« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月26日 (金)

朝の妙音

 バッハの無伴奏チェロ組曲は、眠られない夜に時に眠りへの誘いとして聴くことがある。今朝はテレビで映像と共に聴く。チェリストにとってこの作品はカザルスがバッハの遺稿から見つけ出し、現代に新たな妙音を響かせることでアカショウビンを含め此の世に棲み苦しみや喜びの日常に一条の光のように届く。

 映像ではかつて初々しいモーツァルト弾きとして日本のファンを魅了した、その頃はピリスと表記されたピアニストがピレシュとして表記され、歳を重ね成熟したピアニストとして現れた。今年3月に都内のホールでの録画だ。ベートーヴェンのチェロ・ソナタを聴きながら朝の妙音を拝聴する。此の世の不可思議さは数十年の時の変化の中に霊的な響きと姿として現れる。現実に生きる時間は時に摩訶不思議なはたらきをする。それが現在を生きる幽かな力ともなる。日常の閉塞感とまるで永遠に続きそうな退屈と表する時空間のなかで、それはハイデッガーの顰に倣えば神性を帯びたものとして現れる。

 人の生き死には日常への裂け目として訪れ体験される。彼岸に渡ったNとの縁は妙音を介して安らぎと幽かな力として我が身に届く。

 ハイデッガーの思索は現代のドイツでも殆ど神秘説のように不可解なものとされていると評した論考をかつて読み、然もありなんと感得したことがある。先日の出張に携帯し抜き読みした「『ヒューマニズム』について」(渡邉二郎訳 ちくま学芸文庫 1997年6月10日)を何度目か読み、しかし、そうではない戦前から戦中、戦後に持続されたハイデッガーの捉えた「存在」への飽くなき思索は刺激と挑発、啓発となってこちらに熟考を強いる。それは人間という生き物が負う、仏教的に言えば業(カルマ)の如きものである。その彼我の思索の差異は個々人が此の世という、ハイデッガーが<世界内存在>という語で展開した一人の思索者の生涯の思索として我々が継続しなければならないものと心得る。

 西洋音楽の音の響きは思索者の思索を異国語に翻訳され読む時に実に霊的な妙音として響き合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

再び、Nへ

 一昨日から昨夜まで、長野県の佐久平から長野市、飯田市とクライアントを訪ね戻ってきたところだ。飯田駅前からは高速バスで4時間。長野に入った頃から雨。空はどんよりと曇り憂鬱な時を過ごしたよ。生活をする為の仕事とはいえ、あと約2ヶ月の辛抱で、その先は娑婆での新たな身過ぎ世過ぎだ。

 Nよ、君が事故後に過ごした日々は此の世の修羅とでも云う日々の連続だったろう。それは他人には計り知れぬ苦労の毎日だった筈だ。ご家族のご配慮も如何ばかりだったか。謹厳実直な印象だったお父上も、君との電話で2~3年前に亡くなられた、と聞いた。お母様も、お兄さんの哀しみも察するに余りある。死に至る君の辿った生活の苦労と心情の紆余曲折を、ぼんやりと想像するよ。アカショウビンも生きるために何度目かの苦境を覚悟している。それには様々な思いに浸り浮き沈む毎日だよ。いずれ遠くない将来に娑婆とも幽明を分かつ時を迎える。その時に君や同窓生、お互いの家族や友人知人との出会いと別れが走馬灯のように脳裏を駆け巡るだろう。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

Nへ

 先日、久しぶりに君の家へ電話したら、お兄さんの声で君が亡くなっていたことを知った。無念だ。お兄さんの声は錯乱しておられるように聞いた。「Kは死んじゃったー、Kは死んじゃったー」と繰り返すだけで、こちらが「いつですか」と二度繰り返し聞いても同じ返事で電話を切られた。同窓生の幹事役のO君に連絡したら彼は君の死を知っていた。何ともそっけない返事だった。共通の友人であるMに電話すると彼もお母さんからの年賀状で知っていたらしい。

 Nよ。ラテン系の俳優のようにエキゾティックないい男だった君が交通事故で顔が歪み片目は失明状態で足も骨折。瀕死の状態になった時にアカショウビンと何人かの同窓生は見舞いに行ったのだった。お父さんが親戚だと紹介して集中治療室に迎え入れてくれた。ベッドに横たわる君の姿は悲惨で驚愕し事故の酷さを示していた。それが渾身のリハビリで、なんとか歩けるようになった。我々は君の回復を喜びMや同窓の連中との飲み会に君を誘うと歩行も不自由な君は嬉しそうにやって来た。皆で昔話に話が弾んだことを思い出す。われわれは片目が見えなくなった君の奇跡的な回復を喜んだのだった。今は亡き恩師のK先生の還暦祝いにも不自由な身体で参加してくれたよな。こうして書いていると、高校以来の何度かの飲み会で会ったことが走馬灯の如く想い出されるよ。

 あの世があり人は生まれ変わるものなのか知らない。しかし此の娑婆での不可思議な縁はアカショウビンの脳裏に刻まれている。最後に会ったのはK先生のお悔やみの日だったな。その以前にT君が故郷の博多に帰る前に、新宿の飲み屋で、もう一人のN君と4人だけの送別会も写真を見ながら思い出しているよ。飲み屋からカラオケに流れ、君が大好きだという、ビートルズの「ゲット・バック」を声張り上げて歌う姿と声が甦る。今、こうして遅ればせながら別れを告げる。あの世があるなら再会し、飲み明かそう。そしてまた君の「ゲット・バック」で盛り上がろうぜ。再見、N!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

三國連太郎さん追悼

 三國連太郎さんが亡くなられた。90歳とはご長寿で大往生と思われる。アカショウビンは三國連太郎という俳優は親鸞の思想に深く分け入った研究者としても関心があった。

 三國さんは「親鸞にいたる道」(昭和62年2月20日 光文社文庫)で次のように書かれている。

 「私が親鸞にひかれるところは、業(ごう)----宿業観について、強く反発し、拒否しつづけているところなんです。業という観念に自分のなかで妥協していく----妥協というのは私の誤解なのかもしれません----でもその観念を人間がうけとめていくと、結果は、いつまでたっても差別意識から人間は解放されないのです。(同書p101)

   この著作のなかで明かしておられるように三國さんの祖父は「両刃のウメガイ(注)を一本懐(ふところ)にして、死人(しびと)の棺桶をつくることを生業とする漂泊民」(p57)であった。お父上も、その職業を継いで小学校を出るとすぐ棺桶屋になられた。大正デモクラシー社会では、それは差別される職業ということでもある。1918年(大正7年)のシベリア出兵は「おやじにとってけっして祖国のための戦いではな」く、「世間からつまはじきにされる棺桶屋からぬけだしたかったから」(p57)と述べられる。戦争に出ることで三國さんの父親は「一般社会で『良民』と遇される条件を獲得するために、兵役、納税の重い義務を負おうとさ」れたのである。

 周知のように業(カルマ)、宿業観というのは仏教の専売特許のようなものだ。「過去世」を重視するのが仏教という宗教の特徴でもある。しかし三國さんは親鸞に、それを強情に否定した特異な仏教者を視る。

 「過去の業が特定であるならば、未来に向かっても、個別の生命は特定な存在となってしまいます。そうした考えは、仏教がいちばんきらっている『霊魂』の存在を肯定することにつながるのではないでしょうか」(p101)。その問いかけに仏教者はどう答えるのか。興味あるところだ。

 インド仏教は中国、日本と移入されて次第に原型とかけ離れて展開された。奈良・天平時代に天台宗が支配した日本仏教は時の権力と妥協してインド仏教を変貌させた。鎌倉時代に至り、最澄以来の法華経重視の天台宗に反発し、法然・親鸞は浄土三部教に光をあて、新たな仏教理解を深めた。そのため彼らは弾圧された。

 三國さんは書く。

 「浄穢の価値観にもとづく差別思想は日本の仏教が歴史のなかでつくり、民衆のなかに浸透させたものですが、まことに非人間的な日本独自の教説です。その価値観を動かせないものとして正当化したのが宿業観でした。親鸞は宿業観を否定することによって、『悪人正機』への道を必然的に導きだしたわけです」(p106)。

   この著作には学者や信者でない一人の市井人=被差別者が親鸞の思想に肉薄していく凄みさえ読み取れる。名優の隠れた内面と精神が知られてよかった。これから親鸞を読み直す機縁にもなるだろう。いわゆる「葬式仏教」ではない仏教という伝統宗教の現代的な価値は、三國さんのように果たして根底から求められているのだろうか?

 (注)ウメガイとは、幻の民「サンカ」のシンボル。サンカとは戦前までいた山の民あるいは放浪の民.。彼らが生活の道具としてある時は鉈、ある時は細工刀、また料理など万能に使っていた刀のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

有の全体と久しぶりの映画3連発

 ハイデッガーの「存在と時間」の難解さを理解するために、その後の講義録を読むのは娑婆での楽しみの一つだ。

  この有るもの[存在するもの]全体の知は、いまや、自らが本来的な端的な知であることを知る。それが知ろうとするものは、有るもの[存在するもの]の仕組み以外の何ものでもない。そして、この仕組みとはいまではもはや、対象として知に相対することはなく、知そのもののうちで生成する。このような自己自身への生成こそが、絶対的な有るもの[在存するもの〕である。

 ハイデッガーが未だに読み解かなければならない高峰の一つであることは、この「シェリング講義」の箇所を読めば、その深淵はブラックホールに引き込まれるが如し。さらに熟読玩味することは日常の間を縫って読み解く楽しみの一つだ。

 会社勤めの日常と体力の衰えに古典の読み直しや映画作品を観ることも。先日は仕事の憂さを晴らそうとレンタルDVDを借りてきた。友人のN君がイタリアのベルトルッチ監督の新作の試写に行くとメールを送ってきたので旧作を1本「リトル・ブッダ」(1993年)、「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」(1968年 山下耕作監督)、「なくもんか」(2009年 水田伸生監督)の3本。最近は借りてきた幾つかの作品を1週間かけても全部観られずに返すこともしばしば。ところが今回は3本を2日間で見終えた。先ず土曜日に「リトル・ブッダ」。公開されて以来ほとんど観る機会は何度かあっただろうが忘れていたカットも新鮮。ベルトリッチの語りの巧みさというものを改めて実感した。仏教の生まれ変わりの思想を頑なに継承するブータン仏教の詳細が映像と僧侶の説明を通して面白い。それはキリスト教国である米国で現代の世相とも絡ませた物語の展開がベルトルッチ節というものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

パッションとアパシー

 昨夜、テレビを観ていたらスペインのフラメンコ・レストランにフラメンコ好きの日本人タレントが参加するという趣向の番組をついつい見させられた。その若いタレントは有名らしいがアカショウビンは知らない。しかしスペインのプロの踊り手の踊りと音楽は実に刺激的だ。それは番組の意図を超えて久しぶりにスペイン舞踊と音楽のパッションというものに遭遇した思いだった。

 フラメンコを初めてナマで観聴きしたのは若い頃に転職し金にゆとりが出来た頃だった。新宿の伊勢丹会館にあった「エル・フラメンコ」という生演奏が観聴きできるレストランで学生時代の友人を誘い一緒に食事した。スペイン人風の風貌の共通の友人が、セビリアだかバルセロナで暫く暮したことがあるという話を聞いて、それでは一度ナマを見ようではないか、という動機もあったのかもしれない。それはナカナカの迫力だった。紅毛碧眼の西洋人だけでなく黒髪の男女が或る種の気取りと強烈なパッションを歌と踊りに集中する場は日常と非日常を現出させている場とでも言えるだろう。

 そのような記憶も想起させた番組だった。優れたフラメンコ・ダンサーの身体は人間という生き物が到達する境地と可能性の遥かさを垣間見させられる。それは仕事のマンネリの日常に倦み疲れて殆どアパシーに支配されかけているアカショウビンに禅の一喝のように刺激を与えた。きのうの朝の衛星放送では若い在日韓国人女性のギタリストのリサイタルを録画した放送の再放送をそれとなく見た。そのせいもあろうか、今朝はアンドレア・セゴビアの1930年代の録音を聴いてひととき心安らいだ。こうして書いているBGMはサッチモのヒット曲集のCDなのがアカショウビンの分裂症の発症事例なのかもしれないが。それに恐らくアルツハイマーも加わっていると思われる。このブログは、そのような病が昂じて周囲に迷惑をかける前に未だ正気の頃の思索を綴る目的もあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

1945年4月7日

 戦艦大和が米軍によって轟沈させられた日である。今朝の毎日新聞朝刊(10面)で記者がコラムを書いている。生き残りの乗員と2006年の秋、新聞社の飛行機で現場を訪れたという。乗員は、最初は取材を拒否したが、記者のたっての願いを受け入れ共に機内から海を臨み乗員は敬礼したと書いている。記者は特攻の生還者23人に取材し話を聞いた。「あんただけ生き残って」となじられた話も聞かされた。その乗員も昨年3月に86歳で亡くなられたという。

 記者は、「そう、遠くない将来、戦争体験者へのまとまった取材はできなくなるだろう。誰かが残さなければ『なかったことに』なってしまう記憶を、歴史に記録し続けたいと思う」と記事を締めくくっている。

 アカショウビンは学生の頃に吉田満氏の「戦艦大和の最期」を読み痛烈な刺激を受けた。艦長付きの若い吉田氏は戦闘状況を逐一記録した。そして沈没の直前、自らの身体を舵に括りつけ艦と沈む覚悟の操舵長に、私もご一緒させてください、と願うと操舵長は、おまえは生き延びろ、そしてこの戦いを報告せよ、と一喝される。奇跡的に吉田氏は生き残った。その記録は苛烈な戦闘報告書である。読む者は襟を正さざるをえない。

 青梅の疎開宅で、小林秀雄の仲介で吉田氏と会った吉川英治は、はらはらと涙を流し小林に出版の労を願ったと書かれた小林の文章はかつて読んだ。米軍の波状攻撃で嬲り殺しにあった大和乗員3332人の戦闘は吉田氏の筆で後世に残された。アカショウビンは戦後の吉田氏の著作も読み、先の大戦の或る戦闘状況に思いを馳せる。毎日の記事を読み、沖縄の現状と共に改めて沖縄戦の過酷も辿りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

三畸人酔談問答

若者 安倍首相は何がやりたいんすかね。憲法を変えて戦争ができる国にしてアメリカの属国から独立したいというんすか?でも、コイズミ、ハトヤマにしろアメリカに行けばシッポ巻いて結局はポチになってしまっているんじゃないすか。安倍さんも国会で答弁しているのを聞くとオツムはアホですよ。オレよりアホじゃないかと笑っちゃいますよ。

壮年 ハハハ、あんたよりオツムが悪いと、そりゃ、救いがたいね。しかし、そういう奴が国の首相というのが今の日本の現実だよ。オレなんかアホらしくて、酒飲んでアンタらと馬鹿話するしかないわけよ。それより、もっと飲め、飲め、青年。

若者 ありがとやんす。しかし、やってられねぇよな。きょうもバイトで引っ越しの仕事だったんすけど、こ汚ねぇマンションに小さな業界新聞が引っ越すわけですよ。ちょっと賢そうなオバサンがアレコレ指示するわけよ。それを年寄りの白髪のオッチャンがオレたちを見ながら腕組みしているんだけど、何考えているんだか、時々ためいきつくんだよな。

老人 そりゃ、仕事があるだけいいんじゃない。私などは仕事もなく、女房にも先立たれ、あはれな年金暮らしさ。酒飲むしか楽しみはないよ。それにしてもテレビでの国会中継見ているとハラワタが煮えくりかえるな。いっそ、テロリストになって議事堂に乗り込もうと思うよ。

若者 じゃ、いっそオレもお供しやしょうか。

老人 おめぇさんに、その根性はあるのかい?

若者 とっつぁん、オレをみくびっちゃぁ、いけねぇ。オレだって男だぜ。やるときはやるさ。

壮年 しかし、AKBだ、女子アナだと入れ込んでいるオメェにできるのかよ?

若者 そりゃ、違うぜオッチャン。それはそれ、これはこれだ。

老人 まぁ、まあ、あんたらも、もっと飲みなされ。福島の事を考えれば、こうして酒が飲めるだけ幸せというもんじゃ。老いさき短い私など此の世からオサラバしたあとの事が気がかりじゃ。しかし早くあの世に行ったほうが楽かもしれんな。

壮年 ご老人、いやいや、もっと此の世でやることは残っているのじゃありませんか?

若者 そうよ、とっつぁん、テロにオレもご一緒しますぜ。

老人 ふ~む、それでは、お言葉に従い作戦でも練りますか。

若者 そうこなっくちゃぁ、な、オッチャン。

壮年 おお、そうだ、そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

巫女の如き歌い手

 今朝の衛星放送で白井光子さん(以下、敬称は略させて頂く)の昨年のリサイタルを放送している。これは昨年たしか放送されたものかもしれない。見たようにも思うからだ。内容は1920年代から1970年代までの日本歌曲を歌いこんだものだ。ピアノ伴奏のハルトムート・ヘルの伴奏もきっちりしていて白井は自由に自在に美しい日本語で歌いあげるのが素晴らしい。幾つかの作品では元の詩が複雑な言葉で綴られたものが曲と上手く噛み合わないものもある。しかし日本語が明確に聞こえてくる作品は佳作となる。それはピアノの伴奏にもいえる。ヘルの伴奏は堅固なドイツ音楽の筋金入り。それに歳を重ね、まるで巫女のような風情を醸しだすような白井の声が自由に自在に歌い上げる。アカショウビンには奄美の唄者、朝崎郁恵の声が歌壷とでもいうように発される巫女の如きものなのだが西洋古典音楽に基礎をおく白井とヘルの演奏の間にも日本語を介してなかなか深い歌壷のような源を少し感得した。朝の貴重な時間を戴いた事を言祝ぎたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »