« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月28日 (水)

不満の残った映画作品

 N君から頂いたチケットで昨日、楽しみにしていた「北のカナリアたち」(2012年 阪本順治監督)を観てきた。平日の最後の上映は劇場の約5~6分の1というくらいのお客の入り。吉永小百合さんの主演というので小生も興味があった。最近の吉永さんのお姿は駅のポスターで散見させて頂いている。禅寺で瞑想されているお姿は天女か観音かという風情にいたく感銘。贔屓の監督の作品でのお姿を楽しみにしたのだった。

 しかし何か腑に落ちない。配給会社創立60周年の鳴り物入りの作品である。しかし、そんなことは作品の仕上がりには恐らく資金の問題でしかない。小生のような映画ファンにとって最重要なのは作品の仕上がりだけである。関心のある監督と女優の現在を知る好奇心は如何ともし難い。

  この作品は阪本版「二十四の瞳」(1954年 木下恵介監督)というところだろうか。女教師と教え子たちの姿は、そんな思いにも浸った。監督もそれは意識していただろう。キャメラは実に美しい。北海道の自然を見事に活写している。その中で生きる人間は何ともちっぽけなものだというような通俗的な言葉も思い起こされる。

 それはともかく、物語は謎解きのような構成で展開する。原作は人気作家のものらしい。忖度するに監督はそこに映像化を試みたい直感を看取したのだろう。配給会社も吉永小百合という女優の現在を有能な監督に撮らせてみたいという商業主義の魂胆がチラホラしたであろう。阪本監督にしろ、仕事としてそれはやってみる好奇心くらいはあっただろう。アカショウビンは前作の「大鹿村騒動記」には名作の仕上がりを感得した。それだけに楽しみにした。しかし脇の甘い大作という感想だった。

 それは原作にあるかどうか知らないが、エピソードの詰め込み過ぎと何のリアリティも感じられない主人公と愛人の恋愛譚の挿入に何ともガッカリしたからだ。男優陣は実につまらない。阪本組の常連の石橋蓮司も刺身のツマほどの扱いで不満だ。この名脇役をどう生かすかは作品の軽重を左右するくらいは監督もわかっている筈だ。ところが何とも陳腐な扱いになってしまった。しかし若手の演技派といってもよい女優達は好演している。途中まで観て、これは阪本監督の最高傑作なのではないか、と感服し最後で唖然とした「闇の中の子供たち」の破綻はなく、最後まで手堅くまとめた、とはいえる。アカショウビンも2ヶ所のシーンで思わず落涙したことを白状する。しかし、期待した作品として満腔の賛同は出来かねる仕上がりとして不満だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

三島文学の現在

 先の石原慎太郎氏の三島論に欠けているのは作品論である。仏教の輪廻転生説に裏打ちされた「豊饒の海」全4巻の終巻「天人五衰」は当時の国語学者から文体が死んでいると揶揄もされた。しかし全4巻は実に面白い物語として読んだ。あれから42年という時が経過し現在どのように評価されているか詳らかにしない。

 三島は本気で選挙に立候補しようと画策していたと石原氏は明かす。しかし三島由紀夫という小説家の場合、世間が見る本気は仮面の姿でもある。剣道にしろボクシングにしろ三島の運動神経の鈍さを石原氏は嗤う。深沢七郎氏の「あの人はお坊ちゃんだった」という揶揄も援用する。しかし4巻の長篇の中に考え抜いた世界を一人の人間として三島由紀夫という小説家は起承転結をつけた。その努力と熱中は異様として滑稽として世間には見えたとしても、左翼の論客たちが揶揄したように果たして多くの人々を白けさせただけであろうか。

 石原氏の三島論はドナルド・キーン氏の感想も引いて〝思想書〟としての「太陽と鉄」を論い、小説や戯曲の作品論に及ばない。それはまた政治の世界に埋没した小説家として場を弁えたとも思える。アカショウビンには42年の経過であまた世に出た小説の中で「豊饒の海」4巻の評価が興味あるところだが、若い読者にはどのように位置づけられているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

鮮やかな対比

 『三島由紀夫の日蝕』(新潮社 1991年 3月10日)で表題の論考は1990年(平成2年)、新潮12月号に掲載された。石原慎太郎氏によれば、20年という時間が経過して、「作品がただ作品として読まれ得る、文学作品にとって当たり前の、しかし三島氏の作品たちにとっては幸せともいえる状況がようやく到来したということに違いない」ということになる。三島文学が正当に理解されるためには20年という時間が必要だったというわけである。それもこれもあの死に至る奇矯と揶揄もされた晩年の行動が記憶の彼方に去った頃にようやく、作品群が文学作品として若い人たちに読まれるようになった状況を新潮社の編集者たちが、友人として後輩として三島と親しかった石原氏に一文を依頼したのかもしれない。

 この表題の論考と三つの対談を一読して当時の多くの読者が感じたであろう晩年の言動と論考への違和感から多くの識者に奇矯と冷笑された三島への愛憎が赤裸々に書かれていることに、あの事件が齎した驚愕と不可解に未だに囚われているアカショウビンには真相に近づく論考として興味深かったのである。それは先にも書いたようにアカショウビンは政治家としても小説家としてもこの人には殆ど評価するほどの関心がなかったにも係らず、この書物に収められている論考と対談は一人の小説家の45年の生涯の何たるかを明らかにする一書として水先案内の役割を果たす一書だと思うからだ。

 この書には一人の「天才」作家への石原氏のアンビバレントが赤裸に現れている。多少の時期を違えて世に出た若い作家として石原氏は自分を評価してくれた先輩作家を敬愛し同業者として当時の文壇で作品を書き一人の〝異邦人〟として生息していた。この論考と3つの対談を読めば文学的素養、論理的思考は月とスッポンの違いがある。三島の石原氏評価は、その格差と距離への三島独自の直感によるものと思われる。自分より少し年下の背が高くスポーツマンの、世間からもて囃される兄弟の何たるかを三島は戦後を苦々しく生きる者として、その本質を一瞬の内に見抜いたのかもしれない。三島の天才というのは、作家としてのそれよりもその直感の鋭さにあるとアカショウビンには思われる。その天才性への石原氏の嫉妬と敬愛が、この論考と3つの対談には溢れている。それは見方によれば証文の出し遅れとして不当であるだろうし、或る見方からすれば畸人としても評価されるべき人物として実に興味深いのである。

 所収の、昭和44年の最後の「月刊ペン」誌上での対談では自裁に至る三島の奇矯というより覚悟が読み取られる。対談の主題は「守るべきものの価値」である。石原氏は〝自由〟と言い、三島は天皇に象徴される日本文化の粋である。この鮮やかな対比と構造は現在まで政治状況と此の国の文化状況に受け継がれ、三島の石原氏とは隔絶した学問的教養と文学的直感は石原氏が書くように20年という時間を要したと思われる。三島の早死にと石原氏の現在の言説は二人の小説家が辿る鮮やかな対比としてアカショウビンには実に興味深いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

三島由紀夫論を面白く読む

 先日、出張で長野市を訪れた。仕事の最中に、たまたま県庁へ行く用事があった。用事は10階だったが1階で図書館の用済みになった本を無料で処分している。ざっと見ると興味深い2冊を頂いた。「三島由紀夫の日蝕」(石原慎太郎著 1991年3月15日 新潮社)と「崩れ」(幸田 文著 1991年10月21日 講談社)。二つとも特に手垢で汚れているのでもない。これは出張の役得と、先ず前者から読み出したら実に面白い。アカショウビンは政治家と小説家としての石原氏に何の興味もないが、1990年に月刊誌に掲載された表題の三島論は実に興味深い。若き頃に小説家としてデビューし、私生活でも気軽に付き合い文芸誌で対談などもした人の三島論として面白い。

 表題の論考の他に、昭和31年・昭和39年・昭和44年の対談が収められている。〝憂国忌〟も近い。読み終えたら、感想も記したい。途中まで読んだところでの感想は、石原という、かつてあった文壇という〝部落〟に〝異邦人〟として舞い込んだ人の当惑と好奇心の言説が、回想と20年という時間を経た〝思想〟として表明されているのが面白い。それは好き先輩であり友人でもあり、その後の異なる生き方を余儀なくされた人への敬愛と立脚点の違いを、より鮮明に自覚する論考である。今から22年前、三島の死から20年も経って証文の出し遅れのような三島論をなぜ書いたのか。そこには三島という天才で畸人と言ってもよい同業者への敬愛と不可解が〝異邦人〟らしく表出されているところが興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

水俣の現在

 NHKで水俣病と生涯関わった原田正純医師のドキュメンタリー番組を見た。この数年、石牟礼道子さんを追ったNHKのドキュメンタリー番組で水俣病の患者さんたちの現在を見て「苦海浄土」を読み直したり、渡辺京二氏の著作で改めて水俣病への関心が憤りと共に間欠泉のように噴き上げる。ユージン・スミス氏の写真集で見た坂本しのぶさんの姿は繰り返し見て此の世に地獄は存在している事を伝えている。そのしのぶさんの56歳の現在を番組で見られた。彼女を含めた生存している患者さんたちの生は此の世の苦を痛烈に我々に突きつける。此の世とは何か?生老病死という人間の生きる段階を通じて抜苦与楽と説く釈迦の教えは彼らや彼女たちに、どのように響き、救いが与えられるのか?それは仏教哲学を超えて同時代を生きる我々に突きつけられている根本的な問いである。

 一人の医師と患者の交流の姿は医師が肝に銘ずる光景だ。原田医師は水俣の「事件」は100年たっても終わらないと断じて医師志望の若者たちに「水俣学」の継承を説く。その言葉の重みと提言には我々一人一人が向き合わなければならない。南米のアマゾン流域での水銀中毒は水俣病が日本の一地域だけの事件ではないことを明かし衝撃的だ。それは原田医師が言う医学だけの問題ではなく権力や国家と結びついた社会問題として扱わなければ全貌は捉えられない。今やパーキンソン病を患う石牟礼道子さんの姿と作品と共に原田医師の言説と行動は後に続く我々が継承しなければならない根本的な問いを突きつけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

我々が放り込まれている世界の現在と将来・未来

 先日、昨年の1月に32歳の若さで亡くなった、社の同僚だった女性の納骨に参加させて頂いた。お母さんの父親の立派な墓だった。様々な事情があったのだろう。一年以上お母さんは娘の骨と同居していたことになる。アカショウビンとて同じだった。大阪で逝った母親の納骨を都下で済ませられたのは一年以上たった昨年だった。他の動物はしらないが、ヒトという生き物は死を覚悟する生き物であり、そこから今のところ此の惑星で生き長らえている生物だ。半世紀以上生きて肉体の衰えと物忘れなどで脳細胞の衰滅を意識すると若い頃とは異なる様々な事情が生じてくる。老いとは衰弱であるが貯えた経験を智慧を駆使して生き残る工夫でもある。それが病のために不可能になる事態も生ずる。現在の医療と生涯年数から見れば32歳の生涯は短い。しかし、死を覚悟する生き物という生き物であるヒトが他の動植物と異なる生き物とするなら、何らかの充実と達成感がそこに有る可能性もあるのではないかとも推察される。それは、また改めて思索・考察してみよう。

 とりあえず、現在の我々が生きている世界がどういう現状なのかを世相と現実から愚考を継続すると以下の問題は無視できない。少し縁ある方のブログからの無断転載であることをお断りする。(以下、引用と引用者のコメントに★でアカショウビンのコメントを述べる。

 >福島の原発事故が起きる12年前の1989年2月、吉本隆明は「試行」において原発問題について4つの層で検討している。

 1つ目jは「安全性の層」。
 吉本は技術者が技術者として議論している大前研一の『加算混合の発想』を引く形で安全性についてコメントしている。

 おれは少しも原発促進派ではない。だが原発を廃棄せよと主張するような根拠はどこにもない。ソ連原発事故のようなものは確率論的にはあと半世紀は起らない。半世紀も人命にかかわる事故が起こらない装置などほかにないし、航空機や乗用車事故よりも危険が多いとも思わない。大衆や婦女子の恐怖心に訴えるソフト・テロなど粉砕すべきだし、改廃を論議し市民の運動としたいなら大衆の理性と知性に訴えられなければ、そんなもの反動にすぎないのだ。

  >そしてこう結論している。

 (1)の安全性について賛否をいえば、おれなら反原発運動に反対、原発促進にも積極的に同意する根拠と立場をもたない。だからといって原発促進に直ぐに賛成ということにはならない。それは一般大衆の場所と政府や原子力公団の場所との距離の遠さを無視することになるからだ。

  >2つ目は「地域・経済・利害的な層」。これは工事を請け負った土建業、公団の利益と地域住民の危険感とを照らして、「おれならば、『反原発』ないし『地域管理原発』を主張したいのはこの問題の層だけだ」としている。

 >3つ目は「科学技術的な層」。これについては、「原発の科学技術的な安全性の課題を解決するのもまた科学技術だ」ということから、「おれは科学技術的な層の問題として原子力発電(所)が存在することに賛成だ」とする。

 >4つ目は、「文明史的な層」。文明史の到達点としての原発を否定するのは、いいかえれば焼石や水片マサツ、風車や水車から蒸気機関というようなエネルギー獲得の手段として原子力発電(所)をみたばあい、これに反対するのは人類の文明史にたいする蒙昧と反動だ」として、「疑問の余地はない」としている。

  ★このような言説にも近著で吉本を揶揄した辺見 庸は「横丁の物知り爺さん」的論説を読み込むのだろうか?それはともかく、人類が背負う文明史的射程の根拠を吉本は問うている。それにどう回答するのかを我々は問われているのだ。それは耄碌爺さんの戯言ではない。

 >3つ目は「科学技術的な層」。これについては、「原発の科学技術的な安全性の課題を解決するのもまた科学技術だ」ということから、「おれは科学技術的な層の問題として原子力発電(所)が存在することに賛成だ」とする。

 ★この「科学技術的な層」の行く末と現在の判断が問われている。それは西洋近代の知の行方が問われていることでもある。

 >4つ目は、「文明史的な層」。文明史の到達点としての原発を否定するのは、いいかえれば焼石や水片マサツ、風車や水車から蒸気機関というようなエネルギー獲得の手段として原子力発電(所)をみたばあい、これに反対するのは人類の文明史にたいする蒙昧と反動だ」として、「疑問の余地はない」としている。

 ★「反動」というのが政治的言説を介して事の本質を表現しようとする吉本らしいところだ。しかし、それはハイデガーが戦後に再登場して以来の言説・論説を再考しなければ此の惑星で生じている事の本質に達することはできないとアカショウビンは考える。それは大風呂敷を広げているように思われるかもしれない。しかし、それはそうでもない。更に愚考を巡らし言葉を費やしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »