« 声とは何か? | トップページ | 憂鬱と活路 »

2011年4月28日 (木)

大江裁判の法的決着

 この数年間、裁判の経過を注目してきた大江健三郎・岩波書店沖縄裁判の原告側上告裁判が21日最高裁で棄却された。2005年8月5日から6年間にわたって争われた歴史事実を巡る解釈の是非を法が被告の立場を是とした。奇しくもこの時節は1945年の沖縄の現実と交錯している。原告側は「日本や日本軍の名誉を決して回復させてはならないという強い戦後の観念の下で下された決定だ」とコメントしたと新聞は報じている。これは司法判断を受容しない政治的思惑に浸されたコメントである。

 戦争という外交手段によってもたらされる悲劇や美談は無数に語られ映像化される。先日は知人が送ってくれた昨年米国で公開されたベトナム戦争での米軍によるソンミ村虐殺事件のドキュメンタリーフィルムを記録したDVDを見た。昨夜は「戦場のアリア」という第一次世界大戦の1914年の戦場を描いた映画作品も観た。沖縄、日本の歴史は世界史と共時的に共鳴している。その経緯を自らの存在と共振させながら夏に向けて娑婆の時間を充填させていきたい。

|

« 声とは何か? | トップページ | 憂鬱と活路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/51513314

この記事へのトラックバック一覧です: 大江裁判の法的決着:

« 声とは何か? | トップページ | 憂鬱と活路 »