« 骨を食べる | トップページ | 或る死の光景 »

2008年9月29日 (月)

追悼と驚愕

  遅ればせながら追悼を。9月26日、ポール・ニューマンが亡くなった。享年、83歳.。最後はガンとの闘病だったようだが長寿をまっとうしたと思う。若い頃はスターの陰に隠れて目立たなかったと聞くが、アカショウビンが学生時代に観た「スティング」(1973年)は面白かった。音楽のスコット・ジョプリンの「エンターテイナー」も実に効果的に使われていた。サウンド・トラックをテープに録音し繰り返し聴いたものだ。ロバート・レッドフォードとのコンビは「明日に向かって撃て」(1969年)が良かった。男達の粋と哀れに心を打たれた。晩年は「ロード・トゥ・パーディション」(2002年)の悪役が素晴らしかった。

 その報を新聞で知ったあとに我らが新藤兼人監督の新作「石内尋常高等小学校 花は散れども」を有楽町の劇場で観た。96歳の監督の創作意欲に頭が下がる。監督が子供のころに、かけがえのない影響を受けた恩師を描き実に美しい作品に仕上げた。音楽は「裸の島」(1960年)以来の林 光。感傷に溺れず、とぼけた味も出していてナカナカだった。

 90歳を過ぎカクシャクたる監督の生き様に魂消る。主役の柄本 明も熱演。脇をかためる子役、俳優陣も主役を盛り立て好演だ。それもこれも新藤監督の映画にかける烈々たる気迫と眼差し、また誠実に応えようとする気持ちの為せる演技と思われた。巨匠の次回作を心から待ち望む。

|

« 骨を食べる | トップページ | 或る死の光景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/42658470

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼と驚愕:

« 骨を食べる | トップページ | 或る死の光景 »