« 滅亡と幻について | トップページ | 訃報と楽恩 »

2012年5月20日 (日)

歴史あるいは悪について

 辺見 庸(以下、敬称は略させて頂く)の近著を読み、吉本隆明・小川国夫の対談を読み、そこに共通する主題の如きものを掬い取ってみるとすれば、悪とは何か?という問いが提出できる。故郷の大地が大津波に根こそぎにされ、自然の猛威に呆然と立ちつくすしかない作家の思索と、オウム真理教と麻原彰晃について吉本、小川、辺見はそれぞれの立場で鮮やかな相違を呈している。吉本は戦中派として、辺見にとっては呆然とするしかない昭和天皇、麻原評価を述べる。「ぼくにとっての絶対的なものは、ひとつは戦時中の天皇であって、その後、戦後民主主義の中ではひとつもなくて、二度目に現れたのがオウムだったんです」と。辺見は吉本の言うところに唖然としながらも「「その無防備さをぼくはかえってちょっと好感した気がする」と述べる。そこに共通するのは善と悪という論点で、行動する人間への凝視と考察の極北とでもいう思索の到達する領域の不可思議さとでも言えようか。

 吉本は無神論者として親鸞の思想を通じて悪という概念を思索する。それは洋の東西で共通する主題でもある。ハイデガーは親鸞の思想に鋭敏に反応する。それは恐らくカール・バルトの聖書読解を介している。バルトの親鸞評をハイデガーは読んで親鸞の悪人正機という思索と仏教思想に対決する契機を見い出したに違いない。それはシェリングの悪の形而上学を思索する過程に親鸞が既に根底的な思索をしていた事に対する驚愕と敬意として今に伝えられていることは先のブログでも書いた。

 辺見が大震災後の故郷に立ちつくし思索する思考とボードリヤール、ル・クレジオの思索は吉本の晩年の思索に大きな不協和音となって辺見には受け取られ拒絶される。その詳細は追求しなければならない。その主題とも成り得るのは人間が継続してきた<知>とは何か?という問いにもなるだろう。辺見 が蛇蝎の如く嫌悪するニッポン国の歴史は辺見が唾棄するように世界の中で際立って異質なものとしてあまりにも性急で西洋的な思想基盤で否定されているのではないか?という疑念が湧き起こるからだ。

 「個人」という際立って西洋的な概念に辺見は依拠して泰淳が生み出した海綿状のニッポンという国の異様さを忌み嫌う。そこに文学的な想像力の飛躍は面白くても、それでニッポンの歴史と日本人の全てを否定することは出来ないくらい辺見が理解していない筈もない。しかし辺見は、まるで悪役に徹する覚悟を吐露し、詩人として、物書きとして現実のニッポンを介してその歴史的世界にも否定的言辞を紡ぎ続けるのだ。

 その衝撃度は際立つ。大震災後、原発事故後の凡百の論説を罵倒し辺見は左翼的な立場を鮮明にする。それは陳腐な構図とも言える。しかしその視野はニッポンを介して世界の現状と未来にも及ぼうと意図するものである。そこで吉本の原発支持の根底にある原子物理学という知の本質が問われなければならないだろう。吉本は恐らく科学的知として展開、発展し到達した現在と未来を楽観している。そこに辺見は観念論ではなく現場の状況と現実から違和を発するのだ。昭和天皇、麻原彰晃、原発支持にしろ、吉本の論説と言説は多くのマスコミはじめインテリたちの凡百からは隔絶した出色のものである。

 吉本の晩年は辺見が呆れるようにボケ老人の戯言ではないと思われる。そこには辺見のこの数年の著作に通底する怒りと憤りが生涯を通じて吉本の思索の根底には失われてはいないと思うのだがどうだろう。晩年の吉本は右翼からも左翼からもお笑い芸人たちからもいいように「使いまわされた」と辺見は歎くが果たしてそれはそれほど安直なものなのか?辺見の対話の相手のキリヤットが「かれ(吉本)の罪の功罪の大半は、原発肯定論だけやない。きみ(辺見)のいう全般的肯定的思惟の肯定だった気がするな。ニッポンはヨシモトを未消化のまま食って、未消化のまんま排泄したんやないの?なんやただ空しく消費したような気がする」(「死と滅亡のパンセ」p48)という話も実に興味深いではないか。

 そこで改めて考えてみたいのは、歴史とは何か?という問いである。「歴史とは過去と現在の対話である」と定義したのはE・H・カーである。その定義には「歴史とは、一方の人間が他方の人間に対して精神と力のいわゆる優先権を持とうとする試みであり、法と自由のイデオロギーによって偽善的に覆われた生存競争であり、厳粛さと空虚さとを賭けて互いに競い合う新旧の人間の義の浮き沈みである。神の裁きは歴史の終極である」(「ローマ書講解」[上] 2001年 平凡社ライブラリー p160)とするカール・バルトの定義を対置させて考察しなければならない。

|

« 滅亡と幻について | トップページ | 訃報と楽恩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/54753640

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史あるいは悪について:

« 滅亡と幻について | トップページ | 訃報と楽恩 »