« 「魔笛」の映画化 | トップページ | 甦る記憶 »

2007年9月13日 (木)

歴史を見晴るかす困難

 歴史を見晴るかすことの困難さ。これが安倍首相辞任の本質とアカショウビンには思われる。安倍さんの歴史観の硬直さと歴史的視界の狭さ。それを現在のこの國の国民は峻拒した。その回答に首相とそのブレーンたちは敗北したのである。

 このブログは政治ネタを殆ど扱わない。しかし例外はある。

 その日もアカショウビンはラジオでニュースを聞きながら食事に出かけ別のブログで盛り上がっている指揮者のCDと先日亡くなったジョー・ザビヌルというキーボード奏者のCDを探しにショップをハシゴしたのであった。それをオヤジオタクと言うのかも知れないが知ったことではない。

 それは国民として怠慢なのだろうか?そうだ、と凄む輩もいるだろう。しかし人はそれぞれの生をまっとうするために国民としてでなく「人間」として可能な限り「国家」とは距離をとるのである。

  安倍辞任を市場は歓迎している。「神の手」は冷酷で冷静である。日本の政治的空白は国際社会からは殆ど取るに足らぬ現象だ。国民の関心は多様化し政治の茶番は先刻見通し。それは社会的インフラがいくらかでも安定しており、市民がいくからでも政治的に成熟している証しかもしれない。政治家が無能で官僚が腐敗しメディアが痴呆化しても日本社会がかつてのように急転回しないのは国民の成熟なのか、はたまた救い難い鈍感さなのか。

 先の瀬島龍三の死は首相の決断とブレーンたちの思惑にどれほど影を落としているのか?その辺りがアカショウビンの関心ではあるが。恐らく皆無と忖度する。

|

« 「魔笛」の映画化 | トップページ | 甦る記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/16432423

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を見晴るかす困難:

« 「魔笛」の映画化 | トップページ | 甦る記憶 »