« 黒木和雄作品を想い起こす | トップページ | 「忘れる」から「忘れない」への可能性 »

2009年8月 7日 (金)

遠方より朋来る

 お昼過ぎに都内在住の高校の同窓生M永君から携帯に電話が入った。何と大阪へ来ていると言う。アカショウビンが埼玉の寓居を去る数日前に突然やってきて餞別を頂いて以来である。

 最寄の駅まで行くというのでお待ちして再会を喜んだ。会うなり、大阪へ来たのだから本場のお好み焼きが食べたい、と言う。ところが駅前に店がない。暫し探し歩き、駅から少し離れた所にやっと見つけた。夏ばて気味のアカショウビンはヘロヘロで食欲はなかったけれども、大阪に転居してから、あちらこちらにあるタコ焼き屋は訪れても、お好み焼き屋は未訪。せっかくの機会でもあるな、と付き合った。M永君は昨日来阪。本日は用事も終えて後は帰るだけと言う。ビール党のM永君はやっとビールが飲めると早速生ビールを注文。お好み焼きと焼きウドンで談笑した。

 M永君は実は都内の区議会議員さんであらせられる。3年前くらいであろうか乞われて立候補するというので在京の同窓の諸氏にも伝え支援し見事に当選した。何度か恩師のK先生もお招きし後輩や同窓生で祝賀会を開いたのだった。

 本日は在阪の同窓生にも携帯電話で連絡したけれども帰京するのでは仕方がない。声だけで旧交を温めた。また会えるのは、いつかわからぬけれども元気でね、M永君!区民のために精進し立派な区議さんになることを心より祷る。再見!

|

« 黒木和雄作品を想い起こす | トップページ | 「忘れる」から「忘れない」への可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/45862383

この記事へのトラックバック一覧です: 遠方より朋来る:

« 黒木和雄作品を想い起こす | トップページ | 「忘れる」から「忘れない」への可能性 »