« 神舟と囲碁 | トップページ | 紫陽花 »

2012年6月24日 (日)

再現することの虚しさ

  そこには1960年代後半から1970年代の熱狂の中で生きた自分と一人の小説家の禍々しい死を辿り再現することで新たな衝撃を世の中に突きつけようとする狙いがあったかもしれない。しかし、その意図は何とも虚しい映像として定着される愚行に終わったというのが作品を観ての感想のようなものである。

 「11、25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」(若松孝二監督)を観てきたが期待は裏切られたというのが正直な気持ちだ。監督は当時の文献や資料を読み漁り「事件」を忠実に再現しようと試みただろう。しかし、そこで何が表現されたか?恐らく三島や若者たちが生きたであろう生と死の時間と瞬間に拒絶されるだろう「再現」の虚しさを映像に残しただけの徒労でしかなかったと幻滅するしかなかった。それは「事件」の真実とされるものがあるとするなら、それに肉薄しようとすればするほど、その真実は陽炎のように揺らぎ掴まえることができないものとしてゆらめいている、といった風情だ。

 前作の「キャタピラー」や連合赤軍を題材にした作品は実に刺激的だった。老境に至った監督が先の大戦への違和や告発と世間を驚かした「事件」に肉薄する姿勢と執念の如きものが熱く伝わってきたからだ。しかし本作はどうだろう。映像的に言えば空間の広がりがない。空間は矮小化されているとしか思えない。三島が生き、幻滅し、死に至る過程と時代の姿は、作品の中でフラッシュバックされる実写映像を挟んで捉えきれるものではないことを若松監督とスタッフは痛感しなかったのだろうか?三島の周辺の若者たちや三島を誰が演じきれると監督は考えたのだろう?それは再現することの徒労と愚劣でしかないことにキャメラを回し演出する時に監督は虚しくならなかったのだろうか?

 三島が自裁する前に声を枯らした演説の姿と声を監督と役者は再現する。また割腹のシーンも。しかし、何と虚しい、それは映像だろう。

 たまたま、あの「事件」を後年振りかえったエッセイを読んだので、失礼ながら引用させて頂く。

 三島が自決の数ヵ月前に『サンケイ新聞』に書いたという一文を読むと、彼の死が倫理にも、ある種の甘美さにも関係ないことがよくわかる。もう生きられないとこの文は言っているのだ。戦後二十五年間、鼻をつまんで生きて来たが、もういやだと言っている。当時の私は自分なりに、戦後という時代に深い疑いをもつようにはなっていたものの、三島ほどの同時代への切迫した違和を覚えていたわけではない。むしろ、同時代への違和に苦しめられるようになったのは、彼が死んでからのちの四十年間である。

 (中略)

 では、彼は何に対してついに鼻をつまみきれなかったのか。戦後民主主義の偽善と言ったって、どうしてそれが、死なねばならぬほど耐えがたかったのかわからない。むろん、彼の著作をひっくり返せば、そんなことは書いてあるはずだ。だがいまは、「無機的な、からっぽな、、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済大国」という、彼が描いてみせたこの国の未来像だけで十分である。私自身、彼の自決の当時、そういう日本の未来図を予感していて、生きがたいおそれを感じていたからだ。

 (後略)

 これは渡辺京二氏が2010年11月号の「正論」に書いた文章の抜粋である。「未踏の野を過ぎて」(弦書房 2011年11月25日 p35~ p38 )に収められている。この短文のほうが2時間足らずの映像が発信する何物かより何やら腑に落ちる思索と考察の奥行きを伝えている。

|

« 神舟と囲碁 | トップページ | 紫陽花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/55040770

この記事へのトラックバック一覧です: 再現することの虚しさ:

« 神舟と囲碁 | トップページ | 紫陽花 »