« 東洋的あるいは日本的 | トップページ | 沖縄問題の関連資料 »

2008年2月28日 (木)

演奏の優劣

  あるブログにあるピアニストの演奏を絶賛し他のピアニストとは次元が違うくらいのことを書き込んだ。主催者からは懇切なご返事を頂いたが別な方にコメントのミスを指摘された。恐縮してお礼を言い感想を書いたら、その方にやんわりと窘められた。演奏の好みはアカショウビンに近いと思われたが一流と二流の比較ならともかく、一流演奏家間の演奏に優劣がつけられる筈もないというものだった。

 素人に好き嫌いの区別はあっても所詮素人は素人。一流演奏家の間の優劣などつけられる筈がない、というのがその方の御主張である。最初の返信ではこちらのミスを指摘されたのでお礼を述べた。次のコメントには前述のコメントが書かれていたのである。そのピアニストが誰かはさて措く。

 しかし一流演奏家の演奏の優劣はプロの批評家も、いわんや素人にもつけられないだろうか?

 アカショウビンのような自分でろくに楽器も演奏できない輩は恐れ多くも一流演奏家の演奏にこれまで散々優劣を付けて聴いてきた。その手始めは「矢切の渡し」。歌い手は、ちあきなおみに限る。他は歌の心を知らぬに始まり、北海道出身の最高の歌い手は中島みゆき、ナントカいう男は論外。クラシックではフルトヴェングラーの演奏は悪魔か神の如し、トスカニーニの録音など音楽でなく機械音楽レベル。いわんや、その衣鉢を継ぐカラヤンなど論外。まぁ、傍若無人、唯我独尊、神を恐れぬ所業の数々である。それを未だに反省しない。

 しかし音楽プロでもなし楽器や楽譜の知識があるでなし。ないない尽くしの音楽好きが再生音楽で安上がりに音楽に接してきた負債はどれくらいあるのかは不明である。

 少し反省もし、殊勝にも、しばらく再考してみよう。

|

« 東洋的あるいは日本的 | トップページ | 沖縄問題の関連資料 »

コメント

■かっこいい音楽CDプレゼント♪

はじめまして!
私の友人が、かっこいい音楽CDのプレゼントキャンペーンをやっています。

ページに行けば、音楽の視聴もできるので、
ぜひ1度聴いてみてくださいね♪

投稿: ticco | 2008年2月29日 (金) 午前 12時36分

 ticcoさん、TBありがとうございます。最近の日本の若者音楽にはまるで疎いアカショウビンは西洋古典音楽とモダン・ジャズ、先日は、ちあきなおみ、を聴き直し悦に入っています(笑)。ここ数年、若い国内バンドのノリノリの音楽には接していません。いずれ生で聴きたいものですが何時になるやら・・。

投稿: アカショウビン | 2008年3月 2日 (日) 午前 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/40306275

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏の優劣:

« 東洋的あるいは日本的 | トップページ | 沖縄問題の関連資料 »