« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

追悼と回想

 仕事先で見た夕方のテレビ報道で北 杜夫(以下、敬称は略させて頂く)が亡くなられたことを知った。それほど熱心な読者でもなかったが中学1年の時に読んだのが「船乗りクプクプの冒険」だった。読んだ理由が何だったか思い出さない。氏が昆虫採集好きだったということがあったかもしれない。アカショウビンは小学校の時の将来の夢が昆虫学者だった。ファーブル昆虫記は夢中になって読んだ。小学生には少し難しそうな単行本の全集だった。そこで将来の夢はファーブルのように昆虫の研究をして生きたかったのだ。昆虫といってもアカショウビンの場合は蝶一辺倒だったが。小学校5年と6年の頃は蝶採集に本当に人生を賭けて(笑)いたのだ。奄美が終焉の地になった画家・ 田中一村が棲んでいた場所は蝶採集の通過地点でもあった。そこはハンセン病の療養所があり地元の人々からは忌避されていた。採集仲間とはそんな話もしながら近くを通ったのだろう。画家が、そのような場所の近くに棲んだのは恐らく家賃が安いという理由かもしれないが他に理由があったのかもしれない。

 ところが中学入学の祝いに父にねだって天体望遠鏡を買ってもらい、6㎝の対物レンズの向こうに月と木星のガリレオ衛星、土星(そのころ土星の輪は消える年だったが)を見た時に将来の夢は昆虫学者から天文学者に宗旨替えした(笑)。中学生になると小学生の頃とは読む本も違ってくる。「船乗り~」は他愛もない作品だったけれども作者の父親は偉い文学者だ、などという知識を仕入れてくると茂吉の短歌なども読み出す。中学2年の時は東京の大学を卒業して教師に成り立ての国語が専門の担任のU先生の影響で生意気にもスタンダールなども読み出した。近くの図書館には島尾敏雄がいた。中学3年の担任も国語が専門のM先生で授業の時によく島尾の話をした。どんな人なのか興味もあり図書館に通い、その姿も垣間見た。何やら風采のあがらない普通のオジサンだな、というのが生意気な中学生の感想だった(笑)。天文学の本や物理学の初歩や小説の類もそこで借りてアレコレ読み出した。以来、北(以下、敬称は略させて頂く)という作家は気になる存在だったが父親の茂吉や友人の遠藤周作の作品のほうに興味は移り主要作品はいくつも読んでいない。

 その後、面白く読んだのはずいぶん後で、埴谷雄高との対談本だった。これは実に面白かった。埴谷は高校生の頃から読み出していて最も関心のある作家の一人だった。難解で知られる「死霊」は月刊誌に掲載されるのが楽しみだった。埴谷と北では作風があまりにも違いすぎて対談は水と油の違いのようなもので、どんな対談になったのか興味深々で読んだが実に面白かった。北も躁状態の時だったろうから埴谷の饒舌に負けず劣らず対抗したのだろう。埴谷は晩年まで「死霊」の完成に腐心していた。井上光晴を追った原 一男の「全身小説家」に出てきた埴谷の風貌と語りは面白く見た。独特の甲高い声で井上らと談じていた。埴谷は晩年まで饒舌で大往生のように聞いた。北は躁鬱が持病だったからどうだったか。しかし聞けば晩年までに茂吉の生涯を辿った著作も完成させたらしい。それなりに人生を完結させる仕事はやり遂げての一生だったのではなかろうか。

 というわけで追悼するというほどのご縁があるわけでもない。しかし中学生の頃に書物の世界に分け入るきっかけを頂いた恩義を感じて追悼させて頂くのである。84歳とはご長寿で何よりと思う。今やあの世で埴谷と妄想対談の続きを、遠藤に誘われてオペラの一曲でも、父茂吉と万葉集を改めて読みあっているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

なぶり殺し

 新聞報道ではカダフィの殺害を「処刑」と伝えた報道も見たが果たしてそうなのか。処刑とは通常は組織された政治集団か国家がするものだ。そこには虚礼とはいえ殺され往く者に対する礼儀と作法がある。垣間見たテレビ映像で、それがあったとは思えない。頭蓋に銃弾を打ち込む殺しかた、殺されかたは果たして関わりあった人々の総意を代表しているだろうか。そのようなことがあるわけがない。しかし総意として人は殺し殺されるしかない、という判断があり得る。我が国を含めて幾つかの国家は死刑制度を認めているからだ。では日本人という国民の全てがそうかというと勿論そうではない。アカショウビンは死刑という国民の総意で国家が殺害を代行するという制度の嘘と擬制を認めない。

 まだイラクはサダム・フセインを裁判にかけて殺した。かつて米国はじめ連合国は我が国やドイツの戦争遂行者たちを仮初めにも「法」のもとに殺害した。現在はその国の多くが死刑制度を廃止している。それは中国や日本より歴史を経て野蛮を乗り越えたということである。

 総じて言えば人間は生き物の中で巧妙に生き延びて地球と呼ばれる太陽系の一つの惑星のなかで変化している生き物である。しかしその実態の或る側面は用意周到のようで愚かでたまたま棲息しているにすぎない生き物なのではないか。しかし、それさえも短見で彼の国の人たちが信ずるように造物主がおわしまし或る段階に導かれ辿り着くのかもしれない。

 来月は憂国忌である。一人の小説家が仮初めにも「古式」とでも言える作法に則り自死した歴史的事実を想起する日だ。まだ小説家は潔かった。国の現状に違和を示し自らの命を賭けたのだから。しかし国家という愚劣と人間という未熟は未だに醜態が絶えない。

 マスコミ報道は事実の一部しか伝えない。では真実はあるのか。事実とは何か。カダフィ殺害は恐らく正確には「なぶり殺し」である。激情という感情が同類を殺す。それを「大義」とも「正義」とも称す概念で人間達を支配、導こうという国家がある。それは愚想と妄想であるかもしれないが微かに崇高という反対概念が明滅する。それは錯覚なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

事実と隠蔽

 早朝のラジオでカダフィが殺害されたようだ、とのアナウンスを聞いた。毎日新聞の見出しは「カダフィ大佐死亡」である。或る事実が文字として記述される時に位相が変換される。そこには或る意図が隠されている。それは醜悪な事実に対する修整であり修正である。そのいかがわしさはマスコミという一つの権力が<国家>と酷似する瞬間だ。正義や公正という、いかがわしい立場に彼らは依拠する。その文言は敢えて記述された文字と言ってもよいが、或る事実と現場の事実を伝え得ない。誰かがあるいは複数の人間が一人の人間を殺した事実は人間という生き物の不気味さである。それでも文字は事実を伝えようとする。そこには幾層もの階層が有るだろう。しかし「死亡」といったある事実を隠蔽する表現となって曖昧に暈される。ウサーマ・ビン・ラーディン(ウィキペディアの表記に倣う)も殺された。何という無法、野蛮だ。その禍々しさに慄然とする。しかし、これが<国家>や<人間>と総称される概念や存在の実態なのだ。ウサーマやカダフィを殺した米国、リビアの殺害者(たち)は国家の地域性や個人を超えて人間という生き物の仏教でいう<業>を髣髴させるではないか。

 リビアの内戦の過酷を我が国は幕末から西南戦争で経験している。それが所を変え時を超えてこの惑星に現出する。この「憎しみの連鎖」と称され繰り返される事態を人間たちは乗り越えられるのだろうか?ハイデガーが歎異抄を読み平和の礎となる教えと見做した両者の思索を我々は改めて辿らなければならない。それは所を変え時を超えて深甚な思索を続けた二人の思索が「憎しみの連鎖」を断つ可能性を秘めていると思われるからだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

異族と異神

 ハイデガーが親鸞を「聖者」と見做した論拠と直感は欧米の歴史で根幹的な主導思想として現在まで続くイエスとその弟子たち、そしてイエスの言説、思想、生き様の継承者たち、その後のエックハルトはじめ宗教者とカント、ショーペンハウエル、フィヒテ、シェリング、ヘーゲル、ニーチェ他の先達の哲学者たちへの思索から生ずるものだ。現在のこの惑星の支配者として君臨しているように見える米国と敗戦国の我が国の現在を経験し傍観すればハイデガーの思索が現在の世界情勢への射程を含むものとして再考・熟考を促す。

 1920年代にハイデガーが『存在と時間』に収斂する思索と政治状況は現在の世界情勢にも通底する。我が国の政治状況は当時のドイツと近似している。米国の民主主義、ポピュリズムとソビエトのコミュニズムの万力に締め付けられるドイツと日本は。中国という中華思想を引き摺る東洋の大国とこの惑星最大の軍事国家に突出した米国という戦勝国の支配の狭間で日本という国家は将来を展望し選択する土壇場で汲々としている。かつての敗戦国として現在の沖縄の現実と人々の声、TPP(環太平洋経済連携協定)に纏わる政治状況を垣間見れば愚考を促す。政治的に見れば此の国は保守論客の指摘する敗戦国としての米国の属国という冷笑の域を超えていない。恐らく野田政権はオバマに隷従するだろう。しかし欧米主導の「正義」に対抗する国家としての真っ当な異義は政治屋たちにはない。ではマスコミや論説家達にはあるのか?アカショウビンには詳らかではない。

 そこで熟考し新たな問いを提出するためにはハイデガーが〝存在の忘却〟として指摘し生涯をかけて思索した言説・論説を辿ることが実に示唆的なのである。それはヒステリック、無関心、一時的な激情に流されることなく熟考しなければならない根源的な思索と思われるからだ。その主題はとりあえず「異族と異神」と集約しよう。我が国では沖縄に収斂し象徴化されている国家という体制の軽薄と苛酷という現実と西洋・中東の一神教の神と今や再生を危ぶまれる債務国として凋落しているギリシア、我が邦の八百万の神々の抗争として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

