« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月28日 (月)

困窮と窮迫

 今年はアカショウビンにとって実に目まぐるしく過ぎた一年だった。昨年末いらいの求職活動がままならず、母の病のことも気がかりで大阪へ転居を決意したのは2月のなかば頃だった。引っ越しのため本やCDを段ボールに詰め、処分するCDは友人、知人、業者に売り飛ばし引っ越しの費用に充てた。友人のN君には毎週部屋の整理を手伝って頂き恐縮した。

 4月18日を引っ越し日と決め当日は友人達に手伝ってもらい夜に17年間棲んだ埼玉のアパートを引き払った。初めて運転する2tトラックで外環から首都高を通り中央高速を通過し東京を後にした。

 しかし大阪で仕事が見つからず8月まで貯金を使い果たし借金で凌ぐ生活だった。このような困窮と窮迫は学生時代か18年間勤めた会社に就職するまでの時いらいだ。8月末にやっと職にありつき9月から仕事に就いたが8月半ば頃に自分でベッドから起き上がれなくなった母を昨年手術した病院に再入院させた。ところが9月に入り衰弱の一途でホスピス病棟に移した。昏睡状態のまま終に9月18日の午前9時、永眠した。

 以来、依然として困窮に喘ぐ毎日だ。金に苦労しなかった時期からすれば三度の食事が戴けるありがたさと夜に毛布にくるまり眠りに入る時のありがたさに改めて気付いたことは此の世を生きることの意味にも遭遇することだった。

 大阪では旧友たちとも再会、再々会し思い出話や現状を聞き一時的とはいえ困窮で沈む気持をかわす時を得た。

 此の世に棲む楽しみは食事と睡眠の他には音楽と読書である。毎年の習慣で第九のCDを聴く。先日のフルトヴェングラーに続き本日はシューリヒトを聴いた。快活な第九である。名人芸と言ってもよい演奏だ。好みはフルトヴェングラーに極まるが名人芸に心をまかせる快感は暫しの至福に浸る。

 非在というより未だ不在としか思えない母の喪失感は時に心を苛むけれども残された者は力を奮い起こし弱る心を跳ね除け、また困窮をも凌がねばならない。

 此の世を生きることは「等しきものの永遠回帰」と思索者が説くものと、どのように同じでどのように異なるのか?と、問うてみよう。人の世は或る循環とも考えられる。思索者は言う。「人間はすべての事物の上を踊って行く」。日常の生活にどっぷり漬かって活動し、真正な思考の王国や階段も知らずにいる人間、このような人間はこのような踊りとおしゃべりを必要としている。

 このように別の思索者が述べるときに世に棲む多くの人間の姿が活写され新たな思考を要求する。それが持続されるかどうか、そこが急所だ。生活の困窮の中でもがき喘ぎながらそのような文章を読むことは満たされた生活の中で読むより行間と紙背に参入することである。思索者はまた「世界は深い-そして、かつて昼が考えていたよりもずっと深い」と呟く。思索者を見守る鷲と蛇は思索者に次のように語る。

 「すべてが行き、すべてが帰る。存在の車輪は永遠に回る。すべてが死に、すべてが再び花開く。存在の歳月は永遠に過ぎる。すべてが壊れ、すべてが新たに結合される。存在の等しい家が永遠に建てられる。すべてが別れ、すべてが再会する。存在の輪は永遠に自分に忠実である。どの刹那にも存在は始まる。どのここの回りにもそこの球が回転する。中心はどこにもある。永遠の小道は曲がっている。-」。

 そして次の洞察をアカショウビンは此の世を生き棲むための支えの思考として反芻しよう。

 「将来何が生成するかは、正に決断に関わる事柄である。円環は無限なものの内のどこかで閉じられるのではなく、その切れ目のない繋がりを抗争の中心である瞬間の内に持っている。何が回帰するか-それが回帰するならば-それを決定するのは瞬間であり、瞬間において抵抗するものに衝突してくるものを克服する力である。永遠が瞬間の内に有るということ、そして、瞬間がはかない今ではなく、傍観者に対してたださっと飛び去る刹那でもなく、将来と過去との衝突だということ~」。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

三酔人聖夜酔談

 或る飲み屋で聞いた三人の中年男女の話である。

 紳士 それにしても新政権の迷走と景気の悪さには困ったものですな。

 日雇い人夫 あんたなんかちゃんと暮しているんだからいいじゃねぇか。偉そうな口きくんじゃねえよ。

 主婦 まぁまぁ、そんなに絡んじゃ駄目よ、ロンちゃん。この方が言うように本当に政治家なんてあてにできない時代になったのものと思うわ。

 紳士 でしょう。私も生活するには困らなくても政治の茶番と国の将来を考えると暗澹たる思いに落ち込むのですよ。

 日雇い人夫 なーにがアンタンだよ、アンポンタン!俺らの仕事を見ろ!この歳で若い奴の下でこき使われ、木賃宿に帰れば焼酎を飲んで寝るだけ。こんな生活がてめぇにわかるとでも言うのか?このコンコンチキが!

