« TPPを考察する | トップページ | 憤怒と痛憤 »

2011年11月19日 (土)

ブータン シボリ アゲハ

 10月下旬頃に新聞報道で70数年前に英国の調査隊が発見した蝶を日本の調査隊が再発見したという記事を見て心がときめいた。それからしばらくしてNHKテレビでドキュメンタリー番組で幻の蝶というタイトルで映像を見た。日本の撮影クルーがブータンに入ったのは8月だから、その時点で既に蝶の確認は出来ていた筈だ。ところが新聞報道は10月に初めて確認されたかの如き報道だった。それは何かの事情があったのだろう。よくあるマスコミ報道のいかがわしさの如きもので、それはそれで追求する必要を感じるが、ここではさておく。

 もちろん、これはブータン国王夫妻の来日報道などとも殆ど関係ない。アカショウビンの少年の頃の心のときめきが蝶の動きや姿を見ることで中年を過ぎ日々の労働に酷使されるなかで久しぶりに記憶を手繰り寄せる衝動に駆られたに過ぎない。

 その蝶の動きは何とも遅く、危険から逃れるという生物の本能に鈍感ないらだたしさを覚えたのは正直なところである。喩えて言えば、我が国の王朝時代の宮廷貴族たちが民百姓の生きるための辛苦をよそに色恋や芸事にかまけていた姿を妄想したと言ってもよい。それは優雅という言葉で形容してもよかったからだ。研究者や愛好家たちに捕獲され殺されることを知らずに舞う姿は、いじらしくも哀れだ。

 奄美では蝶のことをハベラ、アヤハベラと言い神の化身と見做していたということは島尾ミホさんの語りで初めて知ったことである。ミホさんが亡くなる前の映像作品の事はかつて書いた。であれば、少年の頃のアカショウビンは神をひたすら追うことにひと時の熱情を捧げていたということになる。

 ブータン シボリ アゲハの姿は奄美の蝶の姿を久しぶりに想い起こさせた。蝶採集に夢中になっていた頃にアカボシゴマダラという本土には恐らく棲息しない南方型の蝶が群生し乱舞する姿が明滅する。その赤色はブータンの蝶の赤より濃く鮮烈だった。動きは同じように無垢とも言えるものだった。そのうち何頭かを捕獲した筈だ。蛇足だが蝶は匹でなく頭で数える。パラフィン紙に包み三角缶という箱に収めるまで蝶の腹を指で押さえ圧殺する。その感触に生き物を殺す後ろめたさは多少あったかもしれない。しかし教師は蝶はそのように殺すものだと教えた。小学校を卒業し中学生になると勉強も忙しくなり蝶採集で山に入ることもなくなった。採集した蝶を展示する箱も土に埋め生き物を殺したことを悔いた。生き物を殺すことを教師から教えられた事とは異なる疑いを持つようになったからだ。子供心は変化し良心とか倫理感も目覚めてくる。人という生き物も蝶や植物のような生き物と形は違えど同じようなものではないか、という思考は未だに継続しているがそれほど明確にはなっていない。

 

|

« TPPを考察する | トップページ | 憤怒と痛憤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/53279072

この記事へのトラックバック一覧です: ブータン シボリ アゲハ:

« TPPを考察する | トップページ | 憤怒と痛憤 »