« 国難と国民の活路 | トップページ | 原子學 »

2011年3月26日 (土)

歴史を忘れるな

 本日は1945年に米軍が沖縄の慶良間諸島に侵攻した日と朝のラジオが告げていた。日本国民は天災と人災に圧倒されるなかで歴史を忘れてはいけない。それから約一月間、圧倒的な物量と戦力で米国は沖縄の大地と海と民衆を抹殺した。以後、大日本帝國の象徴ともいえる戦艦大和を撃滅し都市民を空爆で殺戮し二つの原爆で帝國は息の根を止められたのである。

 幸いに戦後66年、国民は戦禍の害は被らずに済んだ。しかし戦後の復興の過程で水俣の水銀毒に見舞われながら近代文明の害毒と恩恵を浴びて日本という国は66年の歴史を刻んでいることを忘れてはならない。そこに自然の鉄槌ともいうべき災禍に襲われたのである。東北では高齢者の病死が相次いでいると報じられている。それは天災と人災でもある。身体の老化と疲弊に人という生き物は環境に剥き出しに晒されれば何とあはれな最期を迎えなければならないことか。自らの将来もかくの如しであろう。歴史を辿り現在を自覚し将来・未来へ託す。かような生き物の行き着く先の一つの例をこの震災は明かした。

 原子力がパンドラの箱であることは既に開発した科学者たちが警告している。にも関わらず災厄は防御できない。それは存在論的に言えば存在の総体からの警告である。近代から人間達はその警告に抗いつつ身を任せ生存してきた。そのツケが回ったきたことを人間は再び忘れる。娑婆の現実とはこのように虚実皮膜の間で左右される。現在は歴史の果てにあり将来へ渡される。春は残酷な季節なのである。それも桜が咲き夏に至る過程で阿呆の如く人は忘れる。夏に至るまで歴史と現実と将来へ視角を開き活路を繰り返し開いていきたい。もちろん、それは死を自ら覚悟しながらである。

|

« 国難と国民の活路 | トップページ | 原子學 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/51219396

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を忘れるな:

« 国難と国民の活路 | トップページ | 原子學 »