« 名人戦と或る裁判 | トップページ | 鉄斎美術館を再訪 »

2010年5月18日 (火)

ハンク・ジョーンズ追悼

 昨夜の夕刊にハンク・ジョーンズが死去したという記事。享年91歳というから大往生だ。そのキャリアは赫々たるものである。ミシシッピーで生まれ1940代にニューヨークへ。エラ・フィッツジェラルドの伴奏を務めベニー・グッドマン楽団にも参加した。その後のアルバムはロン・カーターらと組んだ演奏を時に聴いた。日本のテレビCMにも出演していた。かつては麻薬やアルコールにのめり込み短命なプレーヤーが多いジャズ界で91歳まで現役を張ったピアニストは驚異である。今宵は1946年にスタン・ゲッツと組んだ『オパス・デ・バップ』の4曲を聴いて故人を偲ぶ。

|

« 名人戦と或る裁判 | トップページ | 鉄斎美術館を再訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/48388736

この記事へのトラックバック一覧です: ハンク・ジョーンズ追悼:

« 名人戦と或る裁判 | トップページ | 鉄斎美術館を再訪 »