« 堀 文子の作品 | トップページ | 再開のお知らせ »

2007年6月25日 (月)

堀 文子展・再訪

  都内の百貨店で開催されていた「堀 文子展」を再訪した。今年89歳になる画家の視線は対象を熟視し倦むことを知らない。その好奇心と視線は万物と照応し超越的な境地に到達しているのではないかと思わせられる。顕微鏡で微生物の世界に驚き、そこに生きる生命の不思議に驚愕する。ミジンコを描いた作品やクラゲを描いた作品から推測する画家の視線の新鮮さと深さには感嘆するしかない。
 或る禅者は「仏道をならふといふは自己をならふなり、自己をならふといふは自己をわするるなり、自己をわするるといふは万法に證せらるるなり。万法に證せらるるといふは自己の身心、他己の身心をして脱落せしむるなり」と説いている。この「仏道」を「画業」あるいは「絵を描くという行為は」と置き換えてみれば画家の境地も禅者と同格と思えるのだ。
 77歳になって訪れた南米や82歳になり幻の花と称されるブルー・ポピーに出会うためヒマラヤを踏破した行動力は驚嘆するしかない。画家は生涯でどんどん作風を変え新たな境地に分け入ってきた。温厚なお姿の奥に潜む画狂とも思える魂はアカショウビンの好きな田中一村の生涯と画業に通底するものだとも思ったのである。
 

|

« 堀 文子の作品 | トップページ | 再開のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/17384965

この記事へのトラックバック一覧です: 堀 文子展・再訪:

« 堀 文子の作品 | トップページ | 再開のお知らせ »