« 土着性 | トップページ | プライバシーあるいは人権 »

2014年6月30日 (月)

昨今の世相と道楽

 新聞紙上では集団的自衛権の自・公が行使容認の大見出し。〝平和の党〟は支持母体の慎重論を振り切って政治判断に踏み切った。巷間喧しい戦争できる国への後退は歴史を反省しない愚行と確信する。沖縄を含め何時までアメリカのポチになっているのだと腸(はらわた)が煮えくり返る。

 毎日新聞は朝・夕刊でキャンペーンを張っている。先月の23日(月)夕刊では京都の鞍馬寺管主・信楽香仁さん(89)に取材した。「安倍さん 戦争への道は、あかんえ」の記事は首相に伝っているのかどうか。29日(日)の朝刊では東京大空襲を経験した早乙女勝元さん(82)にインタビューしている。自衛権ではなく戦闘権だという指摘はその通り。首相は堀を一つ一つ埋めて9条を変えたいのだ。明治以降の戦争国家から大戦で敗北し世界に冠たる日本国憲法の優位性を無にする悪行といってもよい。イラクやイランの内戦の苛酷さを我が国は既に幕末、維新で痛烈に経験している。歴史に学ばない近視眼的政治は正にアンポンタンである。与党にしがみつく公明党の無様も情けない。

 同じ紙面には「私の男」(熊切和嘉監督)がモスクワ映画祭でグランプリを獲得したという嬉しい記事も。日本映画では新藤兼人監督の「生きたい」(1999年)以来、15年ぶりの快挙だという。

 また米国のバレエコンクールで日本人女性が金・銀受賞の報道も。大和撫子たちの奮闘はサッカーばかりではない。クラシック音楽では日本人女性の大活躍は周知の通り。われわれ男どもも世界と伍していける力をつけなければならない。

 本日は道楽の音楽でビル・エヴァンスの10枚組みを買ってきた。1700円余で格安。政局とは裏腹にジャズ・ファンにはいい時代になったと思う。

 もう一つの道楽である囲碁では本日から本因坊戦第五局が始まった。カド番を凌いだ挑戦者の伊田篤史八段が更に踏ん張るか興味津々。白番伊田の54手目は昼食休憩をはさみ50分の熟慮の一手。明日はネットで観戦してみよう。国内戦もよいが国際戦でトップ・プロ達が韓国・中国の若手にコロコロ負かされるテイタラクは歯がゆいばかり。ご両人も国際戦で実績を出してもらいたいものだ。

|

« 土着性 | トップページ | プライバシーあるいは人権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/59912843

この記事へのトラックバック一覧です: 昨今の世相と道楽:

« 土着性 | トップページ | プライバシーあるいは人権 »