« 小沢昭一の語り | トップページ | 深夜の妙音 »

2009年6月28日 (日)

或る葬儀

 以下はアカショウビンがネットで時折お邪魔させていただいている将棋連盟会長の米長邦雄氏のHPからの転載記事。アカショウビンには未知の方で読売新聞の購読者ではないけれども米長会長の心情が偲ばれ無断で掲載させて頂く。会長は次のように書き出しておられる。

 「強い衝撃、深い感銘を受けました。奥様のお礼の言葉に参列者一同は声も出ない。私の隣りは日本テレビ社長、その隣りは日経新聞社の杉田会長でしたが声も掛けられない。三人とも何か胸の中から突き上げてくるものをこらえていたからです」。

 米長会長は故人の奥様に特に依頼して快諾されたと断っておられる。「私」とは米長会長である。段落は僭越ながらアカショウビンが修整した。

 水上健也(みずかみけんや)氏の読売新聞社葬は6月24日青山葬儀場で行われ、約1000名が参列しました。いずれも各界の名士ばかりでしたが、私が末席に参列しましたのはお礼を込めてです。竜王戦は今年で22年目です。当時副社長だった水上さんのご尽力で大型棋戦が誕生したのです。この時のご恩を将棋界は決して忘れてはならない。
 弔辞は読売テレビや日本テレビの偉い人が述べた。日本テレビの氏家斉一郎さんの「健ちゃん」に始まる弔辞も胸を打つものでありました。読売は本社社長内山斉様が葬儀委員長の挨拶をし、奥様の富士子様のお礼のご挨拶になりました。故人は83才でしたから、70代後半かと思いますが、とても若々しく見えました。

 お礼の言葉は一言ずつ語りかけるようであり、故人の遺言をそのまま静かに、しかし力強く丁寧に読み上げるかの如くでした。
 会場内はシーンと静まり返った。お礼の言葉は二人が同志なのか、友達なのか恋人なのか、夫婦なのか、いずれとも分からぬほどのものでした。私はそこに菩薩を観た思いがしました。
 余りの感激に、私はこのお言葉の全文公表願いを申し出たのです。シャイな方でしたから故人はお断りするのではと思っておりましたところ、奥様から快諾が出たのです。私自身、本当に自分のようなものが自身のホームページに掲載して良いものかどうか迷いましたが、一人でも多くの人に読んでもらうことが良いことと判断いたしました。
 人生は長い。70代、80代の生き様と見送り方は見事としか言いようがありません。これからの文言を一字ずつお読み下さい。
 故人のご冥福を心からお祈り致します。

 水上富士子さんの御礼の言葉

 雨の中お集まりいただきましてありがとうございました。
 本日は、亡き夫、水上健也の告別式に、おいでいただき、誠に有難うございます。
 皆さまから、このように盛大にお見送りをいただき、夫もさぞ、喜んでいる事と、心より御礼申し上げます。
 半世紀近く、人生を共にしてきました私としまして、一番印象に残っておりますのは、夫が、年末に、手帳を新しく買う度に、冒頭のページにいくつかの文章を書き連ねる事でした。

 まず初めに大きく、六つの言葉が書かれております。 それは、
正確、迅速、平明、良識、穏便、公平でございます。
私としましては、これらの言葉は、水上健也のジャーナリストとしての信条であったと存じております。

 次に書かれております文章が三行ございます。それは
・己が名利を捨て
・隣人と社会に尽くし
・積恩に報わんとす   とございます。
これは、夫が常に申しておりました、彼の人生の信念でございました。

 最後に、「読売新聞の信条」というタイトルで書かれた文章がございます。

1.責任ある自由
2.人間主義
3.国際主義
4.公正な報道
5.責任ある言論 とございます。
新しい手帳に、書き込む習慣は、何十年も変わらぬものでございました。

 夫は、喫煙の後遺症で長らく肺疾患を患っておりました。しかし、一週間の入院で一度も苦しむことな<、最後は私の腕の中で3時間の今際の時を過ごし、旅立っていきました。

 彼は何事にも一生懸命に取り組み、努力し、そして、燃え尽きました。
 きっと、今は、二十歳で死に別れた恋しいお母さんに会っていて「健也頑張ったね!一生懸命生きましたね!えらかった!」と褒められている事と私は信じております。

  これも、ひとえに皆さま方の温かいご配慮とご支援の賜物であった事と心より御礼申し上げます。
 残された私どもとしましては、今後も真面目に、誠実に生きて行きたいと存じますので、今後とも、よろしく、お願い申し上げます。
 
 本日はお集まりいただき、本当にありがとうございました。

 人の死とは、どういうものか?この世に棲む時の貴重に改めて思いを致す。米長会長は、前立腺ガンの治療をHPで公開されながら連盟会長として将棋普及に尽力されておられる。アカショウビンは一人の将棋ファンとして共に現在を生きている。氏は恐らく死を意識し、あるいは覚悟しながら、この世での自らの仕事と使命に最善を尽くしておられるのだろう。その心意気と志に政治的立場はともかく心から敬意を表したい。


 

|

« 小沢昭一の語り | トップページ | 深夜の妙音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/45473739

この記事へのトラックバック一覧です: 或る葬儀:

« 小沢昭一の語り | トップページ | 深夜の妙音 »