« 映画三昧 | トップページ | 星めぐりの歌 »

2013年1月 4日 (金)

新年の言祝ぎ

  友人のIさんからの年賀状に「人生の総決算の地平に拡がっていたのは寒風ふきすさぶ不毛の大地でした」と書かれていた。そうであっても新しき年には私たちの限られた生命を吹き込み、新たな生きる力を得たいと思う。

 毎年、新年はウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートをテレビで観聴きしながら過ごすのがアカショウビンの年始の儀式の如きものだ。ところが今年は、3日まで飲んだくれ深夜映画を観て過ぎた。それで今朝の放送を観ている。昨年に続き、ジュリー・アンドリュースの姿が見えたのは悦ばしい限り。高校生の頃に『サウンド・オブ・ミュージック』を観て以来、アカショウビンのミューズの如き女性だ。

 先日は電器店でベルリン・フィルの映像を観て何やら機械的な演奏に辟易した。しかし、ウィーン・フィルの演奏と奏者の姿を観て心和み楽しませて頂いている。

 Iさん、そうであっても、不毛の大地に新たな種を植えて生命の力を芽吹かせたいものです。アカショウビンも余生の、残りどれくらいあるか知らぬ時を心して過ごしたいと思います。Iさんと共に新たな1年を余力を振り絞り踏み出したいと思います。

|

« 映画三昧 | トップページ | 星めぐりの歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/56465686

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の言祝ぎ:

« 映画三昧 | トップページ | 星めぐりの歌 »