« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

死の考察

 最近、新聞の将棋・囲碁欄にさえ眼を通す気力に欠けている。はなはだ良ろしくない精神状態である。きのうは眼が痒く、クシャミ、鼻水が止まらなくなった。スギ花粉の襲来である。来るものは来るのである。最悪だと5月の初旬まで実に疎ましい心身状態に支配される。これは経験した者でないとわからないだろう。しかし病とは上手く付き合うしかない。

 先に引いたハイデガーの死に対する考察は当時の中国や戦時中のアウシュビッツの無残な死に対するものである。先日のニュージーランドの地震による痛ましい死は中国での飢饉による死とも異なるように思う。

 死は人間という存在にとって何なのだろうか

 >だが、死ぬとは、死をはらんでその本質まで耐え抜くことである。死ぬことができるとは、このはらんで耐え抜くことを能くする、ということである。われわれがこのことを能くするのは、われわれの本質が死の本質をよしとするときだけである。

 ★死の本質をよしとするときだけである、とはどういう「とき」なのだろうか?母やK先生、若くして人生を終えた同僚は「死の本質をよしとして」果てたのだろうか?ここにはハイデガーが人間は死を「先駆的に覚悟する」生き物であると捉えた独特の思索がある。当時のドイツという国家が存続していくためにナチズムに加担し試行錯誤するハイデガーの思索が色濃く反映している。我が日本でも保田與重郎の思索が共時的にか反響している。

 >しかしながら、数えきれないほどの死のただなかでは、死の本質は立てふさがれたままである。死は、空無でもなければ、有るものが別の有るものへ変わってゆくだけの移行でもない。

 ★これはハイデガーの思索と道元の思索が時代を超えて音叉のように共鳴している一文である。

 >死は、元有の本質から出来事として本有化される人間の現有に属する。このように死は元有の本質を守蔵している。死とは、元有それ自身の真理を守蔵する最高峰の山脈である。この山脈は、元有の本質の隠されたありさまを内部に守蔵し、この本質の守蔵を集成する。それゆえ、人間が死を能くするのは、元有それ自身がその本質の真理にもとづいて、人間の本質を元有の本質のうちへゆだねて固有化するときだけであり、またそのときにはじめてである。

 ★これは我が母の死にゆく姿を見て眼底に焼き付けた。

 >死とは、世界という詩のなかで元有を守蔵する山脈にほかならない。死をその本質において能しとするとは、死ぬことができるということである。死ぬことができる人々こそが、「死すべきものども」というふうに、この語の含みに見合った意味において、はじめてそう呼ばれるのである。無数の恐るべき、死ともいえぬ死の遍在から大量の困窮がこだましてくる-にもかかわらず、死の本質は人間に立てふさがれてしまっている。人間はいまだ死すべきものになっていない。

 ★このハイデガーの洞察とも読める考察は一歩を進めて思索しなければならない。 それはK先生の死や若いかつての同僚の死、ニュージーランドで死んだ人々の死、我が父母、近親の死、自らの死をも射程に入れて考察し腑に落とさなければならないことだろうからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

死とは何か?

 高校の恩師、かつての同僚、後輩の死を介して現在を生きるアカショウビンにも死とは何か、という問いが突きつけられている。かつて引用したハイデガーの考察を介して、この問いを再考しよう。ハイデガーは次のように死を考察する。

 だが、死ぬとは、死をはらんでその本質まで耐え抜くことである。死ぬことができるとは、このはらんで耐え抜くことを能くする、ということである。われわれがこのことを能くするのは、われわれの本質が死の本質をよしとするときだけである。 

 しかしながら、数えきれないほどの死のただなかでは、死の本質は立てふさがれたままである。死は、空無でもなければ、有るものが別の有るものへ変わってゆくだけの移行でもない。(以下の文は強調されている)死は、元有の本質から出来事として本有化される人間の現有に属する。このように死は元有の本質を守蔵している。死とは、元有それ自身の真理を守蔵する最高峰の山脈である。この山脈は、元有の本質の隠されたありさまを内部に守蔵し、この本質の守蔵を集成する。それゆえ、人間が死を能くするのは、元有それ自身がその本質の真理にもとづいて、人間の本質を元有の本質のうちへゆだねて固有化するときだけであり、またそのときにはじめてである。

 (以下の文も強調)死とは、世界という詩のなかで元有を守蔵する山脈にほかならない。死をその本質において能しとするとは、死ぬことができるということである。死ぬことができる人々こそが、「死すべきものども」というふうに、この語の含みに見合った意味において、はじめてそう呼ばれるのである。無数の恐るべき、死ともいえぬ死の遍在から大量の困窮がこだましてくる-にもかかわらず、死の本質は人間に立てふさがれてしまっている。人間はいまだ死すべきものになっていない。(「ブレーメン講演とフライブルク講演」所収“有るといえるものへの観入(危機))”p72~73)

 上は戦後、ハイデガーがブレーメンで行った講演でナチの絶滅収容所に言及したとしてドイツの内外で注目された二箇所の内のひとつの論説である。読み方によっては感情的な反発を招きかねないだろう。しかし、有、元有という、多くの訳では「存在」と訳されている概念のハイデガーの考察がナマの声として読むことができるのは貴重だ。

 ハイデガー哲学が「不安の哲学」といった教科書の哲学史のひとつとして済ますことができないことを上記の講演の言説で辿ると痛感する。有る、存在する、生きる、死ぬ、ということは人間にとってどういうことなのか?一人のドイツ人の執拗な追求と思索は刺激的である。驚嘆する執念というしかない。その思索の後を辿ることは自らが生きていることと、いずれ死ぬ現象に照らし合わせて啓発的なのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

薄かった命

 先日、かつて一緒に仕事をした女性が亡くなったことをお母様からの手紙で知った。寿命とはいえ30数年の人生だった。一人娘で既に学生時代に父親を亡くしていてお母様は夫と娘を亡くしさぞや気を落とされていることだろう。心中察するに余りある。

 高校時代に劇症肝炎に罹患し休学したと話していた。亡くなられた父親は高校教師で子供の頃から躾は厳しく食事のテーブルには広辞苑が置かれ分からない言葉は直ぐに引いて調べさせられたと話していた。大変な読書家で池波正太郎のファンで都内の名店をよく知っていた。アカショウビンも会社から近い有名蕎麦屋を紹介してもらった。

 劇症肝炎のせいだろう、美人だが異常に痩せていた。よく食べていたのも少しでも太るためだったのかもしれない。高校の同級生が在日韓国人で韓国語に興味をもち学生時代は韓国に留学もし東大の大学院時代は姜 尚中さんの研究所で韓国文化もよく勉強したようだ。亡くなる前には20世紀の朝鮮半島の歴史書の編集に加わることも決まっていたとお母様の手紙には書かれていた。何とも惜しい早すぎる死だった。クリスチャンだったから天の国に召されたことだろう。それにしても神は何と酷い業を為されることか。

 亡くなる少し前に電話で話した。おっとりした明るい声で電話の向こうの澄んだ瞳が想像できた。それから暫くしてお母様から入院したと電話があった。そうとう厳しい症状らしく危険な状態であることが声から知られた。退院できただろうかと携帯に電話すると使用されていないというアナウンスだった。嫌な予感がした。先日、お母様からの手紙で亡くなったことを知ったのである。

 彼女の人生は短くあはれとしか言いようがない。カトリックでは神に召命されたのだろうが仏教ではどう説明してるのだろう。業かも知れない。カトリックでは生まれ変わりということはないだろう。仏教徒の端くれであるアカショウビンも生まれ変わりがあるのかどうか思想的に了解しているわけでもない。彼女も決して筋金入りのクリスチャンというわけでもなかった。しかし熱心な信仰者であられたと推察するお母様からすれば天国であの天真爛漫な笑顔で楽しく暮していると信じているものと思われる。アカショウビンのような死に損ないが生き残り、若く才能ある女性が先に逝く。人生、誠に無情で無常である。そして迅速である。娑婆での生は長いようで短く、また短いようで長くもあるだろう。ニーチェの思考、考察では等しきものの永遠回帰という思索がアカショウビンには親近感を持つ思想である。それにしてもハイデガーの如く対決したうえでのものではない。しかしツァラトゥストラを介したニーチェの一行一行は鮮烈だ。母親のように敬虔ではなかったかもしれない彼女の考え残し読み残した聖書を久しぶりに読み若くして逝った才女の死を弔いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