 主婦 まぁ、まぁ、そんな失礼なこと言っちゃ駄目よ。あんたなんかお酒が飲めるだけ幸せじゃないの。私の亭主なんかタバコも酒も節約してもらって生活なんかギリギリよ。

 日雇い人夫 何言ってやがる。そんなこと言って、てめぇは、こんな安酒場で酒飲んでやがるじゃねぇかよ!

 主婦 そうでもしなけれりゃ、やってられないのよ。あんたは知っているだろうけど亭主は長男のために肝臓を移植して退院した後ありつけた仕事の給料は前の三分の一よ。家のローンだって残っているし、我が家の家計は火の車なのよ。

 日雇い人夫 そうだったな。それは確かにおっしゃるとおりだ。すまねぇ。

 紳士 そうなのですか。それは本当に大変ですね。お察しします。

 日雇い人夫 なーにが、お察ししますだ。バカヤロウ!テメェなんかに佳代ちゃんや俺の苦労がわかってたまるか!このインテリ野郎!

 主婦 まぁ、まぁ、ロンちゃん、この方だって立派な身なりで、こんな安酒場で飲んでるなんて何か訳ありなんだろうから。

 紳士 いえいえ、私はこんな雰囲気が好きで来るだけなんですよ。

 日雇い人夫 なーにが、こんな雰囲気だ、ぬかしやがれ。

 主婦 でも本当に大変な時代になったものね。

 紳士 そうですね。私も37年勤めた会社を昨年辞めて今ではアルバイトで凌いでいる生活なんですよ。子供たちは独立していますから女房と二人暮らしです。女房は友達と温泉旅行だ、何とかのコンサートだとかで楽しそうに出かけていきますが、私のような仕事人間は退職しても何をやったらいいのか酒を飲んでいるしか楽しみがないのですよ。

 主婦 わかるわ。私の亭主も真面目人間で仕事ひとすじ。お酒くらいしか息抜きはできない人なのよ。

 日雇い人夫 そうだな。トシちゃんは、そういう男だ。しかし、いい亭主じゃねぇか。優しくしてやれよ。あんた達はいい夫婦だぜ。

 紳士 そうなのですか。お二人はいい飲み友達なんですね。

 日雇い人夫 なーにが、いい飲み友達なんですね、だ。バカヤロウ!よーし、それじゃぁ、もう一軒行こう!俺の驕りだ!

 主婦 ロンちゃん、行く行く、本当に驕りよね!

 日雇い人夫 あったりめぇだ。オイ、そこのオッサン、おめぇも来い!

 紳士 えっ、私も、よろしいんですか?

 主婦 いいんですよ。いつも、この調子なんですから。

 日雇い人夫 なーにぃ、クダクダぬかすんじゃねぇ、さぁ、行くぞ!

 師走の夜の街へ三人は消えていった。外では聖夜を飾る電飾と音楽が鳴り響いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

今年の第九②

 この作品が極東の島国で歳末に恒例の如く演奏される現象に対する違和感はともかく作品の様々な演奏に接するたびにアレコレ感想をもつというところを少し述べてみる。

 ワーグナーの「ニーベルンクの指環」の第4話は「神々の黄昏」である。そこで英雄ジークフリートが殺され葬送される。その楽句には第九の4楽章の一部が引用され展開されているのではないか、と両者を口ずさみながら思ったのだ。ワーグナーは第九をはじめベートーヴェン作品を詳細に研究している。あの偉大な楽聖のあとに新たな音楽を創造することはブラームスならずともマトモな音楽家なら相当の覚悟がいることであろう。

 ワーグナーの作品を聴けばニーチェにも言及しなければならないだろう。ワーグナーに心酔し終には決別した哲学者の論説はワーグナーの音楽と呼応・共振している。哲学者の説く超人と永遠回帰の教説はワーグナーやベートーヴェンの音楽と無縁ではない。

 アカショウビンはベートーヴェンの人間への崇高な肯定思想とワーグナーの楽劇の悲劇思想をハイデガーのニーチェ講義を読みながらに面白く想像するのだ。それは音楽に於ける形而上学とでもいうものである。ハイデガーは「芸術」は有(存在する)に於ける形而上学と解している。その指摘・論説は更に追求してみるつもりだ。それはワーグナーの「美観」を介しての西洋に於ける悲劇の解釈に関する実に面白い思考・考察が展開されているからだ。

