« 残暑の或る日 | トップページ | 月下美人 »

2009年9月27日 (日)

時間の宗教

 以下は道元について述べた方の講演内容を或るブログの管理者が写した文章からの引用である。なかなか興味深い指摘だ。

 キリスト教、浄土真宗は空間的意識の宗教である。禅とは、鎌倉仏教とは何か。禅の本質は時間の宗教である。ここでいう時間の感覚はヨーロッパとは違う。キリスト教徒は、つねにより良い場所を求めてさまよう。ここではないどこかにいいところがあるという意識をつねに持ち、拡げようとする。その意識は宇宙にも向けられている。

 (中略) 

 易姓革命もまた、空間の移動と拡大同様に、時間が断絶する。禅はまったく軸が違う。空間的な拡大や移動を求めない。氏は台湾の少数民族を訪ねて、そこに漂う感覚に禅に通じるものを見た。彼らは母系社会を形成し、山を隔ててそれぞれが違う文化を継承している。そこには、自然、時間、祖先を共有する生活があった。決して山を越えて領土を拡張しようという意志はない。あるいはより良い新天地を求めようとは考えない。

 般若心経における色即是空の色とは物質であり、空とは時間であり悟りである。自分が時間になりきることである。日本人が失った時間、日本の禅、空解釈を変えなくてはいけない。

 これは或る「右より」の集団での講演なので「母系社会~」以下の言説は政治的主張が含意されているようにも読める。しかし禅に関する論説はアカショウビンも殆ど同意する。では、親鸞はどうか、日蓮はどうか、と更に究思しなければならない。 

|

« 残暑の或る日 | トップページ | 月下美人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/46328514

この記事へのトラックバック一覧です: 時間の宗教:

« 残暑の或る日 | トップページ | 月下美人 »