« 出張旅行 | トップページ | 岩間から染み出た水霊 »

2014年7月28日 (月)

バリー・リンドンという悲劇

 何十年ぶりかでS・キューブリックの「バリー・リンドン」(1975年)をレンタルDVDで観た。S・キューブリックの作品では何と言っても「2001年 宇宙の旅」(1968年)が傑出した作品として記憶される。その後も劇場やDVDで観直しているが小津安二郎の晩年のカラーの傑作群と同じく映画作家の到達した境地というものがどういうものか繰り返し観るに耐える古典と言ってもよいだろう。

 当時はS・キューブリックがヴィスコンティなどイタリアの巨匠達に対抗して絵画性を盛り込んだ〝超大作〟としてあまり刺激されることはなかった。しかし時を経て観るとS・キューブリックは貴族階級への皮肉を込めて少し喜劇性もある悲劇を一本撮ったことを了解した。ロケでも貴族の館の室内も蝋燭の採光に十分過ぎるくらい細心の注意を払っている。若い頃はそのあたりの配慮は理解しても大家となった映像作家が金をかけた作品として、正に作品の内容が成り上がり者の悲劇として描かれているようにS・キューブリックというその世界の頂点に達した大家が金を蕩尽し西洋の泰西名画的を仕上げた作品としてアカショウビンの興味の領域から忘れ去られた作品といえる。なぜなら殆どのカットが記憶から消え去っていたからだ。

 しかし「バリー・リンドン」は大家として世界の映画ファンから認められた監督が贅を尽くした悲劇である。古代ギリシアなら劇場で演じられた悲劇を私たちは映画で観る。その違いは大きいとしても悲劇の内容は同じといってもよい。米国育ちの映画作家が英国に移住し経験した米国とは異なる貴族階級が存在している驚きが作品化への動機となったとも推測される。シューベルトのピアノ・トリオも実に効果的だ。「2001年~」もそうだったが、優れた映像作家は音楽の使い方も洗練されているのだ。

 若い頃に観た時は「2001年~」の印象があまりにも強く、この作品の悲劇としての印象は薄かった。しかし観直して、S・キューブリックという監督の新たな境地を確認できたことは幸いだった。その後、「シャイニング」(1980年)、「フルメタル・ジャケット」(1987年)、「アイズ・ワイド・シャット」(1999年)と撮っていくがアカショウビンは「フルメタル~」を晩年の傑作として高く評価する。「アイズ~」は、晩年のフェリーニの「カサノバ」を想起させた。映画作家の或る種の諦観があるのだろう。しかし、それはまた別な感想になる。

|

« 出張旅行 | トップページ | 岩間から染み出た水霊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/60059394

この記事へのトラックバック一覧です: バリー・リンドンという悲劇:

« 出張旅行 | トップページ | 岩間から染み出た水霊 »