 それはともかく、本日は先日のルツェルン盤に続き衝動的にフルトヴェングラーの1942年のベルリン・フィル盤を取り出し聴いた。ルツェルン盤やバイロイト盤とはまったく異なる切迫感は戦時の緊張感によるものとも思われる。手兵オーケストラとドイツ国民がそこにいることを想像すれば国家存亡の時に偉大な楽聖の音楽に託す指揮者とオーケストラ、聴衆の思いは、この録音から些かなりとも聴き取る事は出来そうな気がするのは幻聴だろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

今年の第九

 毎年、新たな第九を聴くのが習慣となっている。しかし今年はかつて聴いた旧盤を聴いている。フルトヴェングラーが亡くなる1954年のルツェルン音楽祭のものである。ベートーヴェンという音楽家に終生こだわった指揮者の総括のような演奏である。何年か前は名演の誉れ高い1951年のバイロイト音楽祭のものを聴き直し改めて驚愕した。年の瀬に第九を聴き慣れる東洋の島国の慣習に彼の国の人々は不思議な現象として訝しむだろうが楽聖の作品に年に一度仮初にでも接することは悦ばしいことと思う。かくいうアカショウビンも全身で楽聖の音楽に浸ることは困窮の中でそうあることでもない。来年に向けて少しは希望を持たなければ、と思い謹聴するのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モ・クシュラ

 クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)という名前がアナグラムでOld West Action「懐かしい西部劇」と読めることはウィキペディアのC・イーストウッドの説明で初めて知った。そこには黒澤 明の「夢」がカンヌの国際映画祭で上映されたときにC・イーストウッドが会場に到着した黒澤に、突然群衆の中から現れ「ミスタークロサワ」と言いながらほおにキスをし、「あなたがいなかったら、今の私はなかった」と感謝の言葉を告げた、という逸話も紹介されている。いい話である。マカロニ・ウェスタンと米国では蔑称の意味も込められていたであろう作品で新たな俳優人生を過ごし、監督として世界に再登場した男の心温まる逸話を言祝ぐ気持に満たされた。

 最近、ぜひ観たいという新作がない。借りるのは往年の作品ばかりである。そこで昨夜、衝動的に「ミリオンダラー・ベイビー」を観直した。何という深みに溢れた作品であることか。田舎の中学生を熱狂させた西部劇俳優が年老いて到達した境地に愕然とする。近年のC・イーストウッド作品では傑出した作品である。それは恐らく近作の「父親たちの星条旗」や「硫黄島からの手紙」、最新作の「グラン・トリノ」を凌ぐ傑作、と確信する。この深みとは何か?と問いたくなる作品である。「モ・クシュラ」というアイルランドのゲール語の意味がこの物語の最後に明かされる。その脚本の重みと含蓄に打たれる。

 それは人間という生き物の生き様であり死に方である。ボクシングという見世物に、これほどの意味を充填できる才覚の見事さと崇高に感嘆する。そこには、かつて東洋の娯楽作品を翻案した作品で一世を風靡しスターにのし上がった俳優が監督として到達した未踏の境地とでもいうものが映像化されている。そこには凡百の映像作品の中で傑出する燻し銀のような光と影が刻まれていると驚嘆する。

 老監督の敬意に触発されて次は「用心棒」と「七人の侍」を観直してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

自同律の不快

 本日の毎日新聞の書評欄は埴谷雄高生誕100周年特集である。鹿島 茂氏と沼野充義氏が寄稿されている。鹿島氏は-オタク小説としてよみがえる『死霊』-の見出しで『死霊』をオタク小説として読み解き、サルトルの『自由への道』も引いて作品を分析する。埴谷の有名な「自同律の不快」は論理学のA=A、AはAである、という同一律の解釈とも共振する筈だ。ハイデガーは次のように述べている。

 ~「AはAである」と、もはやあっさりと片付けることなく、「AはAで有る」と、強調を付す場合である。われわれに何が聞こえてくるであろうか。この命題は、「有る」について、つまり、あらゆる有るものがどのように有るのか、について語っている。同一性の命題は、有るものの有について語っているのである。この命題が思考の法則と見なされるのは、それが有の法則で有るかぎりにおいてのみである。その有の法則が述べているのは、有るものとしてのいかなる有るものにも、同一性つまりおのれ自身との統一が属する、ということなのである。 同一性の命題がその基調から聞きとられるとき、この命題によって言い表されるのは、西洋的ーヨーロッパ的思考の総体がまさに思考してきた当のものにほかならない。すなわち、同一性にひそむ統一は、有るものの有の根本動向の一つを形づくる、ということなのである。(創文社 「ブレーメン講演とフライブルク講演」所収 思考の根本命題 第3講演 1957年 p141)

