« フェルメール賛 | トップページ | 狂と美 »

2009年3月28日 (土)

I 君へ

先日は久しぶりに会えて楽しかったよ。もう少し、ゆっくり話したかったけれども、お忙しそうで残念だった。10日間の実に羨ましいイタリア旅行の話をゆっくり詳しく聞かせてもらおうと楽しみにしていたからね。

我々のイタリアとの共通の出会いは、中学時代にハマったカンツォーネとマカロニ・ウェスタンだよね。そのころ流行ったグループ・サウンズやメリケン・ポップスとは異世界のイタリア歌謡と、本場西部劇とは異なるイタリア西部劇の面白さにマセタ中学生が初めて出会い痺れた忘れられない経験だった。君のジリオラ・チンクエッティへの入れ込みようには小生も感染させられた。「愛は限りなく」は何度繰り返し聴いたことだろう。おかげで、その後、アカショウビンはイタリア・オペラの世界にまで迷い込んでしまった。夢中になったマカロニ・ウェスタンの我々のヒーローだったC・イーストウッドは、今や俳優から世界の偉大な映画監督に変貌している。あの頃には思いもよらない事だよね。「夕陽のガンマン」や「荒野の用心棒」はDVDでたまに観るけれどもエンニオ・モリコーネの音楽と共に何度見ても厭きないよ。

これから幾度会えるかしれないけれども、中学時代の思い出は今生の記憶の中でも、もっとも幸せで希望に満ち満ちていた時期だったね。これから漕ぎ出していく、世界という未知なものへの尽きない好奇心で生きる力がもっとも躍動していた。それは君や先年逝ってしまったK君の記憶とともに鮮明に甦る。C・イーストウッドを真似たS次郎の苦味走った顔が眼に浮かぶよ。思えば本当に遠くへ来たもんだ。

それはともかく、世界史のI 先生のイタリア・レポートを写真付きで、こちらにも是非送っていただきたいね。楽しみにしているよ。

|

« フェルメール賛 | トップページ | 狂と美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/44530426

この記事へのトラックバック一覧です: I 君へ:

« フェルメール賛 | トップページ | 狂と美 »