« 方言と故郷 | トップページ | 帰郷にあたって »

2013年10月20日 (日)

栖鳳の雪舟模写への注釈

 先の栖鳳展には雪舟の模写が1品展示されていた。それを見て、2002年5月に訪れた雪舟展での感想を記しておきたい。 

会場には雪舟が学んだ宋代の画家、夏珪(シャ・フゥイ)の作品も展示されていた。彼の水墨画には了庵桂悟の賛が記されている。正確ではないだろうが、画中には次の文字が見える。

火煙(異字)村帰渡

漁笛清幽

煙堤晩泊

展示されていた2巾は絶品だ。雪舟の「秋冬山水図」の渋みに「明るさ」が加わった趣とでもいえばよいだろうか。特に目録の95番は際立って見事だ。夏珪の一品は、渋み、滋味が底の深さを湛えている。正に神韻渺。その地の色は紙質によるものか、渋さと深みは画家の意図通りの狙いなのか?

雪舟は明で画かれたとされる作品より帰ってから画かれたとされるもののほうが良い。夏珪の画風に倣い、あるいはそれを超えているとさえ私には思われる。その中では、冬が私の好みだ。岡本太郎が雪舟は「芸術家ではない」と主張していた。しかし絵描きが眼で視、知と五感で画布に、その像を定着させる芸を持つ者だとすると、雪舟はやはり芸術家だと言うべきだろう。岡本が嫌うのは、おそらく、その構図における「安定感」といったものなのだろう。或る場合、美は破調にあると言う人もあるのだから。しかし、それでも雪舟の水墨画には魅入らざるをえない。

|

« 方言と故郷 | トップページ | 帰郷にあたって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/58420788

この記事へのトラックバック一覧です: 栖鳳の雪舟模写への注釈:

« 方言と故郷 | トップページ | 帰郷にあたって »