 一癖も二癖もある『死霊』の登場人物たちのうち三輪四兄弟の末っ子、与志が最終的に辿り付いた概念「虚体」を鹿島氏はヴァーチャル・リアリティと考える。沼野氏は-独房から宇宙へ突き抜けた「両極」の人-の見出し。氏は『死霊』とドストエフスキーの『悪霊』との関連性に注目する。また有名な「あっは、ぷふい」の異様な文体にも。「若いころ留学も洋行もできず、刑務所の中でカントに読み耽った彼の生み出した小説はやはり、日本のとても狭い環境の中で行われる思考実験であったのに、世界文学に類例のない境地を切り拓いてしまった」と書く。

  まったく作風の異なる同郷の島尾敏雄の作品との対比も面白そうだ。『死霊」を改めて読み返すゆとりと時間は少ないとはいえ、更に思索を継続するために読み返してみなければならないが何時のことになるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残す

 先日、画家の平山郁夫氏の訃報を新聞報道で知った。本日の深夜は偶々テレビの電源を入れたら2007年にNHKで放映した氏の特集を追悼放送していた。これはアカショウビンも観ている。数年前、一昨年辞職した会社の業界企業の研修旅行に同行し、初めて原爆ドームを訪れ江田島から瀬戸内海をフェリーで横断する途中、氏の出生地の島に降り立ったことが思い出される。記念館にも立ち寄った筈だが記憶は定かでない。それでもテレビや雑誌、新聞に登場する氏の姿やお話する様子を拝見すると温厚なお人柄と画業への執念を看取する。

 氏の作品は、日本美術史というものを考えるときに、どのように位置づけされるのだろうか?そのような問いは、何らかの意味を持ち得て展開される価値や可能性を持ちうるものなのだろうか?そのような自問も涌く。

 そこには氏が被爆体験を経て画業に赴かれたという数奇な画家の人生にも心惹かれるからである。氏が眼前にした死やご自身の死への覚悟も恐らく作品には込められている。それは残さなければ死にきれない、という意志でもあるように思う。

 原爆図は日本美術史に特筆される作品だろう。氏の原点に正面する気迫と情念を感得する。テレビ映像を通してであるが。この世に棲む日々の将来と未来の楽しみと希望は、このような作品の前に立つことである。

 仏教への氏の関心も東洋の芸術家として必然のものと思われる。一人の画家を介して日本という風土で制作され残された作品を観ていく楽しみがある私たちは幸いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

T君へ

 高校の同級生であるT君から封書が届いた。先日、久しぶりに電話で話ができた時に近況を手紙にするよ、と話していたがこんなに早いのに驚いた。それほど大変な経験をしたのだ。文面から詳細が確認できた。

 実はアカショウビンが埼玉の寓居から大阪へ転居する前にT君の現状は電話で聞いていた。今年二十歳になるご長男は未熟児で生まれ胆道閉鎖症という病を抱え挙句は肝硬変を患う。これらの病を治すには肝臓移植をしなければならない。手術費用も高額で何より肝臓の提供者を待っていると手遅れになる。八方手を尽くしたすえT君は自らドナーになることにした、という話だった。半年にわたる検査の末、5月13日に手術、ということは電話で聞いていた。ところがアカショウビンは4月18日に大阪へ引っ越し転居のゴタゴタで、その後しばらくは連絡がとれなかった。一度、電話をしたが手術後の対応でご家族の皆さんも留守のことが多かったのだろう。

 その詳細は手紙で知ることができた。手術は20時間余に及んだという。父子、奥様、御次男、両家の御祖父母さん、の家族で人生の大きな節目を経験、体験された事と察する。手術は成功した。二十歳を迎えられた御長男は術後に看護師を介しT君にメモを託したそうだ。そこには、本当に、と10回くらい書いたあとに、命をありがとう、と記されていたそうである。その光景を想像し号泣した。

 人は死んでゆくけれども新たに生まれ、その生も多くの人々が苦難を経験し苦闘する。アカショウビンも同様である。母の闘病と死を看取り、友人と子息の苛烈な体験を知る。人が世に棲む日々は斯くの如し。

 T君、ご子息とご家族の将来、未来に幸いが到来することを心より念願するよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »