« 新たな倫理の可能性 | トップページ | 連休も終わり »

2007年4月23日 (月)

先ずはめでたし

 高校の同窓のM永君が区議選に当選した。50を過ぎて政治の世界に入るとは思っていなかった、とは本人の言であるが先ずは喜びたい。当選したということは支持者がいるということだ。そこに濃淡はあれど彼らへの責任が生じる。政治の世界とは極点まで辿れば先の長崎市長のように命がかかってくるということでもある。まぁ、区議でそこまで恨みをかうこともないだろうが油断は禁物。心して区民のために奮闘努力することを期待する。

 話は違うがS経新聞で吉田松陰の「伝記」の如き記事が連載されている。アカショウビンは別紙を購読しているので、たまたま駅売りで買って以来、途中からだが興味深く読み続けている。数年前に「留魂録」を読み深く感銘した。県の南北で風土は異なるだろうがM永君は山口県の出身である。松蔭の志と精進を範とされんことを重ねてご期待申し上げる。

|

« 新たな倫理の可能性 | トップページ | 連休も終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/14818487

この記事へのトラックバック一覧です: 先ずはめでたし:

« 新たな倫理の可能性 | トップページ | 連休も終わり »