« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

人間とはどういう生き物か?

 ハイデッガーが生涯思索し続けた思索とは「存在とは何か?」という問いについてだ。それに回答することで「存在と時間」という著作を世に出した。そこには今まで展開されたことの新しい思索と思考、考察が繰り広げられている。それは実に難解で多くの読者が理解できずに匙を投げたことは周知の通りである。多くのドイツ人にも、それは不可解な書物とされている。しかし幾人かの人々が、その構想のよってきたるところを理解した。日本人では、古くは西田幾多郎や和辻哲郎だろうし現在では木田元(以下、敬称は略させて頂く)だろう。木田は先の大戦から帰国し闇屋として生計を立てるなかで「存在と時間」を理解するために東北大学でドイツ語、フランス語、ラテン語、ギリシア語を独習しながら精進した。和辻は代表作のひとつ「風土」(1935年)の中で、ベルリンでハイデッガーの「有(和辻の表記ではこうなっている)と時間」を読んだためと明かしている。

 そのような研究、考察を介して「存在と時間」という著作とハイデッガーの思索の動機と展開が日本人にも理解されてきたのである。アカショウビンも、その恩恵によって思索を継続している。木田は未完の「存在と時間」の完成を目論んだハイデッガーの「現象学の根本問題」の新訳(作品社 2010年10月)を発刊した。ハイデッガーの2著は当時の学者や研究者にとっても大きな反響を起こし早急に翻訳が試みられたことを木田は新訳を発刊する理由として説明している。それは、現在進行中の創文社の翻訳が何とも読みにくいことへの反発であることも。なぜなら「存在」と「時間」という訳語も創文社版では「有」と「時」にするという制約がかかっているからだ。各著作の中でもハイデッガーが駆使する用語は独特で読者に困難を強いている。それを発刊以降なじんできた「存在」と「時間」という用語を新たに「有」と「時」と訳し変えるのは読者に新たな困難を強いていることになる、というのが木田の不満なのだ。

 それでは木田監修の「現象学の根本問題」を新訳で読み直すことから始めなければならない。アカショウビンは酷暑の夏で残り少ないだろう余生の体力を急激に消耗した。そこから回復するためには読む楽しみが精力剤の効果を齎すかもしれない。秋は食欲が増す時期でもある。来たる冬に向けて体力をつけ精神を活性化させていきたい。

 ハイデッガーは存在とは何か?いう問いに回答する中で、人間を天上的でない世俗的なものとして捉えることではなく、「存在へと身を開き‐そこへと出で立つありかた」において捉えることである「『ヒューマニズム』について」(ハイデガー著 ちくま学芸文庫 p105 1997年 渡邊二郎訳) と説明・解説している先の大戦中から戦後にも継続された思索は興味深い。戦後のハイデガーの思索の根幹がフランス人、ジャン・ボーフレ氏との往復書簡の中で言葉を尽くして展開されている。1947年の出版に至る経緯は紆余曲折があったものと推察される。戦後に広く流通し現在もその頃と殆ど変わらないだろう「ヒューマニズム」という術語にハイデガーは反発し語の本来の意味するところを説く。そこで費やされる言葉の奥にハイデガーが見据えている存在という語の奥行きが直感される。それは未だに継続されなければならない思考と思索だ。敗戦国のドイツ人がフランス人の質疑に実直に応答している。主著「存在と時間」以後も継続されているハイデガーの思索が実に興味深いではないか。このような思索を読み直し日常の通俗から脱却し生きる力を湧き起こすのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

2週間ぶりに上野の西洋美術館へ

 体調はよろしくない。それでも2週間ぶりに上野の国立西洋美術館へ。常設展を今回はカメラで撮影。前回、常設展は写真撮りOKというので。ストロボがたけないので写真は絞りやシャッタースピードが難しい。帰って確認したら不出来のものが多かった。

 やはりカメラを持っていると作品をじっくり見る時間が少ない。前回に比べ早めに切り上げて外へ。ぶらぶら歩き都美術館まで。10月8日から開催されるターナー展の予告を確認した。久しぶりのターナーが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

存在と時間

 [存在と時間]という主題はこのブログの基調低音である。朝のテレビでは病のために右手が使えないピアニストが自分のために創作された左手だけで演奏する作品を演奏している。音楽という〝時間芸術〟とも称される時と映像が視覚化されている。それは宮沢賢治の作品に垣間見られる達観とも通底するように思える。右手が使えないピアニストから紡ぎ出される音は〝私という現象〟といった表現で言葉にしたくなる衝動がはたらくのだ。

 ピアニストは不自由を自由にひっくり返している。それは実に稀有な音と映像である。私たちの〝日常〟は時に疎ましいものとして経験される。しかし時に〝非日常〟とも称すべき時空間が生じる。それは〝生成〟と言い換えてもよい。そういう経験は誰でもあるだろう。しかしその稀有な経験を人は往々にして忘れる。

 [存在と時間]という対比は哲学書の表題を超えて人間という生き物が示す大きな主題であることをピアニストの演奏を聴いて改めて思い知る幸いを言祝ぎたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

上野の西洋美術館へ

 連休初日の土曜で人出が気になったが上野の国立西洋美術館まで出向いた。何でも第2・第4土曜日は常設展が無料で見られるという情報をキャッチしたので。 

 1階と2階は「ル・コルビュジエ」展が広く展示されていて16世紀から近世までの常設作品はいつもと違う場所。だが逆にこれも新鮮。入場者の多くの関心はル・コルビュジエなのだろう。そのためか常設作品は来場者も少なくゆっくり見られたのは幸いだった。

 本日の収穫は、ティツィアーノの「洗礼者聖ヨハネの首をもつサロメ」(2011年購入)が新収蔵作品として展示されていたのを見られたことだ。午後5時30分の閉館ちかくで慌ただしく見て回っていた時だったからだが注視した。なんとも、ふくよかなサロメだ。ヨハネのどす黒い生首と侍女と思われる女の妖艶な表情。サロメの白い明るい肌の対比があざといほどに見事だ。サロメのイメージは、鋭角で華奢な風貌という先入観があったからだ。それはさらに作品と正面し、こちらの全身で応じなければ寝ぼけた精神には響かない。いくらか時間がとれたのは幸い。次回が楽しみだ。

 ピーテル・ブリューゲルの「鳥罠のある冬景色」がじっくり見られた。隣にはヤン・ブリューゲルの「アブラハムとイサクとのいる森林風景」。イタリアからパリに戻っての作品という。これも絶品。2階にはカルロ・ドルチ(1616~1687)の「悲しみの聖母」(1655年頃)とも久しぶりに対面。神品のオーラを湛えた作品と感嘆するしかない。ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593~1652前半)の「聖トマス」(17世紀前半)も久しぶりに堪能した。

 彫刻ではブールデルの「弓を引くヘラクレス」(1909年・松方コレクション)の習作がある。それに「首のあるアポロンの頭部」(1900)、アカショウビンはブールデル大好きなのである。ロダンよりも。他に「横たわるセレネ」(1917)。こちらも素晴らしい。「ヴェールの踊り」(1910)も。サロメのイメージはこちらのほうが何となくしっくりくるのだ。ティツィアーノは、それはそれで見事だけれども。それにマイヨール(1861~1944)の「夜」(1902~1909)が展示されていたのも幸い。1987年に購入された由。外の景色も眺められる空間は心地良し。3時間では半分も見られない。次回は午前中から腰を据えたい。それにしても久しぶりに心安らぐ時空間に浸れた。「ル・コルビュジエ」展までは時間が足りず。連休初日のせいなのか人出はそれほどでもなかったのは幸いだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

近代美術

 毎年ではないが、年に2回くらいは美術館へ出向く。大阪に棲んでいたころは京都の河合寛次郎記念館や宝塚の鉄斎美術館も訪れた。今年は長野県小布施の北斎館も短時間だったが訪れられた。

 数年前にハイデッガーの「芸術作品の根源」(関口浩訳 平凡社 2008年7月10日)を読み独特の作品論が面白かった。ゴッホの「靴」(1886年)を論じたものだがハイデッガーらしい視角が新鮮だった。初出は1935年。翌年、大学の学生会や神学校などで講演したものを後日ハイデッガーが1956年に手を入れて出版された。日本は昭和10年、日中戦争に突入する前々年だ。1929年の大恐慌でドイツではナチスに大きく国民が加担していく。1932年にナチスが政権を掌握して3年後。政治は急変している。そのような中でハイデッガーは芸術論に手を染めている。

 日本で小林秀雄が「ゴッホの手紙」を刊行したのが昭和27年だ。「近代絵画」は昭和30年から藝術新潮に連載を開始し33年に出版した。保田與重郎は「日本美術史」を同じ藝術新潮に23回連載。昭和43年に出版している。これは素人眼にも瞠目する美術史だ。保田の面目躍如。再読、再々読して厭きない。保田はハイデッガーのゴッホ論は戦前に読んでいると思われる。小林はどうだろうか。保田の連載は読んでいた筈だ。恐らく驚愕し強く刺激されたものと思われる。保田独特の執拗というか眼底から精神に日本美術が視られ抜いていくのは圧巻だからだ。この著作への小林も含めて当時から現在までの評価は知らない。しかし、この著作には保田與重郎という文人の小林とは異なる眼力の深さが書き残されている。

 西洋美術に対比させるまでもなく日本美術の高みは白鳳・天平期に世界的な境位に達していたことを繰り返し述べる。その洞察と深淵には畏敬を超えて狂おしいものさえ感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

世相に関するささやかな感想

 米国が遂にシリアへの軍事介入を決議した。あのオバマにしても米国という超軍事大国の過去の歴史を変えることはできなかったという事実は押さえておかなければならない。日本も同盟国としてイラク戦争の時の過ちを繰り返すことになるわけだ。現代に於ける〝警察国家〟としての米国の所業は酷いものであることは歴史を辿れば明白だ。

 アカショウビンが米国という国家に対する認識を新たにしたのはノーム・チョムスキーという言語学者の論説をまとめた「9.11 アメリカに報復する資格はない!」(山崎 淳訳 2011年11月30日 文藝春秋社)という著作だ。そこには米国という国家が歴史的にどのような所業を繰り返してきたかということが一人の国民として告発されていた。現在では詩人として高名な評価がされている共同通信社出身の辺見 庸氏が行ったインタビューも実に興味深かった。それは国家が行う非道に対して米国という〝民主主義〟の国家で言論は決して封殺されていないという証として興味深かったのである。

 それがイラク戦争の過ちを、国会で恐らく十分とは思われない決議で軍事介入する結論に暗澹となるのである。それは先に書いた木下恵介作品に対する感想とも絡んでくる。現在の世相も、かつての日本やドイツの世相も殆ど多くは同じである。戦争という〝外交手段〟に多くの国民が賛同して参加したのである。しかしその反省は当然の如くされるがヒトという生き物の愚は繰り返される。その事に対する根本的で本質的な思考が展開されなければならない。このブログはそのような主旨も込められていることを改めて表明する。それは左右両翼的な安易な二元論的な動機によるものでない事は遂次述べていかねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木下恵介作品を観る

 先日、久しぶりにレンタルショップを訪れたら何と木下恵介監督の作品が幾つか新しく出ていた。そのうち3本を借りてきた。「陸軍」(1944年)、「破れ太鼓」(1949年)、「風花」(1959年)だ。これを年代順ではなく逆に観た。内容の説明は敢えてしない。作品の評価は研究家やファンの間で縦横にされている筈だ。以下はアカショウビンの独断と偏見によるものである。敬称は略させて頂くことをお断りしておく。

 ネットで調べると監督としての木下のキャリアは1943年の「花咲く港」に始まり1983年の「この子を残して」まで47本の作品を残している。アカショウビンが観たのはそのうち十数本に過ぎない。しかし映画作品は時代を映す。そこで観客は幾らかの感想を得る。それは衝動と感想として言葉で伝えたくなる。以下の感想もそのような衝動に拠る物である。

 「風花」は、木下恵介の人情が面目躍如する作品だ。長野県の旧家で父無し子を産んだ女を若き岸恵子が好演している。農地解放で落剥した地主農家の行く末を描いている。「破れ太鼓」は、小林正樹が木下と共同脚本を書いているというので興味深く観た。しかし演出の甘さは目に余ると言ってもよい出来だ。主演は坂東妻三郎。大御所である。しかし木下と小林の共同脚本は十分に練られたものとは思われない。きつい評言をすれば〝アプレゲール〟の気取りと軽薄が全編に横溢した駄作と思う。もちろん監督としての木下の才覚は幾つかのカットに見て取れる。しかし成金男とその家族を描く手練は幼稚とさえ思われた。まだ戦時中に完成させた「陸軍」のほうに木下恵介という才覚は充溢している。

 「陸軍」は国策映画である。しかし木下の才覚は、ここに十分に表現されている。この作品を撮ったことで恐らく戦後に木下は〝戦後民主主義〟の時代の空気の中で安易な批判をされたと思われる。それは後出しジャンケンのようなもので見やすい事だ。しかし池田忠雄の脚本による物語は先の大戦の経緯を幕末から説き起こし昭和19年11月の公開まで日本の歴史として描いている。監督としての木下は脚本は池田に任せ陸軍の意図にそって纏め上げたことが推察されるからだ。しかし、そこに映像作家としての木下の才能、才覚はしっかり定着されている。戦後の小津安二郎監督作品で優れた演技を残した笠 智衆と東野英治郎が好演しているのを確認できただけでも「陸軍」は収穫だった。

 この作品の価値は国策にそった作品とはいえ戦前の歴史のなかで現在の尖閣問題なども想い起こさせる場面も見て取ることができることだ。戦後の木下の代表作とされる「カルメン故郷に帰る」(1951年)や「二十四の瞳」(1954年)に先立つ作品として特筆されてしかるべき作品と思う。木下恵介という監督の資質と才覚は軍国の父と母を演じた笠 智衆と田中絹代の姿に体現されていると思うからだ。それは「二十四の瞳」という作品を〝反戦映画〟と評するところからは恐らく見抜けない視角と思われる。それはまた別のテーマであるけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »