« 米長邦雄永世棋聖追悼 | トップページ | 映画三昧 »

2012年12月27日 (木)

音楽とは何か?

 音楽とは何か?という問いは時にアカショウビンの中で忽然と湧き起こる。今朝もテレビでロシアの合唱団の映像と音に眼と耳を凝らすと、その問いが訪れた。それは、訪れた、というようなものであるのが実にいい加減なものである。しかし、それは日常的ではない。時に、それは威嚇のように、また恩寵のように訪れる。それは或る、聖なるもの、あるいは崇高なるものとは何か、という問いにも通底しているかもしれない。合唱団はロシア正教の文化・宗教風土の中で何かを声として発する。それは、言葉或いは語、を介するが、それは手段と解することもできる。手段とは恐らく正確ではない。しかし、人間という生き物は、そのように何かに達するためには言葉や語を介して達しようと足掻く生き物なのではないか。音楽というより声の力といったほうがよいかもしれない。しかし聴覚を介して人の精神を励起するものは下記のような経験も深く耳を傾けなければならない経験だ。或るブログからの無断転載だが引用は自由ということなので、敢えて失礼し掲載させて頂く。

 私は政治犯として13年半獄中にありました。
私が最初に投獄されたとき、私は六ヶ月間狭い独房に放り込まれました。そこでは一冊の本を読むことも許されませんでした。私は飢えて、そして孤独でした。
監獄にいていちばんつらかったことはそこに音楽がないことでした。けれども、やがて私はそこにも音楽があること知りました。夏になって、遠くに雨の気配がした時のことです。最初は埃の匂いがして、それから雨音が聞こえたのです。雨音は聞き耳を立てている私の耳元までしだいに近づいてきました。音はしだいに大きく、大きく、大きくなりました。そして突然雨が降り注ぎ始め、古い獄舎のトタン屋根を荒々しく叩き始めたのです。雨樋を流れ落ちる水音と鉄格子と鉄の扉をきしませる音が響き渡りました。次いで稲妻が空を切り裂き、少し遅れて雷鳴が轟き、この音楽の演奏をさらに劇的なものとしたのです。なんとみごとな音楽だったことでしょう!

 庭にも隅にも割れ目にもさまざまな種類の植物が繁茂していました。高いコンクリート壁の亀裂からさえ生命力あふれる野生の植物が生えてくるのです。植物たちにはその四季があります。春には、植物たちは目覚め、その緑の拳を突き上げます。夏には見事な花を誇らしげに咲かせます。秋には、子細に観察すれば、彼らが収穫に忙しい様子が見て取れるはずです。そして冬になると、その細く乾いた茎は、コンクリート壁のはるか上で、刺し通すような寒風にしっかりと耐えながら、春の到来を待つのです。
冬の監獄は恐ろしい寒さでした。そこにはストーブも、およそ暖房器具に類するものは何一つありませんでした。室温はほぼ外気温と同じでした。ですから、室内の器に水を張っておくと、翌朝にはそれが氷の塊になっているのです。凍えるような夜、私は冷え切って、ひとりぼっちでした。しかし、私の意識は鎮まり、深まり、五感はひりひりするほど鋭敏でした。私の息づかいは沈黙の祈りに似たものとなっていました。寒空に満月が浮かぶと、月光は独房の小さな窓を通して獄舎のうちに溢れかえり、反対側の壁に大海原の青い波を描き出します。私は起き上がり、つま先立ちになって庭の木々を眺めました。月光を浴びた木々は喜びと寒気で震えていました。私もそうでした。「やあ」と私は低い、静かな声で彼らに呼びかけました。「やあ」と彼らははずかしそうに身をよじって返答してくれました。そんなふうにして私たちは長い間、心を慰めるおしゃべりを交わしたのです。

 しかし、何と言うことでしょう!あの静けさは釈放されてから後、日々の生活の営みにまぎれているうちにかき消えてしまったのでした。

 ★結語に私たちは自らの経験に立ち返る。そうなのだ。私たちの経験とは、何か大切で決定的な体験、経験というものを、平凡な日常の中で忘れてしまうのだ。しかし、それを手掛かりに想い出し、再考し、愚考を重ねることはできる。恩寵としての音楽の彼方にあるもの。それは何か。ハイデガーは、それを、存在、と見做しているのだろうか。それは熟考しなければならない問いだ。

|

« 米長邦雄永世棋聖追悼 | トップページ | 映画三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/56402740

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽とは何か?:

« 米長邦雄永世棋聖追悼 | トップページ | 映画三昧 »