« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月26日 (月)

凌ぎ

 須らく此の世に棲む日々は凌ぎである。ここのところ日々の憂さを晴らそうとレンタルDVDで「男はつらいよ」シリーズを観て厭きない。かつて観た筈なのだが物語の展開を忘れている。かえってそれが好都合で初めて観るように楽しめる。未見の作品も幾つかある。ヒロインやゲストは名優から人気タレントまで様々。第22作〝噂の寅次郎〟(1978年)のヒロインは大原麗子。哀れとも思われる最期を迎えた女優は若き頃から薄幸の風情を醸しだしていた。品良く老いた志村 喬も出演している。黒澤作品の名優の存在感は格別である。昨夜は桃井かおりがヒロインの〝翔んでる寅次郎〟(1979年)を観直した。当時はたぶん新宿の松竹で観た筈である。何と31年ぶり。木暮実千代が母親役で出演している。山田監督の大先輩、小津安二郎監督の「お茶漬けの味」の若かりし頃を思い出す。

 アカショウビンはこのシリーズを落語を聴くように観る。観るたびに新たな発見があるのが楽しい。名人の噺で経験する可笑しさが映像で楽しめるのはありがたいことである。山田監督は噺家が高座で同じ噺を繰り返し話すうちに或る境地に達するように映像で或る境地に達したと思われる。それを観客は見逃さない。同シリーズの長続きの理由はそこにある。日常に笑いは不可欠だ。笑わなければ人は生きていけないとも言える。山田監督は同工異曲の作品に緻密な細工・工夫を凝らし撮り続けた。そこには陳腐と紙一重の笑いと涙が醸しだされる。観客はそこに何事かの真実を読み取る。それは笑いのなかに生ずる苦味のようなものだ。

 中高年の日々の労働は寅さんのように毎日が凌ぎのようなもの。気儘に都合の良い時間だけ働いて良しとする者、生きるために老体を酷使し働く者。その仕事といえば生き甲斐とは程遠い。土木工事の下働き、清掃、工事現場の交通整理や警備の単純作業など。それでも不景気のご時世に仕事があるだけ良いほうだ、と人は言い自分も納得する。日本国民の多くは用意周到に老後を迎えるべく経済的に準備していることであろう。しかしアカショウビンは一年近くの失業状態から転居、母の看取りを経て、昨年9月にやっと低賃金の路上警備という職を得て現実の辛酸を舐めれば異なる世界があることに気付く。淀川の河川敷には何を生業としているのかホームレスたちがテントを張り暮している。踏み切り近くの工事現場で路上警備をしていると知らず様々な人々の姿を観察する。多くは善良な市民だが時折浮浪者も散見する。髪を伸ばし洗濯もしていない襤褸を着た中年男がトボトボと目の前を歩き去る。深い憂いとも諦めとも見える表情は哲学者のようでもある。それは底辺労働に就き辛くも日々を凌ぐのとは異なる生き方とも見える。人はそれぞれ孤独に娑婆の生を生きる。経済的に豊かであっても家族に恵まれていても病を得れば異なる状況が生ずる。金満大国といっても貧富の格差は広がっている。一人暮しの高齢者に娑婆の風は冷たかろう。孤独と不安は心身を領する。世に棲む日々は正に凌ぎとなる。

 この一年間でアカショウビンが経験した日々はサラリーマン生活の暢気さとは隔絶したものだった。母の死までの5ヵ月で親不孝のツケは返せる筈もなかった。その後の生活も生きるための凌ぎ仕事である。仕事といえる仕事ではない。賃金は搾取され多くの高齢者は愚痴っても経営者に楯突くわけにはいかない。経営者はそれにつけ込み平然と収奪する。もちろん労働者も経営者もピンキリである。有能な者から愚鈍まで娑婆は多様性で構成されているのだ。サラリーマン生活の微温湯に浸かっていれば底辺労働の苛酷は異世界のものだ。人間50年も生きれば綻びと急場は次第に多くなる。肉体的にガタもくる。病にも罹る。夫婦の間に倦怠と亀裂も入る。親や親戚、知己に病や経済破綻があれば援助もしなければならない。

