« 娑婆に棲む日々 | トップページ | 辺見 庸氏の独白 »

2011年5月29日 (日)

四つんばいで現れた吉本隆明

 以下はミクシイに書いた記事の転載。あの精悍で屈強そうな吉本も足腰が弱り車椅子でなければ外出できないという。人間の老いと老いた人間について自らを省みて考える今日この頃である。アカショウビンには既にアルツハイマーの兆候も現われている。吉本の歳まで生きることは叶わぬだろう。しかし粛々と生を生き抜き死に至りたいと切に思う。
 5月27日(金)の毎日新聞夕刊に吉本隆明さん(以下、敬称は略させて頂く)に取材した記事が載っていた。吉本、健在を確認できたのは幸い。86歳になっても老いは強靭で頑固な思索力を衰えさせていない。病を抱えても真摯な取材には這いながらも応える。その誠実を言祝ぎたい。
 新聞社のテーマは「巨大地震の衝撃 日本よ!この国はどこへ行こうとしているのか」。インタビューの見出しは「科学技術に退歩はない」。
 記者が取材した大震災の現場(何処とは伝えていないが)の様子を「焼け野原のようでした」という話に吉本隆明は「おっしゃったような光景から東京大空襲を思い出します。友達を捜すために焼け野原を歩きました。~」と応じ、何かを訴えるように両手を動かす。以前に他のインタビューに応える吉本の姿や品川の倉庫で見た姿が思い起こされた。訥々と身振りを交え話す姿はナカナカ微笑ましく(失礼)好感がもてるのである。
 記者は1982年の『反核異論』を引用する。<(核エネルギー)の「本質」は自然の解明が、分子・原始(エネルギイ源についていえば石油・石炭)次元から一次元ちがったところへ進展したことを意味する。この「本質」は政治や倫理の党派とも無関係な自然の「本質」に属している。(略)自然科学的な「本質」からいえば、科学が「核」エネルギイを解放したということは、即時的に「核」エネルギイの統御(可能性)を獲得したと同義である>
 その言や良し。理科出身の吉本の面目躍如だ。その後に続く文章で吉本の考えは30年前と変わっていない、と書き記者はさらに『反核異論』から引用する。
<知識や科学技術というのは元に戻すっていうことはできませんからね。どんなに退廃的であろうが否定はできないんですよ。だからそれ以上のものを作るとか、考え出すことしか超える道はないはずです>
 以下の記事は割愛するが吉本隆明の現在が垣間見えて面白かった。昨今のマスコミ、テレビ報道を散見するとウンザリもするが筋金入りの思索者の考察は、こちらの精神と意識を挑発する。

|

« 娑婆に棲む日々 | トップページ | 辺見 庸氏の独白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/51930444

この記事へのトラックバック一覧です: 四つんばいで現れた吉本隆明:

« 娑婆に棲む日々 | トップページ | 辺見 庸氏の独白 »