« 言霊と音楽と存在 | トップページ | 葬列と黙礼 »

2014年1月22日 (水)

谷川A級陥落

 将棋の谷川浩司九段がA級を陥落した。アカショウビンが将棋に入れ込んでいた頃の指南書は加藤一二三元名人の(以下敬称は略させて頂く)矢倉戦法の著書と加藤の棋譜だった。それで秋葉原と新宿の道場で二段を取得した。加藤の著書を熟読した成果だ。秋葉原の道場で昇段祝いに故・真部一男九段に二枚落ち(飛車・角を落とす)で対戦して頂いた。加藤の駒落ち定跡を一夜漬けで読み臨んだが完敗だった。プロの実力を思い知らされた。

 加藤を負かして谷川は名人になった。その谷川が32期在籍したA級を陥落した。加藤・谷川のファンであるアカショウビンにとって驚愕するしかない。米長邦雄亡き跡の将棋界の顔となった谷川もトップクラスの熾烈な戦いに突き落とされる。それが勝負の世界の厳しさであることは素人には理解されないだろう。しかし、それが苛酷な現実であり事実である。それは他の棋士にとっても他人事ではない。勝負師とは何とも苛烈な生業である。アカショウビンは単なる将棋ファンでよかった。しかし身過ぎ世過ぎは世の習いである。世界は違っても娑婆の生死は、それぞれだ。アカショウビンも幾らあるか知らぬ余生を生きている。棋士たちの棋譜を楽しみながら。

|

« 言霊と音楽と存在 | トップページ | 葬列と黙礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/58988534

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川A級陥落:

« 言霊と音楽と存在 | トップページ | 葬列と黙礼 »