« 山形へ | トップページ | すこぶる »

2014年4月28日 (月)

東北人について

 先月の毎日新聞3月29日号に掲載された赤坂憲雄氏の記事についての感想を継続して記しておきたい。赤坂(以下、敬称は略させて頂く)は、「島尾敏雄が『浅い東北』である相馬は知っているが、『奥の方』の南部や津軽には行ったことがなかった。そこで、とりたてて宮沢賢治に惹かれることはないが、賢治を通して『東北』を知りたくて、その文学の背景の土地を歩いたことがある、という」と記している。その頃、奄美に住んでいた島尾は「何か自分で持ちながら持て余していた東北性のようなもの」に気づかされたらしい。そして赤坂は、島尾は奄美を仲立ちとして、「東北」を再発見していたのである、と書く。

 山形の新庄出身のアカショウビンの同僚が、太宰も賢治も「エリートだったのよ」と話し、自分とは違う、と言った時にアカショウビンは、そうなの、とあえて話を展開させるのを止めた。しかし、それは太宰や賢治、島尾と同僚の<故郷>観の差異に過ぎないとも思われた。<故郷>という存在への人々の思いはそれぞれ異なるだろう。しかし、そこに何か共通の事柄が存在するのではないか?

 赤坂は島尾と九州の水俣出身の民俗学者、谷川健一とのやりとりを引用している。谷川は東北の「飢え、渇き、これは他にないですね」と述べ、島尾は、「なる程、主流になれない体質を東北人は持っている気がする。原敬にしても石原莞爾にしても」と応じる。

 この対談を通して赤坂は、「しかし、二人が直感的に摑みだしていたものは、東北の精神史の古層にしっかり届いていたかと思う。たしかに、東北の思想はその飢餓(ケガチ)を抜きにしては語ることがむづかしい」と書く。 

 飢餓とは、決して東北だけにあったものではない。しかし歴史的に日本の行政府から疎外されてきた沖縄や奄美、東北という土地に生きていた人々の記憶と経験から醸成されたものの共同体験というものが存するように思う。それは食生活や共同体を通して伝承される。アカショウビンは還暦を過ぎて、そのような視点を絡め奄美を新たに自分の中に再発見したい衝動に駆られる。6月には都内で郷里の人々との交流の機会もある。その時も<故郷>に関する新たな感慨が湧くはずだ。それを余生の楽しみにして娑婆での生を生きたい。

|

« 山形へ | トップページ | すこぶる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/59544317

この記事へのトラックバック一覧です: 東北人について:

« 山形へ | トップページ | すこぶる »