 仏教では生老病死と人の生を概括する。それでいけば人生の75%は老いて病に罹り死んでいくことになる。楽しみもあるだろう生は25%というわけだ。貴族から出家した釈迦が世俗で生きた実感は此の世は苦というものだ。その苦を抜き楽を与えたいというのが釈迦の達した思想ともいえる。敗戦の傷跡から驚異的な力で回復し戦敗国と肩を並べるまでに復興しても昨今はアチラコチラに綻びが生じている。世界は先進国の満ち足りた日常とは異なる速度で変化している。未だ世界の各地で砲声は止まず残虐が繰り返されている。釈迦が古代に喝破した此の世は苦という観察は現在も世界を見渡せば痛烈な真理とも見える。人の生きる時間はそれぞれである。人は長く生きるほど病や不幸は自らと周囲に増えるばかり。病に罹れば此の世は苦となる。気楽に暢気に人生を終えられる人はごく少数だろう。アカショウビンの余生は如何ほどか知らぬ。しかし毎日が凌ぎであることは確かだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

痛みと歎き

 ニーチェはツァラトゥストラに託し次のような詩行を残した。これはマーラーもハイデガーも引用し芸術家と思索家を深く刺激する。肉体の痛みは人の心と精神を刺激し新たな回路を開くこともあるだろうか?マーラーは此の世の苦と歎きを交響曲第3番で女声の声に託した。ハイデガーは「形而上学の根本諸概念 世界-有限性-孤独」(1998年 創文社 川原栄峰訳 p577)と題した講義の最後にニーチェが自ら『陶酔歌』と名づけたツァラトゥストラの歌で証言していると説く。 「この同じ歌においてわれわれは同時に、世界とは何であるかを経験する」。 

O Mensch! Gib Acht! おお、人間よ!こころして聴くがいい!

Was spricht die tiefe Mitternacht?  深き真夜半が語っているのは何か?

"Ich schlief,ich schlif -, 私は眠っていた、眠っていたのだ--

Aus tiefem Traum bin ich erwacht;- いまこそ深い夢から目覚めたところ--

Die Welt ist tief, 世界は深い。しかも

Und tiefer als der Tag gedacht.  昼間が想い描いていたよりも深い。

Tief ist ihr weh-,  世界の嘆く悲痛は深い--

Lust-tiefer noch als Herzeleid. 歓喜は-心の苦悩よりなおさら深いもの。

Weh spricht;Vergeh!  悲痛が告げるのは、うつろい滅びよ、ということ、

Doch alle Lust will Ewigkeit-, それなのに、快楽が永遠なる不死を欲する-

Will tiefe, tiefe Ewigkeit ! "  深い、深い永遠を欲するのだ!  (深田 甫 訳) 

 世に棲む日々の憂さは晴れる時もある。しかし多くは苦である。そこで発せられる永遠とは何だろうか?それは西洋的なものに過ぎないものなのか?それともハイデガーの用語を借用すればアジアの民にも「共属する」ものであろうか?回答はそのつど発し世に棲む日々を凌がなければならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

痛みの度数

 三年ぶりに大腸内視鏡検査で市内の大病院へ。前は都内の大病院。規模は大阪の方が大きく廊下も広くゆったりと設計されている。それに静かだ。それはとても清潔だが無機質で或る冷ややかさを醸しだしている。静謐と清潔は矛盾しない筈だが静謐のなかの冷ややかさは不安を醸しだす。おそらく最先端の医療体制が整えられていて内視鏡カメラも最新の機器が使用されているのであろう。

 大腸の内視鏡検査は前日から下剤を飲み腸をきれいにしてカメラが大腸内を鮮明に撮影できるように準備する。大量の下剤と水を飲み2日がかりで排泄するのだ。辛い。これは経験した人でなければわからない。人によっては、どうってことはなかったよ、という強者もおられることだろう。しかしこの2日間の経験は病む人の辛さを経験する入り口である。

 午前9時前に受付を済ませ、先ず内臓のエコー検査。腹にゼリー状の液体を塗られ超音波で内臓の様子をディスプレイに映し出す。約10分で簡単に済む。それから午後2時の検査まで前夜に続き下剤を飲み続けるのである。排便が黄色味のない透明になるまで10回くらいトイレを往復する。その間は2時間かけて水で薄めた2リットルの下剤と市販の飲料水を同量ほど飲み続けるのだ。この間はたまらなく暇で自由な時を過ごせる。多分読めるような心境にはならないだろうと思いながらも持参した読みかけの本に久しぶりに集中できたのは幸い。隣の受診者の還暦過ぎくらいのオッチャンは漫画と週刊誌を読んでいたが、それにも厭きた様子。こちらに話しかけてきた。

