« 朝の愉楽 | トップページ | 命日 »

2013年1月22日 (火)

日帰り出張

 業界組合の新年会で山梨県の甲府市へ日帰り出張。曇天で、東京は降雪の予報が出ていたが新宿駅を出た朝の7時には未だ降っていない。先日から歯の治療で歯科医通いで出費は嵩む。貧困サラリーマンにはこたえる。しかしサラリーを頂き仕事で飯を食う日常は中世、近世の僧侶たちの布施で生きる生活からすれば気も紛れ身体にも良い効果があるのかもしれない。もちろん僧侶と言っても様々だ。近世の良寛は晩年の世捨て人のような生活から堕落した禅坊主を批判している。一方、無為徒食の我が身を自嘲する。

 良寛の詩を引き解釈する入矢義高氏の『増補 自己と超越』(岩波書店 2012年)が面白い。昨年読み直した水上勉の『沢庵』に通じる、禅に参じた優れた文章を残した者たちの生き方と論考はこちらの精神を励起させる。歯の治療や身体の不如意で我が身の老いを自覚する日常で心身を活性化させるには刺激的な書物と精神を賦活させる音楽と名人たちの噺は欠かせない。

|

« 朝の愉楽 | トップページ | 命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/56597403

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り出張:

« 朝の愉楽 | トップページ | 命日 »