« 「東京物語」と「東京家族」 | トップページ | 変奏する »

2013年2月28日 (木)

訃報

 先週の土曜日の夕方、業界関係者の訃報のFAXが入り昨日、告別式で千葉へ。87歳だから大往生と思うが家族にとっては一日でも長生きしてほしいことだったろう。

 22日の午後には女優の光本幸子さんが亡くなられたことを新聞記事で知った。食道ガンで69歳とのことだ。先々日だったか、NHKテレビで放映している「山田洋次監督が選んだ100本の日本映画」の99本目を放送していた。「お日柄もよく ご愁傷さま」(1996年 和泉聖治監督)。現在、上映中の山田監督の「東京家族」で老夫婦役を演じている橋爪功氏と吉行和子さんが、そこでは中年の夫婦役を演じている。恐らく「お葬式」(1984年 伊丹十三監督)を意識していたのではないか。和泉作品は少し冗長気味。笑いも少し空振りな感じで、これが初主演作品という橋爪氏に対する和泉監督の演出がぬるいように思えた。作品の完成度では「お葬式」は日本映画史に残る秀作で、それと比較するのも酷な話だが。

 その放送が終了する前に案内役から次回の100本目が「男はつらいよ」の光本幸子さんが初代マドンナを演じた作品を山田監督が100本目に選んだことが知られた。山田監督も番組に登場する予定というから収録はどうなっているのだろう。追悼番組になると思われるが。光本さんご本人も残念なことで心からお悔やみ申し上げる。

 実は光本さんが脇役で出演された作品で、それに気づかず後で知った作品がある。山田監督の「隠し剣 鬼の爪」(2004年)である。アカショウビンは、この作品を山田洋次監督のベスト5に入れてもよい秀作と確信する。山田監督が時代劇に新たな世界を開いた何度観ても感嘆する作品だ。ここに光本さんが鬼のような女として出演しているのだ。「男は~」のヒロインの匂うような姿からすれば驚愕する役柄で、まさかとも思った。しかし、女優はそのような役柄もこなし芸域を広げ成熟していくものなのだろう。あれから出演されている映画も舞台も知らず突然の訃報を知った。これからの益々の成熟をスクリーンで観たかった。心から哀悼の意を表する。

|

« 「東京物語」と「東京家族」 | トップページ | 変奏する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/56859972

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:

« 「東京物語」と「東京家族」 | トップページ | 変奏する »