 聞けばオッチャンは内視鏡検査受診者のベテランである。毎年、定期的に検査していると話す。下剤も飲みやすくなった、それにカメラを通しても以前に比べれば痛みは軽くなったと言う。こちらは少し安心する。なるほど、さすが技術大国日本。医療機器は年々進歩しているのだ。下剤には都内の病院以上に苦しめられたけれども。

 午後1時40分の排便で若い女看護師からOKが出る。気さくな女だ。別嬪でも不細工でもない。そこが患者には好いのだ。他人の雲古を仕事とはいえ日常的に眼にするわけである。辛い仕事だ。しかし笑顔は患者に天使の如きものである。

 午後2時の予定が10分くらい前に検査室へ。検査室といってもポリープがあれば切除するのだから治療・手術室でもある。別の若い女看護師が腕に注射し血管から麻酔薬と痛み止めを体内に投入する。しばらくすると体内が熱くなり意識が朦朧とする。半覚醒状態だ。目の前のディスプレイは見えるしカメラ操作医や女看護師の声も聞こえるからだ。内視鏡カメラが肛門に入る。ヒヤリとした冷たさを感じ一瞬の緊張が走る。オッチャンの話が脳裏を過ぎったが裏切られた。医師はディスプレイに映されるアカショウビンの大腸内を見ながら手に持ったリモコンで内視鏡を操る。時間を惜しむかのように。

 ここで患者と医師の間には人間的関係が構築される努力がまったく無視されている。病院といえどビジネスなのだ。制限された時間の中で多くの患者を治療を遂行しなければならないというわけだ。しかし、そこにはハイデガーが「工作機構」という用語で批判した近代以降の科学万能主義に振り回される人間たちが技術に逆に支配されるという戯画が現出している。そこに医者というエリート職に就いた秀才・鈍才のお坊ちゃん達は無自覚だ。哲学を学ばない医者は秀才といえど片輪でしかない。

 グリグリと痛みが下腹部から鈍く伝わる。思わず声を出す。しかしお坊ちゃん医師はそれを無視し無言。このヤローと叫びたくなる。声は出るというより出す。痛みを言葉で逃れようとして。しかし彼らはそれを教えられていない。なぜならディスプレイを見ていた別の若い医者が叱りつけるように言葉を発したからだ。「静かにしてください」。この一言に現代医療の現実と実態の何物かをアカショウビンは察知した。彼らは仁術という古人の至言を体得していない。医療器具の最新技術をゲームを楽しむように操作しているのだ。カメラが大腸を視角化するため探査することで我が身には代償として痛みが与えられる。鈍い痛みは続く。

 聞けば上手い医者なら10数分で終えるという。しかし以前も今回もアカショウビンは若い医者たちの練習材料である。30分以上はかかった。肉体は物質であるが心身で痛みを覚知する生き物である。それに若い医者たちはどれほど自覚的なのか?心寒い思いだ。その点、若い女の声は何と安らかに感知されるのだろう。おそらく人は声で声の主の知性を瞬時に判断し理解する。アカショウビンには女看護師の声が救いとなった。そこには賢い大和撫子の教養が推測された。ありがたや、ありがたや。

 処置が終わり男達はさっさと部屋を去る。残った女看護師が優しく語りかける。オッサンは駄洒落で突っ込みを入れる。受けない。マスクに覆われたお顔は苦笑しているのであろう。残念である。修行が足りない。

 手術台で人間は痛烈に孤独である。思索者は孤独を単独化とも説く。しかし暫しの孤独と単独化は街の喧騒に溶け込めば忘れる。娑婆とは斯くの如きものである。かつて映画監督小津安二郎は晩年のガン闘病で俳優やその家族たちに「痛みには度数がないからね」と語っていたと記憶する。正しく痛みにはピンからキリまであり科学的・数学的に度数は付けられても痛みを発する者に痛みは千差万別である。そこに想像力を働かせ痛みを漏らす者に対処する。それが医者の仁術というものであろう。しかしアカショウビンが経験した現在の医療に従事する医者たちには経験的に不安を感じた。もちろん知情意を兼ね備えた医者はいらっしゃるであろう。最新の医療体制で治療を受けられたことは幸いとしなければなるまい。地方や離島の悪条件の方々の労苦・痛苦に思いをいたせば。しかし、そこから更に一歩踏み出し考えたい。そこで知性の光は現実世界を更に広く照射し明るくする筈だからだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

