« 有とは? | トップページ | 一枚のハガキ »

2011年7月30日 (土)

真実と真理の間

 現実と歴史事実と言える領域の事を考えてみよう。同様に真実と真理という用語を用いてもよい。その違いは何か?たとえば人という生き物の間で認識される事実と、真理という用語で彼らが了解する、哲学用語で言えば観念的な領域で理解される事との違いがある。そこで境界という領域が想定されるだろう。それぞれの間を繋ぐには何が必要だろうか?それは人間という我々の間で体験され了解される事柄と動物や植物、あるいは微生物の間を繋ぐものでもあるだろう。

 先のブログで書いた18歳で亡くなった少女の生死を再考、熟考することは上記の事柄を人間の思索として考察する時に、仏教で説く縁起という概念とそれは関連してくる。真実と言い、真理という漢語は中国語と日本語の間でもズレが生じているだろう。それはヨーロッパ各言語の用語間のズレも同様なものである。しかしその間で共通に理解される本質の如きものがある筈だ。もちろん本質という用語も西洋哲学の翻訳語である。そこで本質という用語を介して西洋哲学が捉え思索、思考、考察してきた言説、論説は異なる言語を介しても了解、理解はできると考えるのが人間という生き物の特異性とも言える。それは運命とも命運という用語でも考察することが出来るだろう。そこで近代西洋哲学で生み出された超越論という領域に光をあてる作業が必要だ。

 死とは超越なのだろうか?少女は透析を自らの意志で止めた。それは自殺ではなく自死という言葉がふさわしい。そこで超越論と死とを結びつけることが可能だろうか?その問いと回答を夏の間に試みよう。

|

« 有とは? | トップページ | 一枚のハガキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/52360224

この記事へのトラックバック一覧です: 真実と真理の間:

« 有とは? | トップページ | 一枚のハガキ »