« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月21日 (木)

1970年11月25日

 高校生にとって、あの〝事件〟の衝撃は強烈だった。国語の教師は興奮して授業を中断し、三島由紀夫が、どういう作品を書き、どういう小説家なのかを演説した。何より同級生が持ってきた、朝日新聞の夕刊に掲載された、介錯された三島の首の写真が〝事件〟の凶々しさを象徴していた。象徴というより、それは日本という国の歴史事実としてアカショウビンには痛烈な印象を与えた。三島の死を遥かに越えて還暦を迎える歳になり、未だに熟考を要する歴史的事実の一つとして脳裏に明滅する。

 それは政治的状況や文学的な解釈を超えて、一人の小説家、男の精神領域への好奇心と興味、関心を伴い高校生の日常に割って入ってきた衝撃だった。政治的にも文学的にも〝事件〟の影響は幽かなものになっている。しかし、一人の小説家の苛烈な死に様は、江藤 淳が揶揄したような〝病気〟ではないと思う。それは小林秀雄が、それに対して応えた歴史的意味づけがされる〝事件〟とアカショウビンは理解する。

 先日観た大観の作品群も三島の文学作品と並べて日本という国の歴史、敢えて言えば世界史の中に位置づけられてしかるべき内容を含むと確信する。大観作品の奇矯は三島の死の奇矯と相通じる筈だ。それが此の国の〝歴史〟を通覧するときに炙り出される典型的な現象なのではないか?大観の大柄な金屏風絵の寒山拾得の表情の狂気の如き笑いは三島の高笑いの表情を想い起こさせる。それは娑婆の現実に対する理想家の拒絶とも唾棄とも解釈される意味性を持たないだろうか?
 戦後を生き延びた死にそこないの人生に決着をつけたのが、あの〝事件〟であることは前後に自裁した人々の精神風景と近似しているのではないか?それは現在の政治状況、文化的現在とも共振し合っているのではないか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

大観展を訪れる

 友人のN君から頂いた招待券で横浜美術館の「横山大観展 良き師、良き友」を観に。以前に観たのは百貨店だか上野の美術館だか思い出さない。少なくとも数年以上前だ。先日観た竹内栖鳳も思い出され楽しんだ。ただ、会場に着いたのは午後2時過ぎ。午後6時の閉館まで作品を堪能するにはあまりに少ない。個々の作品の詳細は敢えて説明しない。作品は画集でなく実物に相対するしかないからだ。それはともかく、本日は他の名手たちの作品も観られるので比較の楽しさもある。天心の書軸、紫紅、未醒、芋銭、溪仙などの作品が。

 午後1時32分、快速アクティで東京発。体調はよろしくない。とにかく余生に観ておくべき作品は視ておくのだ。天気には恵まれた。あとは作品に集中するだけだ。会場には2時過ぎに到着。大観をめぐる人物相関図が親切。院展洋画部の小川芋銭、小杉未醒(放庵)、冨田溪仙や鉄斎ら京都画壇との関係が簡略されている。

 明治24年~26年に東京美術学校在学時代に描かれた「海岸図」は水墨の技術を習得し独特の構図が表現され、画家の才覚を如実に伝えている。大正4年の「焚き火」3巾がすばらしい。画集を見ると同じ表題で前年にも描いているが、こちらがよい。焚き火の炎が見事だからだ。それは「夜桜」の炎でも効果をあげている。真ん中の焚き火をを眺める寒山、拾得の表情がよい。世俗から離れた幾らかの狂気を含んでいる。

 大正元年の「瀟湘八景」は4巾展示されているが〝江天暮雪〟の雪山と人物の配置が絶妙。漱石は大観の独創性をユーモラスな感覚に見いだした、というが、それは隣の平沙落雁になされたものかもしれない。それほどに〝江天暮雪〟は絶品だ。

 金屏風の「寒山拾得」は大観の気宇が発揮されて面白い。それと並んで「観音秋冬図」、「雲中富士」が展示されている。それは良くも悪くも大観らしい奇想が発揮されている大柄な作品だ。それに「夜桜」を加えれば見る者を驚かすに十分とも言える。しかし大観の面白さの急所はそこにはない。「雲中富士」は大正4年作。群青色の富士は漱石のいうユーモラス性全開の作品だ。この群青色は画集では看取できない。作品と対面しなければならないのだ。昭和2年作の「雲揺らぐ」は先日観た竹内栖鳳の同じアングルのものとも比較されるが大観作は画家がユーモアだけでなく象徴性にも優れていたことを示して余りある。

 告知にも使われていた大正6年作の「秋色」はアカショウビンの好みではない。屏風絵の「湖上の月」(大正6年)は、それからすると圧倒的な独創性を見せている。画面の真ん中から左を占める空間が実に深淵だ。大正元年の「長江の朝」は小さな作品だが、これも同じ雪の白い空間が実に大観だ。「雪後(せつご)」も同様に空間美が素晴らしい。明治34年の「月下牧童」は画家の天才を発揮して余りある神品の味わいだ。このころ既に大観は一つの頂点に達していたと確信する。画集では色が死んでいる。やはり実物に相対しなければならないのだ。

 明治43年の中国旅行で描いた「長江の巻」は全巻の一部だが全巻を視たい衝動に駆られる。有名な「夜桜」は大観が東洋画の余白の美が欧米人に理解されないかもしれない、として画面全部を桜で埋め尽くした作品だが、やはり大観の作品で挑発されるのは余白を生かしたものだ。

 「観音秋冬図」(大正4年)は雪山と観音、春山を3巾並べている。これも雪山の白の美しさが際立つ。観音の下部の黒と春山の下部の黒が不気味さを醸し出して面白い。

 冨田溪仙の「観世音菩薩」(昭和11年頃)と「大聖不動尊」も才覚と諧謔精神が溢れる佳品だ。小川芋銭は横長の「積雨収(せきうおさまる)」(昭和5年)と縦長の「春夏秋冬」(昭和3年)の2巾が洒脱で画家の才覚が横溢している。

 大観が所有していたという天心の書軸が面白い。「遠慮めさるな 浮世の影を 花とゆめみし ひともある」という内容だ。「仰天有始観物無吾」は、天心の「天を仰げば、天上に世界の始まりを思い、物を心眼で見るならついに自我は消える、という天心の理想を大観に思い起こさせた書であろうか」という解説が記されていた。 

 迂闊だったのは、今回の展示が会期中の10月と11月で入れ替えられていたことだ。楽しみにしていた「屈原」は、10月5日から16日までの展示。それはともかく、今回の出品作で強く印象に残ったのは「焚き火」を先ず挙げたい。それに「瀟湘八景」、「雪後」。それに「湖上の月」と「長江の朝」だ。「月下牧童」は、それらを越えてより神韻縹渺という趣だ。やはり大観の面白さは余白にあるというのが改めて観ての総括としてもよい。このブログを始めた頃に書いた「隠棲」が出展されていないのが残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

憂国忌の前に

 先日、衝動的に保田與重郎の「天の時雨」を再読した。三島が自刃したあと保田が昭和46年1・2月号の「波」に書いた、「方聞記―三島由紀夫の死」をはじめ、その後に書いた5編を集め「天の時雨」の総題で『浪漫人 三島由紀夫』(昭和48年、浪漫)に収録されたものだ。ここには保田の三島への哀悼の気持が綿々と綴られている。三島の死についてアカショウビンが読んだ追悼文の中では出色の文集であることを再確認した。既に書いた『三島由紀夫の日蝕』(1991年 新潮社 石原慎太郎)の不満を越える保田の心情が表出されている。

 事件のあと新聞社から保田に電話があり、保田は「今日最も立派な人が、思ひつめてしたにちがいなひことを、ありあはせのことばでかりそめにとやかく云ふことは、私にはとても出来ない、私はさう答へた」(新学社 保田與重郎文庫22 作家論集 p272)と書いている。「この『最も立派な人』といふことの大略を、もし云はうとするなら、私の知る限りの、人間の歴史の縦横のつながりを、今の時点で、一つの今の創造世界によせ、ひき、くみ立ててみせる、その方法を人が見て、少々理解してくれると有難いと思ふやうなものである」と続ける。

 保田は三島の死を歴史の中に位置づけようと連綿と、その死を自らに納得させようと考え続ける。三島の死のあと27日以後に「この事件に即して過去の歴史のすべてを考へた」と書く。保田の歴史観のすべてを動員して三島の死を定位しようと足掻いたことを保田は隠さない。これを読めば小林秀雄が江藤 淳との対談で述べた感想にもっとも近い感慨を読み取ることができる。

 昭和44年8月号の「新潮」に掲載を開始した「日本の文學史」(保田與重郎文庫22)は昭和46年10月号の24章をもって全編を終わった。「三島由紀夫の最後の四巻本の小説は、小説の歴史に立脚した上でなしあげようとしたのであろう。さういふ思ひが、十分に理解されるやうな大作品である」(同書p412)と書いている。さらに「人を、心に於て、最微に解剖してゆくやうな努力は、私に怖ろしいものと思われた」とも。25日まで、更に愚考を重ねよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

ふるさとの恵み

 帰郷から一週間が経ち改めて21年ぶりの帰郷の貴重を反芻する。最終日は従妹が自家用車でアカショウビンの行きたいところへ案内してくれた。従兄の墓、田中一村終焉の地、先祖の墓へ。外観は新車のように見えたが20年間乗っていると聞いてびっくり。振り返れば21年前の父の葬儀の前後に購入したことになる。道中はお互い積もる話で、いくら時間があっても足りない。招き入れてくれた自宅は髪結いの仕事場と隣接する立派な一戸建て。生活は親戚の中でもっとも裕福なことが察せられた。夫婦共働きで二人の子供を育てあげた。子供たちは都内と長崎で暮していると嬉しそうに話した。夫婦だけの二人暮らしは寂しいだろうが盆暮れの子供達の里帰りで親類たちとの賑やかな宴席はさぞやと想像される。家族とはいいものである。従妹の言葉の端々から充実した現在の生活が偲ばれた。彼女の兄と姉は京都で昔の羽振りからすればアカショウビンと同様で幾らか落剥している。その中では彼女達がもっとも豊かな生活をしていることが察せられた。その幸いを感謝と共に言祝いだ。

 先祖の墓に詣でたときに従妹が月に2回、墓に来ていると聞いて驚いた。それが私の役目とも呟いた。そうか、我が祖先の歴史の現在は彼女が背負っているのか。

 初日と二日目に一人で活気に欠ける街の中心部の歯欠になった商店街を歩くと、内地のどこにでもある地方都市の疲弊と同じ姿に暗澹となった。小学生から中学生まで生まれ育った頃の街の活気は夢幻の如し。しかし、従妹や伯母家族の情愛は、そこに一筋の光明と生気を吹き込む。アカショウビンの荒んだ心に彼女達の声と振る舞いは天佑の如きものである。

 同窓の友人たちも同じだ。以前は二昼夜かけて辿り着いた故郷は東京から空路2時間で帰られる。あの時空間は呆気にとられる程に短縮された。文明の発達とは斯くの如しだ。街中は変貌していても自然は未だ昔の面影を残している。空港から市内に至る海辺の景色は眼の覚める美しさだ。これがふるさとの自然の恵みである。その中で、それこそ半世紀近くぶりに再会する旧友や同級生たちは当時から見分けがつかない面々がいてもあの頃の時空間が再来する。此の不可思議とは何か?一週間が過ぎてアカショウビンには夢現のように思われるのである。しかし、その不可思議には実に豊饒な娑婆での生が無尽蔵にあることが想像できる。それは、偏にこちらの意志と想像力の勁さと深さが試されるのであるけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »