃げている。
潘基文は朝鮮の文化「身内登用」を国連に持ち込んだ。事務総長スタッフには一割以上の韓国人が入り込んだ。
韓国では身内が高いポストに就くとすぐに汚職に手を染める。 その意味で注目されたのが国連イラク支援派遣団の官房長に潘が娘婿を任命したことだ。イラク関連ポストは大きな金が動く。前任のアナン事務総長の息子も巨額の不正な金を得ていたことがばれた。
こうゆう不正に目を光らせるのが国連内部監査部だが、潘はこのポストにいた凄腕の元米検察官の再任を拒否し、監査部の要員補充もしなかった。
今、監査部の欠員率は76%。 部屋はがらがら、人手不足で通常の監査業務もまともにできていない。それにしてもここまであけすけにやる人も珍しい。
韓国人事務総長と日々接する内部の鬱積は大変だとは想像がつくが、その苦痛を今年退任したインガブリット・アーレニウス前事務次長(スウェーデン人)が潘基文本人に書き送った。
前次長は潘を「指導力がなく」「傲慢で戦略がなく、世界の問題を解決するパートナーとしてこれほど不適格者はいないとみなされている」と評している。

投稿: 韓国大嫌い | 2014年8月 9日 (土) 午前 08時50分

 韓国嫌いさん、これは興味深いコメントありがとうございます。潘氏のメッセージも安倍氏と同じくブレーンの作文のように読めます。
 >朝鮮の文化「身内登用」を国連に持ち込んだ。事務総長スタッフには一割以上の韓国人が入り込んだ。
韓国では身内が高いポストに就くとすぐに汚職に手を染める。 その意味で注目されたのが国連イラク支援派遣団の官房長に潘が娘婿を任命したことだ。イラク関連ポストは大きな金が動く。前任のアナン事務総長の息子も巨額の不正な金を得ていたことがばれた。
 ★このご指摘は参考になります。韓国は日本以上に儒教文化に裏打ちされた血族意識が強いのでしょうね。金の魔力は洋の東西を問わない事を何とか乗り越えたいと思いますが何とも人間が背負う宿業のようにも思います。

投稿: アカショウビン | 2014年8月 9日 (土) 午後 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60120152

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマの日に:

« ヒロシマの光 | トップページ | 現在の行き着く先 »