沖縄への視座

 あるブログで下記の記事に辿りついた。多くの事実は公にされているが各資料が明らかになった経緯が実に興味深い。沖縄の声、叫び。日本国から見捨てられた事実が詳細に論じられ告発されている。それは日本国民が沖縄を犠牲にし戦後の復興を成し遂げた負の歴史が克明に綴られている。多くの方々に読んで頂きたい講演記録である。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4053/1999-after-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

死と死刑制度を問い直す

 毎日新聞4月2日(金)の夕刊に青木新門さんのインタビュー記事が掲載されている。「納棺夫」として約3000体の遺体を送ってきた人である。「今の社会をどう感じますか」という問いかけに次のように答えておられる。抜き書きで恐縮だが★はアカショウビンのコメントである。

 「今日の社会は生にのみ価値をおいて死を隠蔽して生きている。24時間後には昼と夜があるのに、こうこうと光を照らして死の世界を隠そうとしている社会なんです」。

 「なのに自分のこととなると、青春は美しいが老は醜く死は忌み嫌うものという概念にぶち当たり不安になるんです」。

 ★まったく同意だ。不夜城と形容される都会はその象徴のように見える。田舎には未だ夜の闇の深さがあるだろう。

 「なぜ死を隠そうとするのでしょうか」という問いには次のように答えておられる。

 「着陸体制に入らない社会だからです。(中略)人間も本当は50歳くらいになったら着陸態勢に入らないといけないのに、生にのみ価値をおく今の社会では、50歳までの「いきいき」した生き方を単純に延長しようとしています。

 ★人間50年という戦国武将の覚悟とされている人生観・世界観は50歳を起点として人それぞれが暫し新たな思考を始めなければならないターニングポイントとしたら如何であろうか。そこから人は老いと死を射程に入れて考える時を迎えるのだと思うからである。

  「秋の紅葉が美しいのは温度変化に対応しているからです。人も老という環境変化に対応した時が一番美しい。そう気付いた時、死もまた美しいと実感するようになったのです」。

 ★ここで人も植物も他の動物、生き物は同じように見えるのは錯覚だろうか?

 『おくりびと』は素晴らしい映画でしたが、原作を辞退したのは永遠が描かれていないからです。残された人の苦しみをいかに癒やすか、今がよければよいというところで終わっている。

 ★これは青木氏の優れた見識を明かしている判断と解する。以前に映画を見た感想でも述べたが『おくりびと』は青木氏の著作を換骨奪胎して仕上がった作品だ。それはそれでよかろう。しかし著作で紹介、思索、考察されている親鸞の思想や賢治、高見 順の詩は映画で表現されていない。そうであれば「原作者」としては映画制作の動機はともかくまったく別の作品として理解して頂こうという配慮がはたらいたものと察する。

 「臨終の瞬間に立ち会うことを勧めていらっしゃいます」という問いかけには次のように答えておられる。

 「そこにしか死の実相はないからです。亡くなる瞬間は、誰もが優しいいい顔をしているんです。(中略)優しい顔になるのは、自我が崩壊するからでしょう。(中略)生きているうちは自我を捨てるのは難しいけれど、嫌でも投げ出す瞬間が死ぬ時です」。

 ★これは多くの人の臨終を看取った人こその見解だ。そこで「自我」とは何か?という考察を促されるが、それはまた別の機会に。

 そして最後に次のように述べて記事は終わっている。

 「最近は毎日少しずつ本を捨てています。知識、、物、地位や名誉を捨てるともっと楽になるんです」

 ★殆ど悟りの境地とも言える。アカショウビンにこの境地は遥か彼方だが、工夫参学は昔の仏者たちの顰に倣い試みることはできよう。

 新聞報道では中国での邦人死刑囚の死刑が実行された報道も物議を醸している。自国の死刑制度は8割以上が容認していて同様の制度のもとでの死刑執行に文句もつけられまい。そこで新たに国家が人を殺す事への是非が問われてもよい筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »