« 聖夜考 | トップページ | 新年の戒めと音始め »

2007年12月29日 (土)

今年のバイロイト

 何年ぶりかでNHK・FMが毎年この頃に放送しているバイロイトの「ニーベルングの指環」の完結編「神々の黄昏」を今夜は最後まで聴いた。学生時代や若い頃ならともかく50を過ぎて失業で暇をもてあましているとはいえ、この長大な楽劇の本場での演奏会録音を毎年、夏と暮れに聴き通すほどワーグナーに心酔しているわけでもない。ここ数年はクナッパーツブッシュやフルトヴェングラーで、こちらの気合が充実している時に四話のいずれかを無作為に聴くくらいだ。しかし、この二人のカリスマ指揮者で聴くワーグナーという稀代の<俗物で天才>の音楽に浸ると、まるで奈落の底に引き込まれるように歌唱とオーケストラの音楽に惹きこまれていくのである。これはいかんともしがたい。作品の隅々まで知悉する二人のワーグナー指揮者で聴くと、まぁ大味で壮大な物語も面白く、数々の動機を駆使した複雑多岐なスコアは時にオドロオドロしく、時に精妙な音が紡ぎだされる。その音楽の毒とでも言う魅力には抗し難いのも確かなのである。

 昨夜から今夜は第三夜の完結編「神々の黄昏」。終曲後の客の反応は鈍く、冷たかった。あれは演奏と演出の素晴らしさに圧倒されて即座に拍手ができない、というものではなかった。それは不満だという意思表示の拍手に思われた。おそらく地元音楽紙の評判も悪かったのではないか。「神々~」他の演奏はともかく「神々~」の終曲後のパラパラとした拍手はブーイングこそ聞き取れなかったが、指揮のティーレマンにとっても歌手陣やオーケストラにとっても残念な結果だっただろう。まぁ、とかくワグネリアンというのは気難しいものだ。20年以上前のシェローとブレーズのフランス人組の最初の年はブーイングの嵐だったのではなかったか。あの演出が受け入れられるのにも何年か要したはず。来年もあるだろう。気難しいワグネリアンたちも時間をかければそのうち馴染むこともあるだろう。時間をかけてティーレマンはワーグナー作品にのめりこみ自分のものにするしかない。

  アカショウビンは序夜の「ラインの黄金」は聴き逃し一昨日の第一夜「ワルキューレ」から聴き始めた。しかも一昨夜から昨夜の「ジークフリート」も昨夜から今夜の「神々の黄昏」もオーディオのチューナーが不調のためラジカセで!多くのワグネリアンのように体調を整え(!)て音楽に全神経を集中して聴いたわけでない。実にいい加減な感想だからワグネリアンの皆様、どうぞお気を悪くなさらないように。しかし演出は知らないが音楽は悪くなかったのではないだろうか。ティーレマンのウィーンでの評判は決して悪くないとも聞いている。一昨年だかウィーン・フィルと来日した時の演奏会も概ね好評だったようにネットで読んだ。まぁ今回は一筋縄で捻じ伏せられるわけもないバイロイトである。簡単に若造指揮者を迎えるはずもない。これから何年かかけて天才の作品と向き合い自らの血肉としていくしかないだろう。

|

« 聖夜考 | トップページ | 新年の戒めと音始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/17509812

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のバイロイト:

« 聖夜考 | トップページ | 新年の戒めと音始め »