« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月26日 (水)

病を得る

 久しぶりに学生時代の友人N君に電話したら何と甲状腺ガンに罹ったと言う。お前と同じ仲間になったよ、とボソボソと話した。この数年、定期健診は受けていたというが、近いうちに手術をすることになったと言う。不安になっているのだろう。高校の英語教師を仕事とする彼は声が出なくなる事がもっとも不安だ、と語った。本人はもちろん奥さんや娘さんが心穏やかではないだろう。しかし生死に関わる病に罹るということは、遠からずの死を覚悟するということである。アカショウビンは直腸ガンで内視鏡手術をしてから8年が過ぎた。旧友達とは何度も最後の飲み会をしたがなかなか死なない(笑)。ガンでは先輩である。メールでは、あれこれアドバイスしようと思案したが、死を覚悟した時にアカショウビンが繰り返し読み直したのは道元の『正法眼蔵』の「生死」の文章だ。N君は「いやでもいろいろ考えるから手応えのある本を読みたい」とメールで伝えてきた。道元は晩年に病を得てから法華経の神力品を繰り返し読み回復を試みたと伝えられている。不立文字を主張する禅者が法華経の文言の力を借りるというのが面白いではないか。

 「生死」の全文を写しN君へのアドバイスとする。

 生死の中に仏あれば生死なし。また云く。生死の中に仏なければ生死にまどはず。

 こころは、夾山、定山といはれしふたりの禅師のことばなり。得道の人のことばなれば、さだめてむなしくまうけじ。

 生死をはなれんとおもわん人、まさにこのむねをあきらむべし。もしひと、生死のほかにほとけをもとむれば、ながきを北にして越にむかひ、おもてを南にして北斗を見んとするがごとし。いよいよ生死の因をあつめて、さらに解脱のみちをうしなへり。ただ生死すなはち涅槃とこころえて、生死としていとふべきもなく、涅槃としてねがふべきもなし。このときはじめて生死をはなるる分もあり。

 生より死にうつると心うるは、これあやまりなり。生はひとときのくらゐにて、すでにさきあり、のちあり。かるがゆゑに、仏法の中には、生すなはち、不生といふ。滅もひとときのくらゐにて、又さきあり、のちあり。これによりて滅すなはち不滅といふ。生といふときには、生よりほかにものなく、滅といふとき、滅のほかにものなし。かるがゆゑに、生きたらばただこれ生、滅きたらば滅にむかひてつかふべし。いとふことなかれ、ねがふことなかれ。

 この生死はすなわち仏の御いのちなり。これをいとひすてんとすれば、すなわち仏の御いのちをうしなはんとするなり。これにとどまりて生死に著すれば、これも仏の御いのちをうしなふなり、仏のありさまをとどむるなり。いとふことなく、したふことなき、このときはじめて仏のこころにいる。ただし、心をもてはかることなかれ。ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいへになげいれて、仏のかたよりおこなはれて、これにしたがひもてゆくとき、ちからをもいれず、こころもつひやさずして、生死をはなれ、仏となる。たれの人か、こころにとどこほるべき。

 仏となるにいとやすきみちあり。もろもろの悪をつくらず、生死に著するこころなく、一切衆生のために、あはれみふかくして、上をうやまひ下をあはれみ、よろずをいとふこころなく、わがこころなくねがふ心なくて、心におもふことなく、うれふることなき、これを仏となづく。又ほかにたづぬることなかれ。(「正法眼蔵」(4)岩波文庫1993年 水野弥穂子校中)

 ★表記は一部原文を変えてあることをお断りする。仏教者でもないN君には馴染みない文章だろうが、我が国のもっとも深い思索者として繰り返し読み新たな発見がある同書は多くの人々に娑婆に生きる意味に思いを致す水先案内の役割を有する深い思索だ。アカショウビンも繰り返し読み再考し死に至るまでの指南の書としているのでN君にも紹介する次第だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

忘却と想起

 ネットでピナ・バウシュについて書かれた文章を読んでいると、何とかつて観た「トーク・トゥ・ハー」(ペドロ・アルモドバル監督)の冒頭にピナが出演しているという事が書かれていた。何年か前に同作は観ている。しかし、すっかり忘れていた。レンタルDVDで観直した。確かに冒頭はピナが踊っている。作品は奇想とも言える物語が紡がれる。それは当時も面白く観たことは少しずつ想起された。それは思い出すというより想起したと表したほうがしっくりする。それはワンカット、ワンカット、それと物語を再び新たに想起するというべきもののように思えるからだ。心理学で既視感という概念がある。それは精神分析でも使用されている概念と言ってもよいだろう。私たちの体験と経験は、そのような概念で少し理解できるようなものなのかもしれない。チベット仏教的に言えば前世を覚えている、といった事もそれと通底しているのではないか。

 物語を少し辿ると次のようになる。事故で植物状態になった若い美しい女性ダンサーが病院で介護される。彼女は昏々と眠り続け生きている。その女性を介護する若い男がいる。実は彼は彼女が通っていたダンス教室が見下ろせる向かいの部屋に住んでいる。母親の死までの介護を終えてひとり暮らし。父親は母親を捨て他の女と家族を作りスウェーデンに住んでいるという設定だ。彼はダンス教室で踊る女に恋する。しかし彼は20代から30代くらいの男だが女性と性交渉をしたことがない、という。かといって同性愛者というわけでもない。そういう人物設定は同性愛者であるらしい監督の人間観が作品には投影されているのは心理学や精神分析に馴染んだことの人にはわかりやすい説明だろう。物語の中でもヒロインの女性の父親はセラピストでヒロインに恋する男を同性愛者と異性愛者の狭間で韜晦する曖昧な人物として描いていることからも理解できる。物語は幾つかの愛憎譚を交えて展開する。まぁ、これが大体の物語の筋立てだ。あとは作品に接してもらうほうがよいだろう。

 それはともかく冒頭のピナ・バウシュという稀代のダンサーの姿を改めて見られたのは幸い。物語の最後あたりに出てくる男女のダンスも恐らくピナの振り付けと思われる。それは何とも粋な踊りだ。そのような細やかな演出が監督の才覚を直感する。秀作と言って良い作品であることは観直して確認した。

 そのような経験を言葉にすれば忘却と想起といった何とも大味な表現になる。アカショウビンの貧しい語彙のなかでは、とりあえず、そのように対照させるしかない。それは西洋哲学や学問の用語に倣えば存在論と認識論、精神分析の成果と相通じる考察でもある。アカショウビンの思索の中では仏教哲学や儒学、神道の考察、思索とも絡んでくる。そこから果たして新たな思索の地平が競り上がってくるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

ベトナムのヤギ鍋

 午後のテレビでベトナムの食を取材している番組を見る。〝ヤギ鍋〟が夜のホーチミン市の人気料理だという。アカショウビンの父が奄美の料理屋でヤギ汁が大好きだったという話を思い起こした。従兄に訊ねると、一番好きだったのは亡くなった伯父で二番目は彼の兄で、自分が3番目ということだった。アカショウビンの父は、その次くらいかな、と話してくれた。ヤギの肉は臭いを嫌う人が多い。

 先日は東京は神田の飲み屋で知人たちと飲んでいて愛知県出身の編集者が奄美の有名メーカーの焼酎を取材したときに、名瀬の料理屋でヤギ汁を食し評判とは異なる感想をもったことを面白く聞いた。どういう風に夜を過ごしたかは明かさなかったが精力がつくという評判は体感できなかったと語り、皆で笑った。恥ずかしながらアカショウビンは食したことがない。父親の話として従兄から聞いただけだ。

 南国の奄美やベトナムでヤギが共通して食されているというのは面白い話だ。ベトナムは仕事で3~4回訪れたが夜の〝ヤギ鍋〟を食する機会は残念ながらなかった。しかし映像でベトナムの庶民が食を楽しむ姿を見られるのは何とも興味深い。それは東南アジアや中国、韓国にも共通する食文化として欧米に対置する事を可能にすると言ってもよい。奄美はともかく、ベトナムだけでなく東南アジアに共通する庶民の食生活はアジアという概念の何たるかに愚想を喚起する。食は広東にありと言われる。しかしテレビ映像を見ると、食はアジアにあり、である。暑熱のホーチミン市内の野外の料理屋でヤギ鍋を食べる姿はアジアのエネルギーとでも言いたい何事かを想起する。それは、かつてのベトナム戦争の頃をも。

 ところで神田で飲んだ時に同席した知人の雑誌編集者は、数年前に奄美を訪れて蘇鉄の群生林を見た時の印象を、あれは日本ではないね、と述べた。さもありなんと思う。彼は島尾敏雄を知らない。田中一村のことも名前に聞くだけという極く普通の〝日本人〟である。奄美で暮したこともある、もう一人の知人は、そのような感想に異を唱えたが、アカショウビンには、それさえも奄美を知らぬ戯言のように聞き揶揄した。まぁ、酔談の中での妄言の一つと見過ごすに如かず。

 テレビではベトナムの一弦琴ダンバウを女性奏者が演奏している。その響きの、たおやかなこと。アカショウビンはベトナムの前に、やはり仕事で訪れたタイのチェンマイで饗された宴席で見聞した民族音楽を想い起こす。それはアジア風ミュージカル、あるいはオペラの如きものだった。

 ベトナムや東南アジアを再訪する機会は果たしてあるだろうか。しかしベトナムのヤギ鍋は何としても食してみたい。とりあえずは都内でベトナム料理を探してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

〝浜釣り〟初体験

 先週の土曜日、就職活動の一環で知人のツテを辿り小田原の手前の海岸で白ギス狙いの浜釣りを体験した。一泊の予定を変更させて頂き日帰りに。同じく〝浜釣り〟初体験のO氏と経験者S氏の道具も師匠のI氏が揃えてくださり恐縮。

 アカショウビンは若いころ開高健の熱心な読者だった。その頃に集中して読んだのはベトナム戦争に絡む評論や作品だった。ところが作家の晩年は趣味の釣り熱が嵩じて南米のアマゾンや本業より釣行の体験記が多くなった。テレビ局と企画した北海道でのイトウ釣りや英国での釣行はビデオに録画した。これから円熟の境地に至る還暦を迎える前に早世したのが惜しまれた。

 そのような縁も振り返りながら知人の紹介でI氏の指導を受け〝浜釣り〟なる釣行に同行させて頂いたわけである。結果は如何。同じビギナーながら同行したO氏は師匠のI氏を差し置き白ギスを一尾釣り上げた。同行4名の中でアカショウビンだけ釣果ゼロ。しかし二日酔いの体調で潮風に吹かれての初体験は気持ちよかった。転職につながるかどうかは不明。それはそれ、此れは此れで娑婆での縁は貴重である。これから実りがあるといいのだが。しかし、欲をかいてろくなことはない。それは先人の教えである。

 先日からレンタルDVDで亡き三國連太郎の晩年の当たり役、「釣りバカ日誌」を未見の作品なども含めて観ている。映画は原作の漫画より出来がいいとは思えないが名優の姿を確認するには貴重だ。釣りが縁で何か新たな展開でもあれば此の世での戯れのひとつと解し楽しまねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

北斎館を訪れる

 仕事の合間に長野県・小布施の「北斎館」訪れる機会を得た。昼休みの短い時間だったが晩年の肉筆画と高名な天井絵を観られたのは幸い。絶筆とも説明されている「富士越龍図」も見られた。天井画はガラスケースで仕切られて近くで視られなかったのは残念。小布施から飯山の景観は諸国を渡り歩き作品にした北斎を楽しませた筈だと実感する。その眺望は多くの観光客にも共感するのではないか。車で素通りするには惜しい風景だ。北斎が生きた時代は徒歩でのんびりと豊かな自然を五体と共振させながら北斎も多くの人々も生きていた筈だからだ。

 先年、大阪に棲んでいた頃に宝塚市の鉄斎美術館を二度訪れた。鉄斎の画風は北斎を意識していた筈だ。幕末前の日本国で画狂人と意識した絵描きの晩年の境地は恐らく鉄斎にも受け継がれた。もちろん明治から大正、昭和の何人かの優れた画家たちにも。間違いなく大観もその一人だ。北斎の「富士越龍図」を大観は見ていたと思われる。作品と対峙すると北斎晩年の肉筆画は出色の境地を直感する。それは奄美で果てた田中一村の幾つかの作品をも思い起こさせる。

 〝画狂人〟と自認した北斎の境地を大観も一村も自覚していたに違いない。それはまた改めて作品に正面し論じる主題だろうが。小布施は訪れる観光客も多いと聞いた。再び訪れる機会があるかどうか。冥土への土産とするには何回か訪れたいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

忘却と無関心

 米軍基地の移転やオスプレイ配備で関心が高まっているにも関わらず多くの日本人が沖縄の過去と現在に無関心である以上に奄美が日本国に〝復帰〟して60年が経過したという歴史の区切りも同様であるだろう。

 先日、故郷の高校の関東在住者の集まりが上野であり、幹事を務めている中学以来の友人であるI君のお取り計らいで飛び入りで参加した。小学校や中学の同窓生に合えるかもしれない期待があった。I君と会うのは昨年10月に品川で行われた同会の二次会、三次会以来。ところが他の面子は都内在住の中学時代のマドンナは不参加。小学校の同窓生のHさんとは、やはり品川以来。この時期に開催するのは復帰60年という節目に合わせてのことだろう。懇親会では卒業生たちが様々な余興で舞台を賑わした。アカショウビンも〝日本復帰の歌〟をI君たちと歌った。

 奄美が日本国の敗戦による信託統治下にあり、それから日本国に復帰したのが昭和28年であった歴史を多くの日本国民は知らないだろう。同会に参加した同郷の若い諸君も恐らく初めて知る人が多いと思われる。しかし敗戦後、8年の間、奄美は米軍の支配下にあった。それが昭和28年12月25日に〝クリスマス・プレゼント〟として日本国に返還されたのだ。その復帰運動に関わった高齢者の何人かが総会に参加されていた。アカショウビンの父親も生きていればその人々と同じ年齢になる。

 復帰までの奄美の状況を父から少し聞いたことがある。信託統治下で内地に渡ることは密航である。満州帰りの20代の父はバイクでパルプ運びやいろいろな仕事で糊口を凌いだ。母と結婚したのは印刷業に従事していた母の祖父との縁であるらしい。伯父と共に印刷業に従事した父はやがて独立する。当時は活版印刷の時代。活字や機械を設備するために内地に渡った話を聞いたことがある。父はその後、伯父とは別に会社を興し家族を作り一家を成し復帰後を生きた。その生き様は日本国の〝歴史〟には記載されない。 

 先日の同郷の人々との出会いは、復帰後を生きた高齢者や当時の状況を知らないアカショウビンや若い同郷者たちに改めて過去を振り返る機縁の如きものを看取させた。奄美はともかく、その後に〝復帰〟した沖縄は未だ米軍が支配する基地の島として米国の支配下にある。敗戦という歴史事実は沖縄で苛酷な現実として払拭されていない。それが尖閣問題を契機として大国の政争の具とされる。歴史の彼方と現在は通底している。歴史の彼方は歴史の今であることに愚考を重ねることは現在を生きるうえで幾らかの果実をもたらすかもしれない。それには61年前の歴史事実に想像力を励起することだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »