« 歴史あるいは悪について | トップページ | 世に棲む不安 »

2012年5月29日 (火)

訃報と楽恩

 D・フィッシャー-ディスカウと吉田秀和氏(以下、敬称は略させて頂く)が相次いで亡くなられた。いずれもアカショウビンには楽恩ある方であった。楽恩とはアカショウビンの造語だが、音楽の崇高や楽しさを教えてくれたことに、直接の師弟関係ではなくとも、そのように言葉にするしかないことはご理解頂けるだろう。D・フィッシャー-ディスカウからはシューベルトやシューマンの歌曲の深さと美しさを教えて頂いたし、吉田の批評は音楽の世界のみならず絵画や文学的にも先輩格の小林秀雄の仕事に匹敵する領域に踏み込んだものとして繰り返し読むに値する。このブログで何度か書いたエリー・ナイ評価についても吉田の批評は刺激となった。

 D・フィッシャー-ディスカウをレコードで繰り返し聴いたのはシューベルトの「冬の旅」と「水車小屋の娘」だった。先日、CDショップでD・フィッシャー-ディスカウがEMIレーベルに録音した10枚組みを購入し改めて偉大な歌手の録音を繰り返し聴いている。それはドイツ・リートの孤高とも思える高みに達した境地と言っても差し支えないだろう。先に逝ったエルンスト・ヘフリガーと共に繰り返し聴くべき声である。ご両人ともご長寿でなによりだった。

 吉田については先のエリー・ナイ評やフルトヴェングラーに関する批評が宇野功芳氏と共にドイツ古典音楽を聴くうえで貴重な水先案内人だった。その批評は豊かな音楽知識から分析する、それまでの印象批評を超える新たな世界を切り開いたことは改めていうまでもない。その文体については好悪の分かれるところだろうが緻密な分析力を超える批評家が果たしてこれから出てくるのかどうか。それにしてもアカショウビンにとっては洋の東西で楽恩ある方を失ったことは残念であるがCDや文章で繰り返し教わり直すことができる。アカショウビンにとって西洋音楽だけでなく音楽は此の世に生きる楽しみである。それを教えて頂いたことに心から感謝しご冥福を祈りたい。

|

« 歴史あるいは悪について | トップページ | 世に棲む不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/54825139

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報と楽恩:

« 歴史あるいは悪について | トップページ | 世に棲む不安 »