匂いのある日本人

 友人のI君からYou Tubeに下記のようなものがあると知らされて見た。教団の宣伝映像のようであるがハイデガーの覚書などの類から引用したものと思われる。いずれ出典に出会う機会があるだろう。それはともかく、ハイデガーが英訳で親鸞の「歎異抄」を読んだことは事実のようであるので書き留めておく。映像では段落で区切っているが随時文章に句読点をつけて繋げ読みやすく(?)したことをお断りする。

 今日英訳を通じてはじめて東洋の聖者親鸞の歎異抄を読んだ。もし10年前にこんな素晴らしい聖者が東洋にあったことを知ったら自分はギリシャ・ラテン語の勉強もしなかった。日本語を学び聖者の話を聞いて世界中にひろめることを生きがいにしたであろう。だが遅かった。(これに続く箇所があったようにも思われるが次の文章に続く)

 日本は戦いに負けて今後は文化国家として世界文化に貢献すると言っているが、私をして言わしむれば立派な建物も美術品もいらない。何もいらないから聖人のみ教えの匂いのある人間になってほしい。商売・観光・政治家であっても、日本人にふれたら何かそこに深い教えがある、という匂いのある人間になってほしい。そしたら世界中の人々がこの教えの存在を知り、フランス人はフランス語を、デンマーク人はデンマーク語を通じて それぞれこの聖者のみ教えを我がものとするであろう。その時、世界の平和の問題に対する見通しが初めてつく。21世紀文明の基礎が置かれる。

 これが何年頃のものなのか説明はない。しかし「遅かった」と嘆じているから戦後から晩年にいたる間のものである。ハイデガーは若い頃から現在のドイツでは神秘家と見做されているらしい中世のエックハルトに強い関心を持っていた。そのような素養から親鸞の言説に直感的に共感したのかもしれない。九鬼や周辺にいた日本人たちから親鸞はじめ日本の宗教者、思想家の話は聞いていただろう。道元の有論、時論を介して我が国のインテリたちはハイデガーを道元と関連して論じる人が多い。アカショウビンもそのような風潮の中で両者を読み続けている。しかし親鸞とハイデガーに共通する思想があるように思われる。ハイデガーは「シェリング講義」でシェリングの〝悪の形而上学〟を論じている。それは親鸞の思想と東西で悪に対する異なるアプローチとして面白い。しかし〝匂いのある〟という表現がハイデガーらしくてよろしいではないか。吉本隆明(敬称は略させて頂く)や野間宏の唯物論者たちの読み方から浮かび上る親鸞像は優れた〝思想家〟というものだ。また吉本、野間の両者が重要視している「教行信証」の英訳があるのかどうか知らないが、それを読めばハイデガーの新たな親鸞論が展開されただろう。〝存在を忘却した〟西洋の歴史の果てに生きる者として老荘や禅をはじめ東洋思想との対決を強く意識していたハイデガーが無批判に親鸞を賛嘆しているのも周辺の日本人たちへの外交辞令のように思えなくはない。それはともかくハイデガーの論説の一行、親鸞の一行に接しながら娑婆の時間を少しくらいは意味あるものとして体験し死に至ろう、という衝動に駆られるハイデガーの親鸞評価ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

信州・安曇野

 昨年から仕事で長野県に行く機会が増えた。年間で初夏と秋に2~3泊の出張になる。去年はレンタカーで南の飯田から北は飯山まで駆け回った。飯山では夕暮れ時に老夫婦が野沢菜を収穫し軽トラに積み込む姿も眺めた。米や野菜を栽培し土地の恵みを食とし山間で暮らす老いた人間の姿は何やら保田與重郎が固執する〝大和〟の原風景のようにも思えた。

 今年は初夏に安曇野を訪れ秋とは異なる風景と人々の姿に出会った。何でもテレビ番組が好評で観光客が増えて活況と言う。イベントや全国各地の持ち回りで行われているというワサビ生産者大会が何年ぶりかで安曇野で開催されていた。長野県は静岡県と並ぶワサビの主産地なのである。ワサビ田は観光客のお目当てのひとつ。生育時に暑さを嫌うワサビを寒冷紗という黒い幕を張り夏の陽射しから守り栽培する。生育が終われば9月いっぱいで幕は撤去されるが8月下旬に安曇野を訪れた時は田は未だ幕で覆われていた。その下を流れる澄んだ湧き水でワサビは太るのである。10月初旬に再訪するとテレビ番組は終了し幟やポスターは一斉に撤去されていた。著作権なのか使用できないのだそうだ。われわれは安曇野のワサビ農場から松本まで移動。昨年から松本に立ち寄る機会も増えた。

 松本駅からは北アルプスの連峰が一望できる。先月の連休の時は若い人から高齢者まで山登り・山歩きの格好をした人々が多かった。しかし松本といえば音楽好きには小澤征爾氏率いるサイトウ・キネン・オーケストラ公演が行われる場所である。昨年来のガンの闘病生活で今年の公演は予定を全部は指揮できなかったと聞く。その後の上海での演奏会も同行できなかったらしい。夏が過ぎ、我らが指揮者は何処にありや。31年前のカルメン以来、もう一度くらいは演奏会で指揮ぶりと紡ぎ出す音楽にどっぷりと浸りたいのだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »