« 広島の原爆ドームと平和記念館を訪れる | トップページ | 計算する思惟と省察する思惟 »

2014年5月31日 (土)

省察する思惟

 先日、久しぶりに伊香保を訪れた。初めての宿だったが露天風呂も楽しんだ。いつも泊まる有名旅館と違って、こじんまりとして伊香保の昔の風情を醸し出していると思われる宿だった。若女将も気さくで好感がもてた。宴会後の「スーパー・コンパニオン」の活躍には閉口したけれども(笑)。酔って風呂に行くと硫黄泉の床がぬるぬる。危うく転倒しそうに。それほど泥酔していなくて幸い。ヨタヨタと歩き湯に浸かり露天風呂から星の煌く夜空も堪能した。

 この歳になると少年時代にはまった天体観望を想い出すのだ。望遠鏡で観た木星や土星(その年は輪が消える年だった)、月面は少年の心を遥か彼方の天体や銀河、星団の世界に思いを馳せさせた。天文学者になるという夢は叶わなかったが未だに映画で宇宙物には心ときめく。

 洋の西ではギリシアの思索者たちが夜空の不思議に思いを馳せ、東ではインド、中国、我が日本でも、その不可思議と神秘に幾人かの人間が究明の辛苦に生涯を費やした。その果てが現在に至る。聞けば日本のSF小説界は何やらゴタゴタしているらしい。アカショウビンは高校生の頃に観たS・キューブリックの「2001年 宇宙の旅」に驚愕し、クラークの小説やSF小説なるものにも馴染んだ。それは空想と妄想、愚想に浸る悦びとも言えた。

 それはともかく、科学の「進歩」は空想や妄想、愚想を現実のものとしてきた。しかし、人間の智慧には限界がある。それを自覚しない輩は恐らく道を誤る。ハイデッガーに言わせれば、考える人間には2種類あるという。計算する思惟と省察する思惟である。周りを見渡せば金儲けに奔走する計算する思惟がうようよしている。省察する思惟の沈思する追思の人は、彼自身の仕方で、彼自身の限界内で、歩むことの出来る道、と説いている。(「放下」)「原子力の時代」を生きる私たちは、この思惟に寄り添わなければならない。生活に汲々としていれば時に計算に走ってしまう。しかし、たまには夜空を眺め遥か異世界に思いを馳せエイリアンたちとの遭遇に妄想を走らせたいものだ。残り少ない時間に省察する思惟にどれだけ時間を費やせるか、そこがこれからの生の最重要事でなければならない。

|

« 広島の原爆ドームと平和記念館を訪れる | トップページ | 計算する思惟と省察する思惟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/59733300

この記事へのトラックバック一覧です: 省察する思惟:

« 広島の原爆ドームと平和記念館を訪れる | トップページ | 計算する思惟と省察する思惟 »