« 久しぶりのピアノ・リサイタル | トップページ | ママ・・、パパ・・ »

2008年10月23日 (木)

或る死の光景、その2

 或る本を本屋で見かけ関心のある箇所だけ立ち読みし結局購入した。その関心のある箇所というのは保田與重郎の訃報を知り、すぐに駆けつけた79歳の小林秀雄の姿である。

 保田與重郎が息を引き取ったのは昭和56年10月8日。その光景を引用させて頂く。

 そこに、ずっと正座していたのですよ。

 と、指をのばして示してくれた。

 十二畳ほどの部屋の、その縁側である。

 ・・・・

 「ずっと、板の上に座ってはって。いくらお勧めしても、畳の上には進みはりまへんでした。顔、見てやってくださいと云うたのですが。背中を丸うして、ちっちゃくならはって、ずっと、ここに座ってはりました。一言も、お話になりません。いや、何か、呟いてはったような気もしますけれど・・・」

 と、もう一度指さした。

 これは保田の奥様であろうか家族の方に取材した話だ。それは小林秀雄の保田與重郎への深い敬愛とも察せられる。しかし生前は殆ど会う事もなく著作にだけは眼を通していたであろう、戦前・戦中・戦後を文士として批評家として生き抜いた「戦友」に対する深い哀悼の情というものが伝わってくるではないか。

 この二人の批評家の著作を読むことはアカショウビンの余生の楽しみというものである。文章を読み元気を出すことは小林がニーチェを読み元気を出すのと同じである。身過ぎ世過ぎの消耗戦で一生を終えるわけにはいかない、という衝動が五十歳を過ぎての退職と一年間の休養と転職の動機である。人生は多くが消耗戦だとしても転戦で実りある戦いの少しはやっておきたいというのが人情というものであろう。

 この本というのは木田 元氏の「なにもかも小林秀雄に教わった」(文春新書)である。保田與重郎の死に立ちあった引用は福田和也氏のもの。福田氏の著作には縁のないアカショウビンだが保田與重郎や小林秀雄に対する関心は木田氏や福田氏と同様だ。ハイデガー読解でお世話になっている木田氏が最近は保田與重郎を読まれているというのは嬉しいことである。それに小林秀雄に、そんなに影響を受けたということも。この著作にもハイデガーが要所で引用されている。それらにも啓発されながらハイデガーも読み直し読み続けていこうぜ、と元気が出てきた。

|

« 久しぶりのピアノ・リサイタル | トップページ | ママ・・、パパ・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/42885829

この記事へのトラックバック一覧です: 或る死の光景、その2:

« 久しぶりのピアノ・リサイタル | トップページ | ママ・・、パパ・・ »