みやらびあはれ再考

 人の生をどのように捉えるかというのは永遠の課題であろう。しかし人という生き物は生と死に或る意味で過剰な関心をもつ生き物だ。ニーチェは、超人・末人という存在を「ツァラトゥストラ」(中公文庫 手塚富雄訳)で生み出した。神が死んだあとに人間が成り至るべき存在とはニーチェにとって雷鳴の如く襲ってきたのだ。

 保田與重郎の「みやらびあはれ」が腑に落ちたと書いたひとつの理由は次のような保田の記述にアカショウビンは共振、共鳴するからである。

 私はこの一年農耕生活にあらましなじみ、山河の自然や、植物や、昆虫の性質について、僅少ながらも経験するところがあった。我々の身体の機構の中にあって、植物性と云はれてゐるもの、植物性の神経などいふもののことだが、それこそ最も深い疑問と神秘な興味を次々に興へつつ、あげくとしては、ありのままとして承知せねばならぬものであらう。ありのままに於いて、実に巧緻微妙を極めるものである。動物の最も発生的なものと、植物の最も進化したものとの二つを並べての判断も、その説を云ふ人々にはあることと思ふ。

 (中略)

 しかし私は各分野の種の最高のものの卓立する状態を考へ、さういふ自然界の多様に円熟したありの儘を、根底事実と考へるのである。

 ここに於いても私は十九世紀的思考法に対立し、所謂近代を否定するわけである。(新学社 保田與重郎文庫15 「日本に祈る」所収 みやらびあはれ p21 原文の表記とは異なる箇所があるが、いずれ修正する)

 保田が否定する「近代」とニーチェの思考、思想、思索は恐らく共鳴している。その径庭を辿ることは一歩を進める面白さと不安にも苛まれるような細い道である。しかし、そこに踏み込まなければニーチェと正面、対面することもできないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

死を準備する

 K先生の死は友人からの知らせとなってアカショウビンに届いた。昨年は仕事で縁のあった方の死を知り遺影に対面した。先日も仕事つながりの告別式に赴いた。アカショウビンの母は1年半の闘病だった。最期はひっそりと衰弱していった。しかし従容として見事な死だった。息子としては実に誇らしい死と言ってもよい。

 人の死は対面、正面しての死の他に知らせとして人に届く。それは知らせとしての死というものだ。そこには様々な濃淡がある。

 同窓のS君が先生の奥様から聞いた話によると最期は穏やかだったようだ。しかし8年間の治療、闘病の後の最後の2年間は苛酷と思えた。アカショウビンが大阪に転居して直ぐに先生から電話をいただいた。そのとき先生は「私も大病しましてね」と話された。「前立腺のほうですか」と訊ねると「いえ、違いますけどね」と答えられた。S君が先生の奥様から聞いた話ではガンが皮膚に転移し手術されたという。それが「大病」なのではないかと思った。3年前の同窓の忘年会のときは10人以上の面子が揃った。その時に撮った写真を見て此の世での縁を偲ぶ。

 死は知らせとして届くけれども死ぬまでの経緯は近親者か親しい者にしかわからない。死とは何か。古人は弟子から訊ねられて、未だ生を知らず何ぞ死を知るや、と答えた。それは知的な回答ではある。しかし別に答えることもできる筈だ。

 三島由紀夫が柳田国男の「遠野物語」を評して、その中には幾つもの死がごろごろしていると評したらしい。さすが三島である。賢察というしかない。

 ハイデガーは死を先駆的に覚悟するものと考察する。デリダは死を与え与えられるものとして。いずれアカショウビンも自らの死を迎える。それは到来するものなのか迎えるものなのか突然と来るものなのか。そのいずれでもあるだろう。しかし死を準備するのだ。それができるのが現在の日本という風土に生まれ死ぬ者たちに稀少な可能性となって経験できるささやかな幸いとアカショウビンは解するからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

K先生の死

 高校の英語教師だったK先生が先月29日に亡くなられたことをI君からの電話で知った。月が明けて数日後のことだった。昨日、先生の奥様からお電話があったといつもの飄々とした声だが言葉を飲み込んでいるようにも察せられた。前立腺ガンを患われていたことは2005年か翌年かの忘年会の時に隣席に座って飲んでいた時に自ら告げられた。別の同窓生のS君が先生の奥様から聞いた話によると、いつもの面子で2003年に還暦のお祝いをした年にガンが発見されたことになる。そのときは本当にお元気だったのだ。教え子達から赤いチャンチャンコと杖を贈られ子供のように喜んでおられた。それから8年間の闘病生活はご本人とご家族のみぞ知るところである。聞けば先生は一人娘のお嬢さんを亡くされて遺児のお孫さんをことのほか可愛がられていたようだ。お嬢さんがおられたことも、そのお嬢さんが亡くなられていたこともアカショウビンは知らなかった。数人の同窓の諸氏も知らなかった。ところがここ1、2年にお嬢さんのご亭主が再婚しお孫さんがお父さん夫婦に引き取られたらしい。そのことも先生を気落ちさせた、と奥様がS君に打ち明けられたと話した。先生は私的なことをあまり教え子達に気楽に語られる性質の人ではなかった。しかしその話を聞いて人の人生とは様々なものであるのだなと改めて先生の姿を回想した。

 不良な教え子は先生が最後のご闘病をされ幽明を分かった時に何をしていたか日記を辿る。

 1月25日(火) 快晴

 山梨で仕事。昼食で安い飯屋を探したが見つからず。行き交った人が教えてくれた鰻屋で刺身定食を注文。冷凍マグロの切り身だけだったが腹ごしらえはできた。 

 1月26日(水) 晴れ 

  長野の松本で仕事。昨年の11月以来だ。バスで松本城の脇を通ると鴨と白鳥が見えた。左上奥歯の歯痛止まず。 

 1月28日(金) 晴れ 

 神奈川で仕事。手塚富雄訳の「ツァラトゥストラ」を携帯する。風邪は殆ど回復したが咳はたまに出る。同僚は体調管理も仕事のうちと言うが、そんなことは言われるまでもない。とりあえずはニーチェとハイデガーを介し古今の哲学・思想・文学を読み解することで<世界>の全体に分け入り、自らの存在と死を先駆的に覚悟するのだ。それには日常の瑣末な経験、体験も考察の契機となる筈だ。仕事は粛々とこなし思索、思考の時間を確保するのだ。

  1月29日(土) 晴れ 

 都内で仕事。数年ぶりに池袋の百貨店の会場を訪れる。その活気に驚く。東京は本当に人の多いところなのだ。田中政権の頃から論議された地方の底上げという国策は現在まで空論になってしまっているのは地方を仕事で訪れると良くわかる。

 アカショウビンがそのような日常に取り込まれながら、とりとめもない思考を巡らしていた日に先生は生死の境を漂われていたのだ。それはアカショウビンの母の最期の姿を介して想像するのである。先生は何時何分何秒に亡くなられたのだろうか。此の世を去る時刻は知りたいと思うのである。母は午前9時だった。

 いずれアカショウビンも空から海に落下するか地上の森で朽ち果てる。死骸は海上なら同類の鳥か魚に食われるだろう。森なら虫か獣に食い尽くされる。そして骨だけが残る。それが娑婆での生の証だ。次の世があるか知らぬ。

 先生も人間として生きた生涯は一人の人間として喜怒哀楽を経験された筈だ。67年の生涯は昨今の平均寿命からすれば長いとはいえない。しかし寿命なのだ。長くも短くもない。それで人としての生は過不足なく完結したと思う。アカショウビンの母も然りだ。宇宙の一角で経験し残した存在の記憶はご家族やご親戚、教え子たちに引き継がれていく。それでよかろう。本人の記憶も家族の記憶も語り伝えられた言葉と紙か墓石に残された文字だけが残る。それもいつか擦り減り土となる。教え子たちも然りだ。世は仏教で説く如く無常なのだ。長い短いというのは人間の小賢しい短慮でしかない。

 先生、次の世があるとして、もしや人間に生まれ変わったならぜひ英国のハイスクール教師として日本語を教えて頂きたいと思います。その姿を妄想しながら今宵は白河夜船と参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »