« 人間の條件 | トップページ | 或る戦争体験 »

2010年6月28日 (月)

隠蔽された映像と記憶

 昨夜NHKのETV特集で放映された「よみがえる戦場の記憶 新発見600本の沖縄戦フィルム」は日本国民が目を背けてはならない映像の数々である。米公文書館に保存されていた600本のうちの一本は恐らく偶然に米国自身の検閲を逃れた記録だ。それは米兵による死んだ日本兵の肉体を汚す米兵の姿である。米兵は兵士としての憎しみからだろう死んだ日本兵を何度も銃で撃つ。その映像はかつてS・キューブリックの「フルメタル・ジャケット」(1987年)という作品でベトナム兵の死体を汚す米兵の映像を想い起こさせる。

 戦場での自軍の映像は自国の「正義」を宣揚するためにプロパガンダとして国民に伝えられる。それは敗戦国でもそうだ。我が国の戦場の映像も同様だ。しかし隠蔽された映像が存在する。それは恐らく目を背けたくなるナマの映像だ。その1本は硫黄島での映像などを継ぎはぎしたフィルムという。それは恐らく戦勝国の担当官たちが冷静と戦慄の雑ざった視線から偶然と必然の間で残された記録だ。つまり「正義の戦争」というデッチアゲから必然的に漏れた「恥」とも見做される、人間という生き物が極限状況の渦中で平然と行う戦慄するしかない行為の姿である。

 フィルムの中には捕虜として捕獲した日本兵と沖縄女性の結婚式を撮影した映像もある。それは米国が「良心」で設えた結婚式だ。その子供や孫もいる夫婦が戦後も結婚の経緯を人に語らず人生を終えたことを伝える。またスパイ容疑者として日本兵に惨殺された夫婦の事実も縁者によって伝えられる。

 この全600本、約80時間の映像はNHKが日本国民に公開しなければならない映像だ。しかし恐らく、そこでは戦敗国のメディアとしてNHKの「思いやり検閲」が行われる筈だ。そこで戦勝国を慮る戦敗国の屈辱と悲哀を隠し「自己規制」が行われるだろう。震撼する「事実」は隠蔽される。鳩山、菅政権の米国への屈辱外交はそれを示して余りある。歴史を背負うわれわれ「日本国民」は、その映像に眼を背けてはならない。そこには浪花節もセンチメンタルもない苛烈で苛酷で冷静で冷徹な視線と交錯する「存在の事実」が刻まれているからだ。

 このフィルムの一部を見て新たに考察しなければならない機縁を自覚するのは以前にも書いたヤスパースが戦後に発刊した「戦争の罪を問う」(1998年 平凡社ライブラリー)で提出された4つの罪の概念を更に考究する必要性である。4つの罪とは①刑法上の罪②政治上の罪③道徳上の罪④形而上の罪 、である。

 この④がヤスパースが友人でナチの信奉者であるハイデガーに同じ哲学者として突きつけたとも推察される新たな罪という概念だ。

 先日観直した小林正樹監督の「人間の條件」(1959年~1961年)と「東京裁判」(1983年)には戦争体験者として先の大戦にこだわる小林監督の映像者としての思いが張りつめている。戦争を知らない我々戦後の生を生き延びる者たちには国が負う責任も担われている。それは恐らく風化し消滅していくだろう。しかし強制収容所や絶滅収容所で殺されたユダヤ人たち、反ナチスのドイツ人たち、オキナワ、ヒロシマ、ナガサキで殺し殺された米兵や日本兵、日本人、沖縄の人々の無念は日本国民や米国民が背負う計り知れない西洋的な「罪」と仏教で説かれる「業」である。それは哲学的言説、宗教的言説を超えて人間という生き物が背負っていかなければならないものだ。

|

« 人間の條件 | トップページ | 或る戦争体験 »

コメント

今晩は。私もこの番組みました。ブログに書きかけてますが、目を背けたくなるような映像。でも、戦争の現場では、ありふれた光景なのでしょう、きっと。フィルムを回す兵士は、カメラのファインダー越しだったから、肉眼とは違ったのかも知れません。でも、その人達が記録しておいてくれてよかったと思います。映像は、明確に事実を伝えてくれますが、「作られた」あるいは「演出された」ものもあったと言うことですね。
沖縄戦での日本人は、1500人中わずか40人しか生き残れなかったと言うことですが、まだ生存している人たちが、今のうちに語り尽くして欲しいと思います。

投稿: Clara | 2010年6月29日 (火) 午前 12時14分

 Claraさん

 コメントありがとうございます。

 >映像は、明確に事実を伝えてくれますが、「作られた」あるいは「演出された」ものもあったと言うことですね。

 ★その通りです。それはプロパガンダに利用され時に捏造さえされます。その裏の意図は巧妙に隠蔽されるわけです。私たちはナカナカそれを視抜くことはできませんが真実に肉薄する視線と意識、姿勢は維持し続けたいものです。

 >沖縄戦での日本人は、1500人中わずか40人しか生き残れなかったと言うことですが、まだ生存している人たちが、今のうちに語り尽くして欲しいと思います。

 ★知れば知るほど苛酷で此の世に地獄が現出したとしか思えない歴史事実です。しかしそれは人間が国家という装置から生じさせる戦争という外交手段で生じた人為的な地獄であることに暗澹たる思いにならざるをえません。

 現在も生き残った人々の「語り」は番組で米軍のプロパガンダに利用され戦場結婚させられた夫婦のように黙して語りえない無言の語りの重さにも配慮しなければならないと思います。

投稿: アカショウビン | 2010年6月29日 (火) 午後 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/48739612

この記事へのトラックバック一覧です: 隠蔽された映像と記憶:

« 人間の條件 | トップページ | 或る戦争体験 »