« 出張日記 | トップページ | 労働とは何か »

2012年7月27日 (金)

ドルチェ ― 優しく

 先日、ネットを遊弋していて衝動的にロシアのアンドレイ・ソクーロフ監督の「ドルチェ‐優しく」(2000年)を見たくなり監督と出演者の島尾ミホさん、詩人の吉増剛造氏との鼎談や、撮影日記、ミホさんの作品も収められている書籍(2001年 岩波書店)と共に注文し購入した。それは、監督の最新作「ファウスト」が上映されている情報を知り、この監督の未見の旧作を見なければならない、という衝動に駆られたからである。なぜなら、この監督が何ゆえアカショウビンの故郷の高名な小説家夫人の映像を撮る理由が知りたかったのだ。

 監督は島尾ミホさんの語りに耳傾け、キャメラを回す。島尾敏雄が亡くなり、ミホさんは喪服を着続けているという報道はマスコミに書かれた文章で管見していた。「島ノ唄」(伊藤憲監督)で初めてミホさんの姿を拝見した。それで初めて奄美では蝶のことをハベラ、アヤハベラと呼ぶことを知ったのである。小学5年の頃にアカショウビンは憑かれたように蝶採集に全身全霊を集中した。その頃が人生の頂点だと言ってもよいことは何度か書いた。

 かつて信長は人生50年、と戦の前に覚悟し舞った。戦へ臨む感慨とアカショウビンの昨今の日常のマンネリは対照的だ。しかし、そこには人間という生き物の不可思議が明滅している。人間半世紀も生きれば何事かを了知する。それは自らの死を覚悟しなければならないというものであろう。島尾家の愛憎はそれを伝えて余りある。

 鷗外の「妄想」という短編には50歳を過ぎて人生の晩年を意識して過去とやがて来る死を覚悟する男の感慨が吐露されている。それから数年後に「なかじきり」を書いて鷗外は人生の起承転結を簡潔にまとめた。そこに明治人の気骨というものを看取する。

 フェリーニの「甘い生活」の原題はドルチェ・ヴィータである。イタリア語のドルチェを、甘い、と訳すのはドルチェといいうイタリア語に込められた全容を網羅している筈もない。しかし「ドルチェ~」には、その何かという本質の幻と真理らしきものが陽炎のように揺らめいている。「死の棘」の作者が経験し文章に綴った日常の棘を監督は執拗に探求したのであろう。しかし、そこでもまた真実と真理は夢幻の如く明滅しているだけではないのか?

|

« 出張日記 | トップページ | 労働とは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/55289308

この記事へのトラックバック一覧です: ドルチェ ― 優しく:

« 出張日記 | トップページ | 労働とは何か »